「飲食業はオモロない」なんてオモロない!! テーブルにのせるのは料理だけではありません ―The Table inc.【ひらつー求人】

あなたにとって「テーブル」とはどんな存在でしょう?

ひとりのときは…
新聞を読んだり、パソコンを開いたり。 

ふたりのときは…
お茶を飲みながら頬杖ついて話をしたり。

おおぜいなら…
料理を広げてワイワイやったり。

いつも脇役でありながら私たちを支えているテーブル。

今回のひらつー求人はそんな「テーブル」を社名にした会社「The Table inc.(ザ・テーブル・インク)」が正社員を募集されるとのこと。「The Table inc.」は「きゅうろく鉄板焼屋」じゃがいも鍋「キュウロク」を展開しています。 

枚方市駅すぐの「きゅうろく鉄板焼屋 枚方店」にて話を聞いてきました。

ab465add
 
地図ではこちら↓

お話をうかがったのはThe Table inc.代表取締役、黒田社長です。

DSC04330

The Table inc.という社名に込めた想いとは…

— 早速ですが「The Table inc.」という社名の由来が気になるのですが…

「創業当時から法人にしたらこの社名にしようと思っていたんです(今年の7/7に7周年を迎え法人化されました)。テーブルって常に中心にあって、いつも人が囲みますよね。今もカトゥー@ひらつーさんとテーブルを挟んでいますし」

— 確かにそうですね。

「でも、テーブルはいつも中心にあるのに決して主役じゃない。会社として考えた時、テーブルの上にお客様をおもてなす料理やサービスをのせるのはもちろんのこと、今後の店舗展開のことを考えたり、新しい事業形態のことを考えたり、社員の人生のことを考えたり、悩みがあればテーブルにのせて解決していったり…。そんな中心に鎮座する存在になれたらと」

— なるほど。

「さらに言うと『the』って『あの、かの』って意味じゃないですか。有名な人を指して『the man』とか言うみたいに。ぼくらも『あの』The Table inc.って言われるようになりたいという願いも込めています」

— 初っぱなからカッコ良すぎますけど!

「シンプルにテーブルって料理を運ぶ場所なので、飲食サービス業のイメージとしてもいいなっていうのもありますよ」
DSC04314

ここでThe Table inc.の仕事を見てみましょう。鉄板焼屋きゅうろく、じゃがいも鍋キュウロクを展開する飲食サービス業です。お料理や働いておられる方もざっくりと写真で紹介いたします。

IMG_5309

IMG_5328

IMG_1385

IMG_5340

IMG_5197

見ているだけでヨダレが出てきそうな料理を作っているのは…

00

01

03

笑顔が爽やかなスタッフの皆さん。
お店はどんな感じなのかというと…

9a956480

39d79e88

DSC04339
店内の写真はきゅうろく鉄板焼屋 枚方店です。
壁までオシャレ!


そして気がついたでしょうか?

69b940b9

00fce045

0945f905

スタッフの皆さんは全員
「チェック柄のシャツ」を着ています。

紆余曲折の人生には、いつも飲食サービス業があった

— 黒田社長がきゅうろくをオープンするまでの経緯を聞かせてもらえますか?

「そんな大した話じゃないですよ?」

— 掲載するかわかりませんが、個人的に興味があって(笑)

「じゃあ、まぁ…。小中高は枚方で、生粋の枚方人です。調理師学校を出てから色々な所で働かせてもらいました。一番長かったのは九州宮崎にあるレストランBARで5年ほどお世話になりました」

— 宮崎県にしたのは理由があるのですか?

「あの辺りは波がいいっていうのもあって…」

— というとサーフィンですか?

「そうです。波乗りが上手くなりたかったので海が近くて波がいい場所で…と。でも波乗りだけしてたら怒られそうなので、料理人として仕事もしてました」

— そこで修行して独立された…と。

「いえ…。そのあと、オーストラリアにワーキングホリデーに行きました。アメリカがカッコいいという発想だったのでアメリカに行きたかったんですけど長く滞在できないのでオーストラリアに」

— そこでもサーフィンを?

