eスポーツ『グランツーリスモ』世界チャンピオンが枚方のレーシングチームから参戦!イケメンドライバーに話を聞いてきた【ひらつー広告】

eスポーツ『グランツーリスモ』
世界チャンピオン

枚方のレーシングチームDELTAモータースポーツから
86/BRZレース参戦!
tas-delta11
枚方山之上の自動車屋さんが昨年総合2位という快挙を達成し、業界が騒然となったことをご存知ですか?

 それが、2017枚方に誕生したレーシングチーム 
DELTAモータースポーツ
tas-delta6
このチームはひらつーでも何度かご紹介してきた
枚方に根付いて27年になるタナカオートサービスさんが立ち上げた新チーム。

そんなDELTAモータースポーツの今年度のドライバーとサポートドライバーが決定いたしました!

それがこの2人!
まず
TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZレースのドライバーが、
タナカオート-2001223
2016年のeスポーツ『グランツーリスモSPORT』世界チャンピオン
冨林勇佑さん!
(とみばやし ゆうすけ)
スポンサーのお申し込みはコチラ
 converse2354_1228@yahoo.co.jp

08
eスポーツ時の冨林選手
(参照:ROOTS

そしてFIA-F4サポートドライバーが、
タナカオート-2001222
2019 FIA-F4選手権 シリーズ「ドライバーランキング」9位
木村偉織さん!
(きむら いおり)
スポンサーのお申し込みはコチラ
 iori@kimuras.org
 後援会HP

74634436_1383799721793740_4598142547729055744_o
レース中の木村選手

めっちゃイケメンなお2人!
それぞれスポンサー活動をされているので、応援したい!という方はぜひメールで問い合わせてください!

DELTAモータースポーツって?

DELTAモータースポーツは2017年に誕生した、枚方で唯一のレーシングチーム。
201951212935
昨年も全国の有名サーキットで開催された
TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZレース参戦して、
なんと…

シリーズの年間を通して
tas-delta9
総合2に輝きました!!

3月の鈴鹿サーキットの開幕戦レースと、
8月の十勝での第6戦でも 優勝しました

そんなDELTAモータースポーツでは、
レース活動における
スポンサーを募集中です!
☎ 072-843-5570

2019825211919
自分の会社名が入った車がサーキットを駆け抜ける姿
身近で、地元のチームで、しかも自分の関わっている車がレースに出場するなんてステキですよね!

tas-delta5
枚方つーしんも協賛させていただいているので、胸には枚方つーしんのロゴがあります。

協賛という、新しい応援の関わり方を通して、実際のレースで勝ったときの嬉しさ負けたときの悔しさやを、参戦する立場から一緒に味わってみてはいかがですか?

デルタ-11
DELTAモータースポーツを運営しているタナカオートサービスは、
新車・中古車販売から車買取車検・車の修理など
車に関することなら「なんでもお任せ」のまちの車屋さんです。

DELTAモータースポーツ-10
店内にはこれまでに獲得した優勝カップが所狭しと並んでいます。


今回は新しくドライバーになったお2人に今季のレースにかける想いをインタビューさせてもらいました!

eスポーツの世界チャンピオンが現実のレースに参戦!

82784538_1021257271594081_3431605086260822016_n
インタビューさせて頂いた日はテスト走行の日。
走行直後にお話をお伺いしました。

タナカオート-2001221
写真左側が木村選手、右側が冨林選手。
TV電話でインタビューさせてもらいました!

まず富林さんがグランツーリスモのeスポーツで世界チャンピオンになられたことがあるとお聞きしたのですが。

冨林さんそうです。eスポーツの2016年の世界チャンピオンです。
2019年には日本チャンピオンになりました。

スクリーンショット-2020-01-29-23.41.0111
2016年の世界シャンピオンに輝いた際の記事。(参照:HMV&BOOKS online

『グランツーリスモSPORT』って?
スクリーンショット-2020-01-30-9.19.27-11
公式HP


『グランツーリスモSPORT』は、プレイステーション4用のゲームソフトで、実車さながらのリアルなレースを体感できるゲームです。
オンラインでチャンピオンシップレースも開催され、一定以上の成績を残せばFIA(国際自動車連盟)から現実のライセンスと同等の価値を持つ公式ライセンスが発行されます。
昨年にはトヨタが本格参戦して話題になりました。

グランツーリスモってゲームじゃないですか。
なぜ今回は本物の車のレースに出ようと思われたんですか?

冨林さん元々親がレース好きでレースをしていたのもあるんですけど、僕自身も小さい頃から車とレースが好きでした。

ゲームはずっとしてたんですが、そんな中で車の免許を取って、自分の車でサーキットを走っている内に実際にレースをやりたいなと思ったのがキッカケですね。

32
2019年のeスポーツ日本チャンピオンになった際の写真(参照:ROOTS

冨林さんそれで2018年にライセンスを取得して去年からレース活動をして、色々なご縁があってタナカオートさんでお世話になることになりました。

実際に今日はテスト走行をされていたと思うんですが、実際のレーシングカーを運転してみてどうでしたか?

