街の自慢のお店になるために。僕らと毎日を積み重ねませんか?― about a coffee【ひらつー求人】

今回のひらつー求人は…
about a coffee-14
 “珈琲について” のお話です。

about a coffee-4
お話を伺いに訪れたのは宮之阪にある喫茶店「about a coffee(アバウト ア コーヒー)

about a coffee-15

地図ではコチラ↓

枚方市宮之阪1丁目9-32
今回はこちらでスタッフを募集されるとのことでお話をうかがってきました。その前に、店内も少しご紹介しましょう。

about a coffee-11
天井の高い落ち着いた雰囲気。

about a coffee-12
コーヒー豆の量り売りもあります。

『張り紙見たから来た』人たち

店長の塩田さんにお話を伺いました。
about a coffee-5

― 今回募集するのはどんなお仕事ですか?

「主にホールと調理補助、アルコールドリンクやコーヒーを淹れてもらうお仕事です。土日祝と夕方からが手薄なので、そのあたりの時間帯を手伝ってもらえると助かります」

― 職場はどんな雰囲気ですか?

「ピリピリすることもなく…まぁ、裏方なので忙しい時は必死こいてやってるんですが(笑)

平日も休日もランチ時は頭も体もフル回転してギリギリでやっていますが、忙しい時はみんなで仕事をこなす面白さがあると思います」

about a coffee-2
厨房のようす

「喫茶店って結構単調な仕事だと思うんです。毎日同じ仕事やけど、昨日より一個でも多く作れた…とか時間配分が上手くできた…とか、定食屋みたいなノリです」

― 定食屋ですか?

「そうですね。新しい商品であったりも、毎日の積み重ねから出てくるものやと思うし、その積み重ねを僕は評価したいし、評価されるべきだと思います」

about a coffee-3

― となると求める人というのは…?


「毎日の積み重ねの大切さとか、そういうのがカッコいいと思える人に来て欲しいです。『将来カフェしたい!』とかじゃなくても『この記事でたまたま知った…』って人で構わないんです。もちろんカフェがしたいって人も歓迎ですよ。

長く続けてくれているスタッフも『張り紙見たから来た』みたいな人ばっかりで(笑)」

about a coffee-10
『張り紙見たから来た』みたいな人たち(笑)

「それでも、みんなメッチャ頑張ってくれてるし、キッカケはなんでもいいんんです。『この店メッチャ好き!』とかは全然いらないんで(笑)」

about a coffeeのブログにも塩田店長のメッセージが載っているのでそちらもご覧いただければと思います。

57
 ↑クリックでabout a coffeeブログ

そして…塩田店長のオチャメな写真もブログにはてんこ盛りです!
R0013186
美味しく出来たパイを誰にも取られたくない塩田店長(笑)

“定食屋” みたいな喫茶店に

― こちらのお店は “カフェ” ではなく “喫茶店” なんですね。

「内装や建物がカッコいいお店を作るのは、僕らじゃなくてもできると思うんです。でも今、about a coffeeで働いている僕やこのメンバーでしかできないカッコよさや雰囲気って絶対にあると思うし、僕らの思うカッコよさは外見だけじゃないよっていうか」

about a coffee-18

― それが “喫茶店” なんですね。

「常にざわざわしていて、定食屋みたいな雰囲気の喫茶店になれればと思っています。そういうのがカッコいいな、楽しそうだな、と思ってもらえる人に来てもらいたいです」

― “定食屋” はキーワードですね。

「京都市内や大阪市内に行けば、カッコいいお店ってなんぼでもあると思うんです。カッコいいの定義は人それぞれですが。でも、地元に帰ってきたらフッと気を抜けて、なんかええ店。カッコいいけど抜けてる店。そんな風に思われたいです。

友達が県外から遊びに来て『どこ行こ?』ってなった時に『ええとこ知ってるで』ってこの店に連れて来てもらって、その友達が『市内とはまたちゃうけどいい店やな』と思ってもらえたら嬉しいし、そういう店でありたいと思っています」

about a coffee-7

― 地元のいいお店でありたい、と。

「街の自慢のお店になっていきたいと思っています。お客さんの喜ばせ方も、人によってアプローチが違うと思うんです。接客が得意な人は接客で。調理が得意な人は料理で…とお互いに補って、結果的にお客さんに喜んでもらえるチームであれたらと思っています」

毎日来やすいお店でありたい

about a coffee-8
続いてお話をうかがったのはスタッフの元サワキさん(ご結婚されたので “元" が付いています)

― こちらのお店はどんなお店ですか?

「色んな人が来るお店です。スタッフ側もお客さんにベッタリし過ぎず、毎日来やすいお店にするように心がけています。近すぎず…遠すぎず…というか」

about a coffee-19

― この仕事のやり甲斐は?

「毎日同じ仕事ですけど、毎日違うお客さんが来るので、日々の積み重ねで少しずつスキルアップしていって、忙しい時はチームワークで乗り越えていく…というのがやり甲斐だと思います」

about a coffee-21

― こんな人と一緒に働きたいというのは?

「あんまり自分のこだわりとかプライドとかを出し過ぎず、上手く馴染める人がいいと思います。チームでやるので、ここの色に染まってくれる人であれば。『オシャレカフェで働きたい!』というよりは、『ちょっとやってみよっかな〜』という人の方が馴染みやすいかもしれません(笑)」

街の自慢のお店を作ろう

再び塩田店長にお話をうかがいました。
喫茶オモカゲ-1-2
宮之阪駅を出て道路挟んだ向かいの喫茶オモカゲはabout a coffeeの2号店

― つい先日、喫茶オモカゲもオープンされましたね。→記事

「もっと昔からあるような喫茶店がしたくて。about a coffeeよりもっと年齢層が高くて、おじいさんやおばあさんでも入りやすいような、なんか懐かしい街に馴染む純喫茶みたいなテイストのお店に仕上げられたと思います。

about a coffeeの方は今よりもっと食事を充実させていって、お客さんにも使い分けてもらえたらと思っています。どっちも雑多な店になるようにはしていきたいんですけど」

about a coffee-23

― 最後にメッセージをお願いします。

「合うか合わないかはやってみないとわからないですし、他のお店で輝けなくても、このお店なら輝ける場合もあると思うんです。

この記事を読んでもらったのも何かの縁なので、気になった方はとりあえず電話してもらえればと思います。一緒に街の自慢のお店を作っていきましょう!」

about a coffee-9
「ご応募お待ちしています!」

◇募集概要
店名about a coffee(アバウト ア コーヒー)
雇用形態パート・アルバイト
仕事内容ホール、調理補助 
資格・経験経験者優遇・未経験でもOK
※学生不可 
給与860円〜
勤務地枚方市宮之阪1丁目9-32
電話番号072-898-5117
「ひらつー求人を見た」とお伝え下さい!
勤務時間9:00〜22:00(うち4〜5時間)
勤務日数週2日〜5日
※土日祝・夜入れる方歓迎!
その他・交通費支給(1日300円まで)
・自転車・バイク通勤OK
・昇給あり
募集人数若干名
募集期間決まり次第終了
選考プロセスお店に電話(072-898-5117)
 ↓
面接
 ↓
研修1〜2ヶ月
 ↓
採用

※取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
※不採用についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

ご応募は
 
072-898-5117
 
までどうぞ!
(「ひらつー求人を見た」とお伝え下さい)

※お問い合わせ等は店舗に直接お願いします。