「サーフィン中心でした。で、ワーキングホリデーが終わって帰ってくる時にフィジーにも一ヶ月くらい滞在しました。そこでも波乗りをして…」
 
— 全然飲食業につながりません(笑)。で、帰国して独立を?

「 そのあとアメリカに行きました。観光ビザの3ヶ月を目一杯使ってバックパック背負って板を四本かつぎながら転々としました」

— 板を四本ってサーフボードをですか?

「でも、そんなに重くないですよ。20〜30Kgやと思います」

— 十分重いですよ!
 …で、帰国されて独立を?

「帰ってきてから次はインドネシアに2ヶ月ほど…」
DSC04310

「で、そのあとハワイ!と思ってたんですけど、もうお腹いっぱいになったんです。もうやるだけやったよな〜、これ以上は上手くならんよな〜というあきらめが27歳くらいの時にようやく出来たんです」

— そしてついに飲食サービス業につながるんですね!そうですよね!!

「はい(笑)。波乗りしてる時もやっぱりなんだかんだで飲食サービスに関わっていました。それで帰国後に地元大阪で働いたことがなかったので、地元で頑張っている会社に入ろうと思い探しました」

— まずは就職されたんですね?

「地元のある飲食企業でお世話になりました。実際のお店に食べに行った時に『いい雰囲気やな〜』と思ったんです。店員もお客さんもみんな笑顔だし気取ってないし。こんな雰囲気の中で働きたと思い、そこで五年少し働かせてもらいました」

— そこではどんな仕事をしたんですか?

「調理もしましたし、本部業務もやらせてもらいました。 でも、そこで働いている時も『いつかは独立したい!』とずっと言っていたんです」

— 飲食サービス業で『独立したい!』って言うのはタブーのような気もしますが…

「飲食サービスのひとつのゴールは『独立』という人は多いと思います。でも、本音を言わずにチームなんて…おかしくないですか? ある日、勝手に物件決めて急に辞める…そんなことは悲しいと思ってるんです。辞めた後も情報交換したらいいと思いますし、いい関係を継続できると思うんです。
 うちは独立志願者も大歓迎です。入ってきた人全員に僕らのノウハウを全部教えます!って意味ではないですが…うちでの仕事を通してきゅうろくのお客様に幸せを還元してくれてチームへ貢献してくれる方には独立のお手伝いが出来れば良いと考えています」

— それでいいんですか?

「 はい。実際にうちの社員も半分は独立したいって言ってます。でも僕としては『独立するよりもここで働いた方がオモロいやん!』って言わせたいですし『楽しいから辞められへんなぁ〜』と言わせる会社にしていこうと思っていますけどね」

DSC04327

飲食サービス業はオモロない…なんてオモロない!!

「飲食サービス業は面白くない。室内の3Kなんて言われています。独立してもしんどい…とか、仕事を探している人からしたら暗いイメージを持っている人は多いと思うんです」

— 暗いニュースもありましたからね。

「あんなに頑張ってたのに…って思うんです。飲食サービス業って人に喜んでもらうことで自分たちも幸せになれる仕事やと思うんです。だから僕は『飲食ってオモロいやん!夢あるやん!』って思える会社にしていきたいと思っています」 

— というと具体的には?

「例えば独立したい社員がいます。本気で独立したい。そしたらThe Table inc.というテーブルに、そのやってみたい事業形態をのせてみたとして…。各人が考えてきた本気の提案をみんなでブラッシュアップして『これはイケる!』とみんなが思えたら会社としても出資することも可能だと思います。その業態が繁盛したらThe Table inc.にとっても財産ですし、本人にとっても勉強になると思いますし、それを経て独立するとしてもウチの業者を紹介することも可能かと思います」

— なるほど。

「40歳になっても50歳になっても働ける場所作りをやっていって、若い子も年配の人も接客得意な人も料理得意な人もそれぞれのポジションで活躍できて…というものが理想です。でも求人媒体でそれを謳うのは難しいなぁ〜とも思っていて…」

— でも、黒田社長の熱い想いは活字からでも伝わると思いますよ!