冨林さんあっ、でもそこまで違和感はなかったですね。
けっこうイマドキのゲームはよく出来ているので。

やっぱり多少ゲームと実車で違う部分はありますけど、基本的なものは同じなので、細かい部分の擦り合せさえできれば問題なく乗れますね。

201951211811

― デルタモータースポーツのマシンの仕上がりはどうでしたか?

冨林さん車を作ってくださってるエンジニアさんが良いので、自分が乗って違和感があるところを伝えたらその場でフィードバックして自分に合った車を作ってくださいます。

自分から伝えなくても動きとかで車を自分好みにセッティングしてくださるので、すごく乗りやすいですね。

ENF_kIoU8AABNUA
冨林選手は2019年ロードスターパーティレースⅢ 東日本 NDシリーズでもシリーズチャンピオンに輝いています。

富林さんに合わせて細かくチューンナップしてもらえるんですね。

冨林さん個人個人で運転も癖とか好みがあるので、それに合わせたものを提供してくださいますね。

やっぱり昔からのレースに参加されていたノウハウだったり知識がとても豊富なチームなので。
それで色んな知識を注入してくださって良いものができてるのかなって思いますね。

木村さんはF4のドライバーということですか?

木村さん:そうです。
デルタモータースポーツのFIA-F4サポートドライバーとして参加させていただくことになりました。

70688216_1334486410058405_5369015686175653888_o

これまではレース経験はあったのですか?

木村さん:はい、ずっとぼくは6歳ぐらいのときからカートをやっていて、フォーミュラは去年初めてって感じです。

フォーミュラに出ようと思ったキッカケはなんだったのですか?

木村さん:キッカケというか、目指しているのがF1の世界チャンピオンなので、そのための通過点としてのF4ですね。

知識が疎くて申し訳ないのですが、ランクとしては下からF4、F3、F2、そして一番上がF1ということですか?

木村さん:そうです。
サッカーでいうJ1、J2みたいな感じです。

F4からF3に上がるにはどういう条件があるのですか?
まず第一にいい成績を残さないといけないというのは当然なんですが、それと併せて資金の問題があります。

スクリーンショット-2020-01-29-23.50.3011
木村選手の後援会HP


木村さん:F4だと、1000、2000万円ぐらいで済むんですが、F3になると3000、4000万円ぐらいお金がかかってくるので。

そういう面でスポンサーが必要ということなんですね。

木村さん:そうなんです。
技術はあっても使えるお金がなければ挑戦できないんです。

今回デルタモータースポーツからドライバーとして出場するにあたって、デルタモータースポーツの印象はどうでしたか?

冨林さん田中さんが大阪に住んでおられる方ということもあるんですが、気軽に話しやすいというかフレンドリーでファミリー感があって、普段から何でも話せるような感じですね。

木村さん:そうそう。

上の人とドライバーという関係というよりも、より親密な感じですか?

冨林さん大きな家族じゃないですけど、なんでも言い合えるような関係ですね。

タナカオート-2001224
真ん中がタナカオートサービスの田中社長

木村さんは印象はどうでしたか?

木村さん:ぼくはまだ一緒にレースはしてないんですが、普段の日常的な会話ではすごい色々親身になってお話を聞いてくださって、仲良くさせてもらってます。
ぼくとしてもなんでも言い合える関係ですね。

最後にお2人の今年の抱負をお願いします。

冨林さん:デルタモータースポーツは去年、「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZレース」でランキングが2位で、まだチャンピオンを取れていないんです。

なので今年は、自分が抜擢してもらって乗せてもらうからには、忘れ物を取りに行ってデビューイヤーでチャンピオン穫れるように頑張りたいと思います。

木村さん:今年はまずはF4で最低でもチャンピオンになって、ヨーロッパへのチケットを手にしたいです。

どうぞスポンサーをよろしくお願いします!

冨林選手、木村選手、ありがとうございました!

スポンサーのお申し込みはコチラ

タナカオート-2001223
冨林勇佑
(とみばやし ゆうすけ)
スポンサーのお申し込みはコチラ
 converse2354_1228@yahoo.co.jp

タナカオート-2001222
木村偉織
(きむら いおり)
スポンサーのお申し込みはコチラ
 iori@kimuras.org
 後援会HP

それぞれスポンサー活動をされているので、応援したい!という方はぜひメールで問い合わせてください!


DELTAモータースポーツ
のスポンサーお申し込みはコチラ 


1.まずはお電話 
072-843-5570

まずはお電話ください。
「枚方つーしんのスポンサー記事を見た」とおっしゃってください。

2.ご説明 

スポンサーのご説明の後、協賛金額決定という流れになります。
疑問点やご不明な点は何でもおっしゃってください。

3.ご協賛決定 

生まれも育ちも枚方の地元民が立ち上げたモータースポーツチームを応援していただきます。

2019329232843



車の修理や車検、買い取りのご相談などもお気軽にお電話ください!

25
45
タナカオートサービス
〒573-0041
枚方市山之上東町8番20号(→地図

TEL. 072-843-5570
FAX. 072-843-4970
mail. info@tas-delta.com

▶営業時間 10:00〜20:00
▶定休日  日曜日・祝日

お電話の際は「ひらつーのスポンサー募集の記事を見た!」とお伝え下さいね〜!
ライター:シュン@ひらつー シュン@ひらつー