「鉄板焼き HISUI201」の『黒毛和牛ドライエイジングビーフ』【ひらつーグルメ】

ひらつーメンバーが自分で食べに行ったお店を紹介する【ひらつーグルメ】。 今回タクワン@ひらつーが食べに行ってきたのは枚方市駅近くにある…

鉄板焼き
HISUI201
黒毛和牛ドライエイジングビーフ(サーロインとランイチ)です。
※価格は2017年2月22日時点のものです。

hisui201ハーフ-1702223
★【黒毛和牛ドライエイジングビーフ】
サーロインとランイチのハーフ&ハーフ  ¥2,700(税別)
+すきステセット(割りした、蘭王の卵黄、九条ネギの3点)¥300(税別)
今回は店長さんにおすすめしてもらったドライエイジングビーフを注文したんですが、そもそもドライエイジングビーフって何ぞや?と思い店長さんに尋ねてみたところ…

ドライエイジングビーフ
=熟成肉
のこと。

お肉を一定の条件で風をあて続け水分をとばし寝かせることで、旨味がぎゅっと凝縮されたお肉になるんだそう。

技術を要するため熟成肉を取り扱うお店は少ないそうなんです。

そして登場したのがこちら!
(登場する前からお肉の焼ける良い匂いが店内に漂っていました
hisui201ハーフ-1702221
奥がサーロイン、手前がランイチ(赤身)。(※それぞれ50gずつの分量)

お肉の赤い色味が綺麗に映えていますー!!

お皿の四隅には、
岩塩とブラックペッパー
ゆず塩
くんせい塩
タスマニアマスタード 
が盛り付けられていて色んな味でお肉を楽しめる工夫が。

食べてみた感想はというと、特にサーロインは噛んだ瞬間お肉の旨味とナッティな熟成香がじゅわ〜っと広がってなんとも幸せな気持ちに。

ランイチ(赤身)は一緒に頼んだすきステセット(すき焼き風に食べられる)の濃厚な卵に漬けて食べると、お肉の旨味に卵黄が絡まってマイルドに。また違った味が楽しめます。とにかく素人でも分かるくらいお肉も卵も野菜も素材が良い!

通常のお肉よりも脂っこさが優しくぺろりと食べきることが出来るので、脂身が苦手な方も食べやすいんじゃないでしょうか。
 
hisui201お店-1702222
今回は50gずつの注文なので100gの約半分(グラム数によって変動あり)のお値段になります。
メニュー(その1/2/3/4(※ディナーは全て税別/ランチのみ税込価格))

hisui-1702221
野菜も京都へ直接買い付けに行ってらっしゃるんだそうです。
店長さん曰く「旨い肉と旨い野菜が食べられるお店 」

hisui201お店-1702229
店内はカウンター席とテーブル席があり、10席ほど。
行く前に事前に空席確認しておくと確実です。 
 
 hisui201お店-17022211
枚方市駅の2番出口から徒歩5分。枚方スポーツのお店の近くにあります。

◇鉄板焼き HISUI201
住所

枚方市大垣内町1-2-1 中村ビル1F
電話番号
072-807-5186
営業時間
【Lunch】11:30-L.O.13:00(月・木休み)
【Dinner】17:00-L.O.22:30(最大23:30)
定休日
月曜日(祝日の場合翌日振替)
木曜はランチのみお休み
駐車場
なし
喫煙

関連リンク
食べログ
※営業時間等は記事作成時点での情報なので、上記リンク先でもご確認ください。
※価格は2017年2月22日時点のものです。 

MAP


◆関連リンク
これまでのタクワン@ひらつーのグルメ