「是非、お願いします!」
(カメラ目線いただきました)
DSC04311

ゆくゆくは世界へも日本の飲食サービスを届けたい

— 海外進出もお考えだと聞きました。

「海外で日本のものを売ることにロマンとチャンスを感じます。やはり日本製のクオリティは世界で認められています。工業製品もですが外食やサービスなども。自分たちは日本人なので日本の技術や心意気を海外でも試してみたい、という思いが強いです」

— いつ頃から海外進出をお考えで?

「それはずっと前からです。でも口には出さずにきました。『海外だ!外国だ!』ってあまり言うと胡散臭い気もしてましたし(笑)。だけど何年か前から『海外に事業進出したい』って公に言い出したんです。そうしたら視察に誘ってくださったり、海外の物件を紹介してくださったり…ということが増えてきました。じゃあいつ行くねんって?時期はまだわかりませんが…頑張って本当に行きます!」

— 夢は広がりますね!

「はい。…ただ、僕たちの仕事はお客様の満足を提供するのが大前提なので、そこを一番にこれからも考え続けていくつもりです。僕たちのお店は会話や雰囲気を楽しめる場所であって、食事はそのためのツールだとも思っています。テーブルを囲んでくれるお客様が主役で料理はあくまで脇役。だけど、美味しい方が話も弾むと思うので、満足いただけるものを一生懸命提供させてもらいます。

 それぞれのテーブルにはそれぞれの事情があると思うんです。あのテーブルは今日プロポーズするためにいらっしゃったのかもしれないし、むこうのテーブルの親子は二十年ぶりの再会かもしれない…。そういった可能性がある場所で『ええ店やったなぁ』『また来たいなぁ』『ようこんな店知ってるなぁ!』と思っていただけるためのおもてなしを、これからも提供していくつもりです」

DSC04317
— 最後にこのひらつー求人を読んでいる方にメッセージをお願いします。

「『夢があって熱いヤツ待ってます!』って言っても『僕元気ないんで…』ってなると思うんですが、誰しもにチャンスはあると思っています。僕も含めてみんなコンプレックスの固まりやと思うんですけど、飲食サービス業は人に喜んでもらうことで自分も幸せになれる仕事なので、仕事を通じてみんなで幸せになりましょう!
 人に喜んでもらうのが好きで、それに対して一生懸命になれる人ならどんな人でもお待ちしています!」

募集概要
社名The Table inc.(きゅろく鉄板焼屋・じゃがいも鍋キュウロク)
雇用形態正社員
仕事内容飲食サービス業(接客・調理全般、メニュー開発、業態開発)
資格・経験未経験者OK! 
給与月給220,000円〜(試用期間は時給850円)
勤務地採用後、適正をみて勤務地を決定します(希望も考慮します)
電話番号072-821-9669(「ひらつー求人を見た」とお伝え下さい)
勤務時間10:00~24:00(交代制・早番遅番あり)
勤務日数月5〜6回休日(シフトによる。連休可)
その他春季休暇・秋季休暇・年末年始休暇・有給あり
雇用保険・組合保険
交通費支給・制服貸与
昇給あり・食事支給
慰安旅行年一回
社内レクリエーションあり(BBQ、カラオケなど)
バイク通勤可・車通勤応相談
募集人数若干名
募集期間決まり次第終了
選考プロセスお店に電話
 ↓
面談
 ↓
試用期間一ヶ月(試用期間は時給制)
 ↓
正採用

※取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
※不採用についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

ご応募は
 072-821-9669 までどうぞ!
(「ひらつー求人を見た」とお伝え下さい)

※お問い合わせ等は店舗に直接お願いします。