4月1日に枚方市が「特例市」から「中核市」になりました

枚方市役所

2014年4月1日から枚方市は「特例市」から「中核市」になりました。

ピンと来ない人も多いと思いますので、まず中核市って何?というところから。

■ 中核市 Wikipedia 

「都市の規模に応じて、市に都道府県の事務権限の一部を移譲する制度で、中核市は福祉に関する事務に限られる。」

シンプルにいうと、

「大阪府じゃなくて枚方市の判断でやれることが増えた」

ということになります。その大阪府から委譲される事務権限の割合は…

一般市 … なし

特例市 … 約1割

中核市 … 約6割

政令指定都市 … 約8〜9割

と、これまでの「特例市」よりかなり多くの権限が枚方市に移りました。


さらに上記の記事によると、府から市へ1823項目の事務が移譲されたということのようです。

では具体的には何が変わるのでしょうか。

市の中核市準備課が作成したPDFがありました。

■ 中核市枚方移行ニュース 枚方市中核市準備課
1号 2号 3号 4号 号外 5号 6号 

上記のリンクをまとめると、今までは四條畷保健所などで実施していた検査業務が、新しくできた枚方市保健所で実施できるようになったことと、教職員研修を府ではなく市で独自に実施することができるようになったため、市の教育課題に対応した実践的な研修を行うことによる教職員の指導力の向上が見込めるのだとか。他にも母子家庭への資金貸付業務を市で一本化したりなど色々掲載されていますので興味がある方はご一読を。

枚方市保健所
枚方市保健所


 こちらの記事によると”全庁横断的な重要施策を推進する「戦略本部」の設置”というのもあるそうです。

広報ひらかた
「中核市ひらかた」スタート! 広報ひらかた平成26年4月号

さらに広報ひらかたでも詳しく説明されています。

役所の仕事というのは基本的に縁の下の力持ち的な業務も多く、枚方市民にとって中核市への移行で何が変わったのかはすぐには実感し難いとは思います。ただ「自分たちのことを自分たちで決められる範囲が広がった」ということなので、これまでは「それは大阪府の仕事なので…」と諦めなければならなかったことも枚方で決められるというのはいいことなんじゃないでしょうか。

例えとして適切かどうかはわかりませんが、飲食店のメニューのうちこれまで本社工場から送られてきて出していた料理を、店舗で調理するようになったという感じでしょうか。出来たての料理が提供できる反面その味は店の腕次第。枚方市に委譲された範囲の業務が良くなるのかどうかもこれからの枚方市の腕次第ということなのかもしれません。


ライター:すどん すどん

カテゴリ : 話題 

この記事へのコメント

3. ひらかた市民   2014年04月09日 17:22
リアルな民意が反映された行政サービスになるかは市民次第ですね。
組織票の影響が大きくならないよう、これまで以上に市議会議員選挙の投票率UPが重要になりますね。
2. とおりすがり   2014年04月03日 17:07
そして政令指定都市を目指して頑張って政令指定都市になった途端、府(県)から「府(県)市統合」を求められる件……

大阪府と大阪市の府市統合の件は前知事が言い出した話じゃなくてそれこそ政令指定都市制度が出来た頃から府が言い出して(前々知事も知事時代に言ってる)市が拒否してる構図なんですよねぇ……。
1. 今日の風   2014年04月03日 14:05
わかりやすくありがとうございます。
子どもにわかりやすく説明できました。

個人的に期待したいのは
教職員の研修です。