9月12日(火)の「日最大10分間降水量」が枚方の観測史上3位だったみたい。早朝の豪雨

9月12日の「日最大10分間降水量」が枚方の観測史上3位だったようです。

「日最大10分間降水量」とは、前日23時55分から翌日0時05分までの連続した10分間の降水量の最大値のこと。

9月12日の「日最大10分間降水量」は枚方の観測史上3番目に多かったようで、5時50分から6時にかけての10分あたり17.5mmという結果になっています。(ちなみに日最大10分間降水量の観測史上1位は宮之阪の道路が腰まで水に浸かった2012年8月14日

雨-1708052

「日最大10分間降水量」の記録といえば8月にも更新したばかり。とはいえ日最大1時間降水量や日降水量の記録は更新していないことから、本当にゲリラ豪雨的な感じの、短期間の強い雨が増えているということでしょうか。

先日は落雷で京阪がとまったりもしましたし、今年の天候は荒れ気味ですね。

◇関連記事
これまでの天気関連の記事

※「TH130」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : 話題