「ふぉーの店」の『ふぉー・がー(鶏のふぉー)』『じゃ〜じゃ〜風汁なしふぉー』など【ひらつーグルメ】

ひらつーメンバーが自分で食べに行ったお店を紹介する【ひらつーグルメ】 

今回は、
おさや2おさやABCセンターに2/23にオープンした
 ふぉーの店 
ふろ&くらと行ってきました。
 *価格・メニュー内容は2018年2月23日時点のものです。

今回ご紹介するのはこちらです!
ふぉーの店-17
店長オススメのセット
・ふぉー・がー(鶏のふぉー)780円(税込)
・豚の角煮ご飯(ふぉーセット)200円(税込)(※単品の場合は280円)
合計 980円(税込)

フォーは、湧き水を使っていると言う優しいおだしのスープに、やわらかめの真っ白のフォーがたっぷり。パクチーなどの生野菜がモリモリ乗っています。肉厚の鶏肉がアクセント。すだちと唐辛子がついていて、ちょっとずつ味を変えて食べられるのがこのお店の醍醐味。(あとでもっとたくさんのカスタマイズをご紹介します!)

角煮ご飯は、やわらかく煮込まれたいい具合の味付けのやわらか〜い角煮二つとよくおだしがしゅんだゆで卵が乗ってます。ただの白ご飯ではないアジアンなごはん(なんて言うんでしょうか)でクセになります。

ふぉーの店-21
くらが食べたのは
・春あさりのふぉー850円(税込)
大量のアサリが入っていました!リッチ!ふぉーの店オリジナルメニューです。

ふぉーの店-18
ふろが食べたのは
・じゃ〜じゃ〜風汁なしふぉー780円(税込)

ふぉーの店-30
シズル感溢れるアツアツの濃い目のフォー!こちらもふぉーの店オリジナルメニューです。

メニューはこちら(クリックで拡大)
(※オープン時のメニューなので今後変更があるかもしれません)
ふぉーの店メニュー
各テーブルに4種類の調味料が置かれていて、自由にフォーにかけられます。

1、スイートチリソース
2、ヒマラヤピンクソルト
3、ホールブラックペッパー
4、自家製!ニンニクと唐辛子のベトナム酢漬け

調味料の詳細はこちら
ベトナムでのフォーの食べ方はこちら
フォーを食べるときのマナーなども記載されていました。勉強になります。

↓調味料を入れることでそれぞれ色んな楽しみ方が出来るのがポイント。どれか1つを選ぶだけではなくどんどん重ねていけるので、その時にしかない味になります。飽きずに最後のスープ一滴まで楽しめます!
ふぉーの店-36
左上)すだちを搾って食べると、スッキリ爽やかな風味に変身!
左下)スイートチリソースは意外と辛めなのでちょっとずつ入れるのがオススメ。ずいぶん風味が変化!
右上)たっぷりのニンニクと唐辛子が入った、自家製のベトナム酢漬けは結構ピリ辛!優しい酸味があって一番大きく変化します。おさや的にこれが一番オススメ!
右下)食べ終わったころにはすっかりベトナム気分になれます!!

↓3人でシェアしあって、デザートまでぺろっといってしまいました(笑)
ふぉーの店-40
左上)山形白桃ヨーグルト(380円+税)
→白桃の果実とマンゴーソースなどがたっぷりかかった少し変わった風味のヨーグルト。
左下)青森田子町産黒にんにくアイス(380円+税)
→最初に酸味があって、フルーツっぽい風味がして、最後にどすこい黒ニンニク!!スタミナ!!
右)ブルースムージー(580円+税)
→他にもグリーンスムージー・イエロースムージーなどがある中、ブルーは無農薬ブルーベリーやトマト、バジルがたっぷり入ったスムージー。身体に優しい!

↓外観
ふぉーの店-59
開店記事でもありましたが、こちらはひらつーパートナーでもある野村工務店がプロデュースする初めての飲食店。
オープン日に食べにいったので、たくさんのお花が並んでいました!

枚方市内で本格的なフォーが食べられるお店はあまりないと思いますので、アジア気分を味わいたくなったら、身体に優しい麺が食べたくなったら、パクチー好き、とにかくフォーな気分になったら、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

帰りに同じABCセンターに入っているKicchaKohiでお茶して行くのもオススメ。
ふろ&くらが楽しんでいる写真はこちら

◇ふぉーの店
住所
大阪府枚方市宮之下町7-22
(ABCセンター内に無料駐車場あり)
電話番号
072-894-8137
営業時間
11:00-21:00
定休日
無休
(営業時間等は記事作成時点での情報なので、上記リンク先でもご確認ください)

MAP


◆関連リンク 
ライター:おさや@ひらつー おさや@ひらつー