枚方の卓球連盟に所属する元日本代表選手らが全国大会で上位入賞。戦績報告のようす

今年度開催された卓球の全国大会で、優秀な成績をおさめた枚方市卓球連盟所属の選手の方たちが、本日8/24(木)に市長へ戦績報告をされましたので、その様子を見に行ってきました。

20170824卓球大会戦績報告-14
(卓球選手のみなさん)
活躍された選手のご紹介
20170824卓球大会戦績報告-6
写真左側から
内田康裕(うちだ やすひろ)さん
第30回全国ラージボール卓球大会 男子一般シングルス 3位。(第28・29回大会は2連覇)
卓球メーカーに勤務されている内田さんは、ラージボール卓球を広めるために講習を行うことも。

内海麻里(うつみ まり)さん
第30回全国ラージボール卓球大会 女子一般シングルス 優勝。
ひらつーでも紹介したことがある「ひらかた卓球場」のオーナーさん。過去に日本代表選手として、世界ジュニア選手権で福原愛選手らと活躍された選手。

片岡年子(かたおか としこ)さん
佐久間優子(さくま ゆうこ)さん
第36回全日本クラブ選手権大会女子50代の部 準優勝。
お2人が所属するチームは「みらくる」で、チームメンバーは加藤裕美さん、長塚佐紀子さんをあわせた4名。

衛守海斗(えもり かいと)さん

第50回全国高等学校定時制通信制体育大会 卓球個人の部 準優勝。
近畿情報高等専修学校2年の衛守くんは、出席された選手の中で最年少です。

今回の戦績報告の流れとしましては全国大会での戦績紹介からはじまり、各選手からの挨拶や市長からのお祝いの言葉、歓談といった流れでした。

20170824卓球大会戦績報告-3

「今回このような形で戦績報告を行えたことへの感謝や、日本で卓球が盛り上がりを見せる中、枚方の幅広い年代の卓球選手がこうして全国大会で活躍することが出来て嬉しい」と選手の皆さん。

20170824卓球大会戦績報告-9
(左から片岡さん・佐久間さん)

片岡さんと佐久間さんは主婦になってから卓球を本格的に始めたとのことで、卓球競技は年齢を問わず親しみやすいところが魅力と仰っていました。

ちなみに片岡さんは市民スポーツ賞を授与されたことがあり、広報ひらかたでも紹介されたことも。

20170824卓球大会戦績報告
(左から内田さん・内海さん)

歓談の中では普通の卓球(硬式)とラージボールの違いを紹介する場面もありました。

内田さんと内海さんが出場された全国ラージボール卓球大会では、硬式と比べてボールが大きく軽くなっていて、ラリーが続けやすいようにネットが2cm高いことなどの違いがあるそうです。(→詳しくはこちら

内田さんから「内海さんはラージボール卓球を始めてから1年ほどでありながら、初出場の全国で優勝してしまうすごい選手です」コメントされていて、内海さんは少し照れているご様子でした。笑

20170824卓球大会戦績報告-11
(衛守さん)

伏見市長からは「学生から主婦の方まで幅広い世代の選手が、各大会において上位入賞されて素晴らしいです。皆さんの活躍に刺激を受けて、枚方でももっと卓球が盛り上がると嬉しいです。」とコメントされていました。

20170824卓球大会戦績報告-12
(最後に皆さんで記念撮影)

以上、駆け足でしたが戦績報告の様子でした!

枚方のスポーツ関連の話題ですとレスリングで日本一になった枚中の西田くんや、80歳で8つの陸上競技日本記録を保持する馬渕さんが市民スポーツ賞を授与されたことが記憶に新しいところ。

これからの皆さんのご活躍が楽しみですね!

◇関連リンク

ライター:クロ@ひらつー クロ@ひらつー

カテゴリ : 話題