「上政農園」の『京の野菜ジャム パプリカ』(旬の駅)【ひらつーグルメ】

ひらつーメンバーが自分で食べにいったお店を紹介する【ひらつーグルメ】
今回すどんが食べてきたのは八幡市南山にある……

旬の駅 京都店

で売ってる上政農園の京の野菜ジャム パプリカ(520円税別、旬の駅お試し価格です!
※価格は20191114時点のものです。

パプリカ-1911142
左から緑黄赤と3種類あります。

パプリカ-1911155
おすすめはヨーグルト、とのことだったのでヨーグルトにつけて食べてみました。

パプリカ-1911156

パプリカ-1911143
少し小さいサイズの3つ入りで1000円という商品が推しなんだそう。食べ比べてほしいとおっしゃっていました。

今回食べてみて思ったのは、

時代先取り美味しかったです!!!

とある日、牧野のひらかたベリーファームさんからご連絡いただきまして、八幡のパプリカについて紹介されました。検索してみると、新聞にとりあげられたりとすごいパプリカのよう。

そこで上政農園さんをご紹介いただいたので、いってきたのが今回のグルメ記事。

パプリカは暑さに弱く、関西ではあまり作られていないそうなんですが、この上政農園では数年前からパプリカを作り始めたそうなんです。

収穫時期が限られるため、そこまで多くを生産できないそうなんですが、海外産とは違い、熟してから出荷できるため、国産のパプリカは甘みが強いという特徴があるんだとか。

そんなパプリカを作っていると、どうしても出荷の時期を外したパプリカがあるそうで、それを使って上政農園のお母さんが作り出したのがこのパプリカのジャム。

ヨーグルトにつけて食べてみると、たしかにすべてのジャムで味が違い、それでいて各自個性的。
緑は青臭さを残しながらもさっぱりといただける野菜感強めのジャムで、赤は唐辛子のような風味でありながら辛くなく、むしろ甘くていろんな料理に使えそうな味。
黄はカボチャ!?となっちゃうくらい、甘めの濃厚ジャムでした。

ヨーグルト以外にもチーズにつけて食べてみたんですが、しょっぱい系でも全然合う、素敵な時代を先どったようなジャムになっておりました。フレンチとかに出てきそう。

お母さんに何か伝えたいことがないか伺ったところ、

「国産のパプリカはフルーツのようなもの。野菜でジャムができるということを知ってほしいです。そして1度は食べてみてほしいです

とコメントされていました。

パプリカ-1911144
旬の駅の外観。近くでは他に、アベニューや四季彩館などでも販売されているそうですよ。

 旬の駅 京都店
住所
京都府八幡市八幡南山76
営業時間
9:30-19:00
定休日
年中無休
電話番号
075-971-6161
(※価格・メニュー内容・営業時間などは取材時のものです。最新の情報はお店に直接ご確認下さい)


ライター:すどん すどん