楠葉中之芝の「久修園院」で曼荼羅図が100年ぶりに一般公開されるみたい。明日6月10日

楠葉中之芝の久修園院で「両界曼荼羅図」が100年ぶりに一般公開されるようです。

久修園院-15060901-2
(久修園院の写真)
地図ではここ↓

住所は枚方市楠葉中之芝2丁目46です。

本日6月9日の読売新聞の地域欄に掲載されていました↓
久修園院-15060901-3

上記記事によると、近年では巻いて保管されていた曼荼羅図を、昨年10月に就任された僧侶の方が公開を計画し、今回の公開に至ったそう。詳しくは新聞をお読み下さい。

明日のみの公開なのか、これから当分公開するのか気になったので、記載された連絡先に電話してみましたが、留守電でした。
しかし記事中で「今後も年1回は行う方針」と記載されていたので、期間が限られているのは間違いなさそうです。

また、明日の法要後には桂文鹿さんによる落語会「久修園院曼荼羅供法会・慶讃寄席」も開かれるそう。文鹿さんの公式サイトにも告知がありました

しかし曼荼羅図は巻いて保管されていたとなると、布みたいな感じでしょうか。あまり詳しくはないので、正直いってよくわかりませんが、100年ぶりの公開と言われると、どんなものなのか見てみたい気がしますね。

◆関連リンク
天王山木津寺  久修園院 枚方市役所 
噺鹿 桂文鹿 公式サイト

※「くまきち」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■
ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー