GRAPEVINE元リーダープロデュースで1stアルバムを発売するシンガーソングライター「吉田健児」は枚方出身

GRAPEVINE元リーダーの西原誠さんプロデュースで1stアルバムを発売するシンガーソングライター「吉田健児」さんは枚方出身だそうです。

吉田健児-1606095

1
吉田健児
公式サイト
情報源はこちら↓
吉田健児-1606096
なんと事務所の方からリリースを頂戴しました!
上記リリースによると枚方市出身だそうで、GRAPEVINEの元リーダー西原誠さんプロデュース、そしてアルバムにはGRAPEVINE現メンバーの西川弘剛さんもゲスト参加されるとのこと。

吉田健児-1606092

GRAPEVINEといえば僕(すどん)が自分のプロフィールページに好きなアーティストとして書いてるくらい好きな、現在は5人組のロックバンド。有名な曲は「スロウ」や「光について」など。(ちなみにボーカルの田中和将さんは枚方育ちの守口高校出身だそうです(→Wikipedia))

そのGRAPEVINEを病気のため2002年に脱退した元リーダーの西原誠さんが全面プロデュースで、シンガーソングライターの吉田健児さんの1stアルバムが発売されるとのこと。

吉田健児-1606094
(いただいたセルフライナーノーツ)

吉田健児さんについてリリースより引用↓
2009年6月に大阪から上京し、わずか4ヶ月で渋谷La.mamaのスケジュール冊子に、ピックアップアーティストとして一面掲載。
ふてぶてしくも、古き良きロック魂を漂わせる「佇まい」がライブハウスシーンの注目を集め、シシドカフカ、吉田山田、堂島孝平、岩瀬敬吾(ex.19)、浅田信一(ex.SMILE)、SUZUMOKUなど数々のアーティストと共演を果たす。
その実力が、西原誠(ex.GRAPEVINE)に見初められ、今作、全面プロデュースが実現。
さらにはGt.西川弘剛(GRAPEVINE)をゲスト参加とし、満を持しての1st albumをリリース。

動画もありました↓


ひらつーメンバーで実際にCDをきいてみて、強いていうなら誰に似ているか(ほとんど声質や歌い方のみ)という話にあがったアーティストをあげると、イエモンやウルフルズ、セリフ入りの曲は斉藤和義などの意見があがりました。僕には巻き舌な歌い方とか、ミッシェル・ガン・エレファントぽいような、上記に記載された「古き良きロック魂」という表現がぴったりくる感じでした。5曲目の「BIRD」はGRAPEVINEっぽいギターだなーと個人的には思います!

吉田健児-1606091
ちなみにキャッチコピーとなっている「ふてぶてしいまでのバリトンボイス」のバリトンボイスは、バスとテノールの中間くらいの声域の声という意味で、低音で色気のある声なんだそう。

そんな枚方出身バリトンボイスの持ち主である吉田健児さんの1stアルバムは7月13日発売。
未発売である現時点では枚方市内のどこで取扱いがあるかは不明ですが、TSUTAYAやくずはのタワレコなどが枚方出身アーティストとして取り扱ったりするかもしれませんね!

いつかアンダーグラフ主催の枚方での「HIRAKATAから世界を」等のライブに出演したりとかあったら面白そう。
そしていつの日か枚方出身のアーティストによるフェスとかできたら素敵ですね。

◇関連記事
これまでの枚方出身の方の記事

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : 話題