雑誌「RUN+TRAIL」に枚方在住の伊藤知彦氏がとりあげられてる

雑誌「RUN+TRAIL」に枚方在住の伊藤知彦さんがとりあげられています。

↓こちら
名称未設定202008131-2

「RUN+TRAIL(ラン・プラス・トレイル)」は、トレイルランをメインに、レースレポートからそのノウハウ、ファッションまでをフューチャーしており、山を走ることを楽しんでいるランナーを応援している雑誌。

名称未設定202008092

表紙にはお名前も載っていました。

その雑誌の7月号(p24〜p27)で、伊藤さんが5月にチャレンジした「妄想(走)!日本アルプス大縦走」の内容がとりあげられています。
「妄想(走)!日本アルプス大縦走」とは、その名の通り、妄想で日本アルプスを走ろうというもの。

伊藤さんのInstagram↓


そもそも伊藤さんは、自ら命名した「TSS(Trail of Sea to Summit)」 という日本海から北アルプス〜中央アルプス〜南アルプスを縦走し、最後に富士山を登って田子の浦でフィニッシュという距離にして600〜650kmにも及ぶ個人チャレンジに挑もうとされていたそう。

しかし、新型コロナウイルスの影響で断念。でも、違う形でできるんじゃないかと思いついたのが「妄想(走)!日本アルプス大縦走」。アルプスを走っていることを妄想しながら同じような距離をご近所で走ったそうです。

伊藤さんはおそらく津田サイエンスヒルズ周辺でそのチャレンジされていたのではないでしょうか。Instagramにもそうかな〜と思う写真がアップされていました。

この投稿をInstagramで見る

妄想(走)!日本アルプス大縦走の旅 TSS (Trail of Sea to Summit) 250キロを越えてからのまさかの無敵状態に!どこまでも走り続けられるこの感覚はトルデジアン以来!笑! きっかけは山口晃一さんのシェア頂いたお言葉とマイルストーン(ヘッドライト)西岡さんのお気遣いと皆様のお言葉であることは間違いありません。 山口さんと西岡さんのお言葉を同時に見ました。今やっていることに心を動かされた人がいるんだと思った瞬間に胸が熱くなって涙が勝手に流れてきました。 今この時期に走ることになんの意味があるんだろうってずっと思いながら生活してるところがありましたので、、、。 昨日一番しんどかったですがその時に思ったことを動画で話してます。 一度聞いて頂ければ幸いです。 山口さん、西岡さん、皆様必ず後南アルプスから富士山からの田子の浦(太平洋)まで完走致します! もうしばらく(2日間)お付き合いどうぞ宜しくお願い致します! 応援、シェア宜しくお願い致します! 皆様の応援を力にかえます!! 頑張ります!! #マラソン #ランニング #トレイルランニング #ランニング好きな人と繋がりたい #running #trailrunning #トルデジアン #UTMB #UTMF #TSS #Trail of Sea to Summit #夢を叶える #アルプス縦走 #tjar #縦走登山 #トレッキング #日本百名山 #日本百名山達成 #日本百名山完登 #エベレスト憧れ #妄想(走)!日本アルプス #妄想(走)!百名山 #マイルストーン #マイルストーンヘッドライト

伊藤知彦(@gottitrail_ito)がシェアした投稿 -



雑誌では実際に伊藤さんがチャレンジした模様や、枚方で撮影されたっぽい写真もありますので、良ければぜひ。



※「にっしん」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■
ライター:モモ@ひらつー モモ@ひらつー

カテゴリ : 話題