沖縄で「御殿山(うどぅんやま)」をひたすら探してきた

こんにちわ! 沖縄とポケモンGOが大好きなヨッシィ@ひらつーです。

皆さんは覚えていらっしゃいますか?
こちらのクイズを…



というわけで、この記事は沖縄に日帰りで行ってひたすら「御殿山(うどぅんやま)」を探すドキュメントです
御殿山の皆さん必見ですよ!!

ホントに行きます、沖縄に。

udunyama-tour-8
朝7時に出発して、神戸空港に来ました。沖縄行きで一番安かったのがこの飛行機。

神戸空港は初めて来たのですが、駅から驚きの近さで、こじんまりとしてて良かったです。

udunyama-tour-9
2時間15分ほどで沖縄・那覇空港に到着です!気温は30℃。
空の色が関西と違うし、空気がね…こう…まとわりつくような湿気…ねちゃぁ…って感じです。

udunyama-tour-10
飛行機を降りたら、1つめの「御殿山」まで、まずはモノレールに乗ります!
案内にそって進んで行くだけですよー。

udunyama-tour-195
南国っぽい植物も植えてあったりするので、駅までの道も楽しいです♪

udunyama-tour-17
沖縄のモノレール「ゆいレール」の駅に到着!
なんと…日本最西端の駅!ちなみに最南端は隣の赤嶺駅だそう。

udunyama-tour-19
ゆいレールでは交通系ICカードが非対応なので要注意。
来年(2020年)の春からICOCAなども使えるようになるそうですよ!(→琉球新報の記事)

udunyama-tour-18
というわけで沖縄版ICOCAなICカード、OKICA(オキカ)」を券売機で購入しました!
この後バスにも乗るので、やっぱりあると便利。デザインもちょっと可愛い。

改札は普通にピッとOKICAをかざすだけなんですけど、切符の場合は注意が必要です。

udunyama-tour-31
だって切符の吸い込み口がないんだもの…
※切符の場合は、切符にQRコードが印刷されているので、それをスキャンします。
降りる時も改札でスキャンして、切符は改札の外の回収BOXへ入れるというシステムになっています。ビックリ。


udunyama-tour-22
ゆいレールに乗ります!たまたま可愛い車両でした
「てだこ浦西」行きです。てだこって何…???
(駅名の由来はWikipediaに載ってました…タコ関係なかった)

udunyama-tour-27
沖縄なBGMが流れるゆいレール、世界遺産・首里城が見えたら目的地はもうすぐ。

udunyama-tour-29
こちらの石嶺駅で下車!

なんとこちらの石嶺駅、取材に行く2日前に延伸したばかりの新駅
この駅が無かったら…手前の駅から20分以上歩くハメになっておりました
マジでありがとう!ゆいレール!!

udunyama-tour-33
ピカピカ!ちゃんとシーサーもいます!
ていうか誰もいません。駅員さんも休憩中って書いてありました。さすが沖縄(?)

udunyama-tour-35
改札を出たら右手の出口に進み、その後は道なりに。
ちょっとしたこの坂を登ったら左折します。

いざ沖縄の「御殿山」へ!!

udunyama-tour-38
石嶺駅から徒歩5分ほどで到着したのは、
「琉球古代すば 御殿山(うどぅんやま)首里本店」!
「ごてんやま」じゃないですよー「うどぅんやま」ですよー!

udunyama-tour-40
ドキドキしながら、このいい感じの門をくぐります…

udunyama-tour-41
さらにいい感じの古民家〜〜〜!!

udunyama-tour-42
なんですか、このオシャレな「御殿山」の文字は!

udunyama-tour-75
道なりに進んでいった奥がお店の入り口になっていて、靴を脱いで上がるスタイル。

udunyama-tour-53
お店の方にあたたかく迎えていただき、お店の中へ。
外のグリーンが窓越しに見えていい感じ〜〜〜



ここからは、ひらつーメンバーが自分で食べにいったお店を紹介する【ひらつーグルメ】
今回
が食べてきたのは、沖縄県那覇市首里石嶺町にある…

琉球古代すば 御殿山 首里本店

軟骨ソーキそば(中サイズ・純麺)(800税込)
※価格は2019年10月3日時点のものです。

udunyama-tour-50
沖縄ならではの赤と黄色のお箸でいただきます。

udunyama-tour-48
軟骨ソーキがどーん!(※圧力鍋で煮込んだ豚軟骨で、豚の角煮のような味付け)

udunyama-tour-54
麺はややちぢれ麺。一般的な沖縄そばはストレートな麺が多いので、ちょっと珍しいかも。

udunyama-tour-57
軟骨ソーキのアップ!!コラーゲンたっぷりで、明日はきっとお肌ぷるぷる
柔らかいので全部食べられます。

udunyama-tour-52
トッピングは左から七味、紅しょうが、島とうがらし。
島とうがらしは唐辛子を泡盛に漬けた調味料で、コーレーグースとも言ったりします。

udunyama-tour-207
薄いけどわかりますか?七味にも「御殿山」って入ってるんですよ〜〜〜〜!!
お土産用に販売もしているそうです(1個480円)。

udunyama-tour-44
メニュー。一部のそばは、少し茶色い「胚芽麺」も選べるようになっています。
メニューその2

いただいた感想は…

モッチモチの麺にあっさりスープが絡んで最高!!

注文してから驚きの速さで出てきました(注文後3分くらい)。
沖縄ビギナーの方でも食べやすい、クセのない軟骨ソーキはすぐにホロホロと消えちゃいます。

沖縄のそばは、最初はそのままで、徐々に調味料を足していくことで味がどんどん変化するので、最後まで飽きずに食べることができます。

かつおベースのスープも美味しくて、あっという間に完食しちゃいましたー!
ソーキそばを食べると、沖縄に来たー!って感じがします。

続いて注文したのは…

じーまみー豆腐380税込)
※価格は2019年10月3日時点のものです。

udunyama-tour-59
じーまみー豆腐はピーナッツで作ったお豆腐で、にがりの代わりにタピオカデンプンで固めたもの。
お店や地域によって微妙に名前が異なるようです(→Wikipedia)。

※ピーナッツにアレルギーのある方はご注意くださいね!

udunyama-tour-62
サラッとした醤油ベースの甘辛いタレをかけていただきます!

udunyama-tour-65
豆腐はモチモチでぷるんぷるんです。

いただいた感想は…

サラサラのタレとピーナッツ豆腐のフュージョンが最高のデザート!!

先程ソーキそばをがっつりいただいたところなんですが、ツルツルののどごしであっという間に完食。
沖縄行ったら必ずスーパーで買って帰るくらい好きで、お店で見かけたら食べずにはいられません。

ここのじーまみー豆腐はすごく上品な味で、食べると口のなかでピーナッツの風味がふわっと広がります…!
タレはみたらし団子のタレをイメージしていただくとわかりやすいと思うのですが、サラサラのタレが優しくお豆腐と絡んで大満足の味でした

どちらも大変美味しかったです!ごちそうさまでしたー!

◇琉球古代すば 御殿山 首里本店
住所
沖縄県那覇市首里石嶺町1-121-2
電話番号
098-885-5498
営業時間
11:30-16:00(L.O.15:30)
定休日
毎週月曜(祝日の場合は営業)
関連リンク
公式サイト
(営業時間等は記事作成時点での情報なので、上記リンク先でもご確認ください)



せっかくなので御殿山さんの内装をご紹介

udunyama-tour-66
怪しげなオジィとオバァのお面が飾ってあったり、

udunyama-tour-68
昔実際に使用されていた製麺機があったり、

udunyama-tour-47
お土産を猛プッシュされていました。シーサーの置物も可愛い。

udunyama-tour-202
お外で食べる席もありましたよ〜!

udunyama-tour-39
帰ろうと思ったら、お店の前にトドメの「御殿山」自販機発見。
「感じて…百五十年前の琉球」

感じましたとも…150年前の琉球!!
※御殿山さんは築150年の赤瓦屋根の琉球古民家で営業されているそうです。



続いての「御殿山」へ!

今度はどんな「御殿山」に巡り会えるのかな!?と周辺を散策していると…

udunyama-tour-80
さっそく出た…「御殿山邸宅」…!!
うどぅんやまていたく…!!!!
(あまりの高級感に写真撮るの忘れたのですが、沖縄っぽい瓦屋根が付いたオシャレマンションがありました)

udunyama-tour-203
歩いていると緑にまみれた井戸を発見。昔の人が使っていたのかな〜。

udunyama-tour-85
さらに歩いていくと、柵があって入れないのですが「伊江御殿 墓(いえうどぅん ばか)」がありました。

この場所の説明(画像クリックで拡大します)↓
udunyama-tour-84
簡単にまとめると、琉球王朝の流れがある由緒正しいおうちの方のお墓。
沖縄独特のお墓の初期型のものが現存しているそうで、先程の画像右端にもチラッとお墓がうつっています。

udunyama-tour-88
そして、お墓のすぐ下側にある、「うどぅん山公園」に到着です!
漢字で書いたら…きっと「御殿山公園」!!

udunyama-tour-197
1人なので記念に自撮りしてみたんですけど、とにかく公園看板のフォントが怖い。
なぜ古印体。

udunyama-tour-87
ハイ、こちらが「うどぅん山公園」の全景です。
左上の緑なところが先程の伊江御殿 墓。

…ねぇ遊具は!?遊具はどこ???
滑り台とかブランコとかジャングルジムとかシーソーは!?

udunyama-tour-198
唯一の遊具、なぞのステージ…!
よくフォークリフトが持ち上げる時に使っているパレットにしか見えないんですけど!!

udunyama-tour-204
でもせっかく来たから全力で遊ぶぞー!!

udunyama-tour-205
…………。
一瞬で飽きました。ありがとう「うどぅん山公園」。
そしてこちらが枚方の御殿山公園です。
御殿山公園-1911011
御殿山神社の隣にあります。

地図だとここ↓

住所は沖縄県那覇市首里石嶺町1丁目117-3です。

udunyama-tour-206
駅の方に戻ろうと歩いていたら、坂の上に見つけちゃいました…!

udunyama-tour-200
住んでおられる方がいるのでボカシ入れてます。

コーポ御殿山!!
いい感じに薄くなった文字とか、好きです。

ちなみに「御殿山コーポ」なら枚方の御殿山にもあります。

いよいよメインの!?「御殿山」へ…

ゆいレールが通っている大通りに戻りまして、ここは時短のためタクシー移動
運良くすぐタクシーを捕まえることが出来ました。

udunyama-tour-108
タクシーで20分程でやってきたのは、島尻郡与那原町字与那原の「与那原」交差点!
「よなはら」じゃないですよ〜「よなばる」です。

公共交通機関でここまで来る場合、先程のゆいレール「石嶺駅」から「旭橋駅」まで行き、そこからすぐ近くの那覇バスターミナルでバスに乗りますが、1時間以上かかってしまいます。

詳しい行き方解説は与那原町の公式サイトをどうぞ!私も参考にしました。

udunyama-tour-109
地図を頼りに5分程歩いていくと、赤い橋が見えてきました。

udunyama-tour-110
ぉおお…!シーサーが守っておられる…!!
この赤い橋を渡ります。

udunyama-tour-166
はい、こちらが本日のメイン「御殿山(うどぅんやま)」です。
クイズにも出てきた史跡です。

地図だとここ↓

住所は、沖縄県島尻郡与那原町字与那原658です。

車でお越しの際は、すぐ近くの「与那原町コミュニティーセンター」を目的地にするといいと思います。(住所は、沖縄県島尻郡与那原町字与那原712 です)

udunyama-tour-114
あれ、ピッカピカになってる…?グーグルマップで見た時と違うなぁ。
ポケモンGOではどうかな〜。

udunyama-tour-201
「御殿山」、ポケストップになってます!
ポケストップの画像は建て替え前の「御殿山」ですね。

紫色になってるポケストップが「御殿山」なのですが、近くには日本では沖縄でしか湧いていないというサニーゴがいました!!テンションあがる!(ポケモンGOわからない方、すみません)

udunyama-tour-112
せっかくなのでちょっとアップ。

udunyama-tour-111
この場所についての説明もありました。こちらもピッカピカ!

「御殿山 名前の由来」拡大画像はこちら
「聞得大君」拡大画像はこちら

udunyama-tour-163
与那原町コミュニティーセンターの入り口付近に、看板を発見! カッコいい!

udunyama-tour-165
「御殿山」のすぐ隣にあったこちらのグラウンドが、「御殿山青少年広場」だそうです。
特に看板も何もなかったです…撮りたかったなぁ。

udunyama-tour-208
与那原町で行われる「与那原大綱曳まつり」の会場になっているそうです。
ハーイヤッ!(祭りの掛け声)

udunyama-tour-131
せっかくなので付近をうろうろ…。何かあるかな〜。
このあたりにはあちこちに案内マップがあったので、散策もしやすいです。

udunyama-tour-134
ここの案内にも、かつての「御殿山」の写真がありました。
きれいになって良かった良かった

udunyama-tour-136
はいドーン!こちらもピッカピカの「御殿山親水公園」
でもここ、トイレです。

udunyama-tour-209
ポケストップの説明にすべてが書いてあった…便利だなポケモンGO。
おそらくこのタイミングで「御殿山」もきれいになったのではないかと思われます。

udunyama-tour-139
遊歩道にあったシーサーカッコいい!!

udunyama-tour-154
親水公園の奥にはこんな船が飾ってあったり、ポケストップになっている東屋があったりしましたが、

udunyama-tour-158
…東屋ではおっちゃんが普通に寝てました(ちゃんと日陰のほうで)。

udunyama-tour-142
公園にあった橋を渡ってみます。クリスマス時期にはライトアップもされるそうです。

udunyama-tour-143
至って普通の橋なんですが、かつてはこの川も、橋の向こうも海だったそうです。
「御殿山」は本当は海のすぐそばにあったんですねぇ、素敵。

udunyama-tour-145
橋からの景色はこんな感じ。爽やかな風が吹いています。

udunyama-tour-152
向こう側に渡って橋を見たら、こんなデザインしてました!
綱だぁ〜。

udunyama-tour-151
川の向こう側から見た、「御殿山青少年広場」がこちら。

udunyama-tour-168
元来た道を戻ってウロウロしていたら、また看板発見!
矢印が立体的になっていて斬新

udunyama-tour-171
ちなみにこの「親川(ウェエガァ)」、史跡ですがいい感じの公園にもなっていました。
聞得大君が「御殿山」に行く前に立ち寄る場所だそう。

udunyama-tour-174
もしかしたら他にももっと「御殿山」関連があったのかも知れませんが、与那原の交差点に戻ってきましたー!

バスで那覇バスターミナルへ移動し、ゆいレールに乗り換えて那覇空港へ戻ります。
バスを乗り継いでも那覇空港へ行けるのですが、夕方は道路が混むので念のため。

udunyama-tour-175
ゆいレール「旭橋駅」に到着。誰かに写真を撮ってもらう勇気がないヨッシィでした。
でももうちょっとだけ「御殿山」探しは続きます!



再び、ひらつーメンバーが自分で食べにいったお店を紹介する【ひらつーグルメ】
今回
が食べてきたのは、那覇空港国際線ターミナル4階にある…

琉球古代すば 御殿山 那覇空港店

ゆし豆腐そば(中サイズ)(950税込)
※価格は2019年10月3日時点のものです。

udunyama-tour-185
ゆし豆腐(島豆腐の作る途中のもの→Wikipedia)がドーンと載っています。

udunyama-tour-186
豚の三枚肉もあります。これも柔らかいです〜。

udunyama-tour-189
麺はこちらもややちぢれ麺。

udunyama-tour-188
こちらは空港のフードコートにあるお店なので、島とうがらしも紅しょうがもパウチされていたのが新鮮。
添えてあるのはシークヮーサー。

udunyama-tour-176
メニューも空港仕様。

いただいた感想は…

沖縄のお豆腐と沖縄そばの組み合わせは、優しさMAX!!

その昔、沖縄のスーパーの豆腐売り場で、ビニール袋にパンパンに入っているほかほかの「ゆし豆腐」(→ゆし豆腐の画像検索結果)に衝撃を受けたのですが、その豆腐が沖縄そばに合うんです。

型に入れる前のふわふわの状態で、沖縄の豆腐は大豆の味が濃くて、すごく美味しい。
スープと一緒に食べると、旅に疲れた時にめっちゃ癒やされます。

例によって途中でシークヮーサーなどを追加することで、飽きずに最後まで美味しくいただけます。

…そして、空港店のメニューを見た時に思ったのが、空港店には純麺しかなかったので、本店で「胚芽麺」を食べてくればよかった…!

後悔時既に遅し。
本店に行かれたら、ぜひ「胚芽麺」をチョイスしてみてくださいねー!

また、こちらは国際線ターミナルにあるフードコートなので、私が行った時は近くに中国の方がいて、どこの国にいるのかわからなくなりました(笑)。

国内線と国際線のターミナルは建物がつながっているので、少し歩きますが問題なくたどり着けると思います。那覇空港を利用する際はぜひ。

ごちそうさまでしたー!

◇琉球古代すば 御殿山 那覇空港店
住所
沖縄県那覇市字鏡水150 那覇空港 国際線ターミナル4階
電話番号
098-996-1898
営業時間
9:00-21:00(L.O.20:30)
定休日
なし
関連リンク
公式サイト
(営業時間等は記事作成時点での情報なので、上記リンク先でもご確認ください)

udunyama-tour-183
お店の外観。

せっかくなので他の写真もご紹介↓
udunyama-tour-177
お土産用も売ってました。空港でも買えちゃう「御殿山」土産!
御殿山にお住まいの皆さんいかがでしょうか?
ちなみに、普通のお土産屋さんにはありません。

udunyama-tour-180
にんじん、パパイヤ、いなり寿司!?お持ち帰りOKだそうなので、買って帰って飛行機で食べても。

udunyama-tour-179
金のブタさんがショーケースに。

udunyama-tour-182
出来上がったらピーピー鳴るやつにも「御殿山」の文字が

udunyama-tour-193
記念にトレイマットも持って帰ってきました(笑)。

udunyama-tour-181
国際線ターミナルのフードコートからの夕焼け。海はすぐそこ。



往復約2,500km、16.5時間の旅の終わり

udunyama-tour-211
無事に帰りの飛行機に。あっという間でした。23時過ぎに自宅に到着しました〜!

「御殿山」だらけの沖縄旅、いかがでしたでしょうか?
よかったら是非沖縄旅行の際に訪れてみてくださいねー!

旅程的に厳しいって方は、行き帰りの那覇空港ではぜひ御殿山へ〜!!