世界初の無印による駅デザインで枚方市駅の中央改札内外がめっちゃリニューアルされるみたい!木目調になってアンスリーが新業態店舗に

枚方市駅がめっちゃリニューアルするようです。

枚方市駅-1711071
(枚方市駅)
さきほど記事にしたとおり、枚方市駅の中央改札前にある京阪百貨店の2階部分全てが無印良品になるようですが、中央改札周辺の駅コンコース部分も無印良品とタイアップして、これまでにない駅が誕生することが本日わかりました。

市駅-1711072
(中央改札周辺)

枚方市駅の新しいコンセプトは『いつも使いたい、一度は行ってみたい駅』で、「シンプルで心地よいデザイン」「郊外駅ナカ商業」「駅の観光資源化」といった3つの観点で枚方市駅を進化させるとのこと。

なお無印良品が駅のデザインに取り組むことは世界初の事例で、自然環境に恵まれている枚方の暮らしを表現するために、枚方市駅の中央改札周辺は木目調を基本とする開放感ある空間デザインにするそうです。東口に関しては今後検討していくとのこと。

リニューアルは改札外だけでなく、改札内にも及びまして、アンスリーと一部構内店舗の区画を一体化して京阪ザ・ストア直営の新業態店舗を展開するそうです。

市駅-1711071
(現在のアンスリー)

これまでのコンビニ機能に加えて、駅内で生鮮食品やお惣菜などを揃える店舗になり、店内には飲食カウンターを併設する模様。
そこでは「出汁」をテーマにして地元食材を使用した自然の「うま味 UMAMI」を気軽に味わうことができるそうです。

その他の既存区画についても一部テナントを更新するそう。

枚方市駅-1711072
(京阪サービスコア)

さらにもう1つありまして、枚方市駅1階のサービスコアをリニューアルし、現在あるJTB京阪トラベル以外にも雑貨店やカフェができるんだとか。バスを待つ人のために便利で快適な空間とするそうです。

時期に関しては
・サービスコア周辺のリニューアルが平成30年秋
・駅ナカのアンスリーなどが新しくなるのが平成30年末
を予定しているそうです。

なかなかすごいリニューアルですが、これも2015年に京阪が「枚方市駅および周辺エリアの再開発」を最重点プロジェクトとしていた施策の一環でしょうか。

中央改札周辺も、無印良品デザインによる木目調の駅になると考えると、市外の方に自慢できる駅になったりするかもしれません。時期的には来年と結構ちかめなので、改装が今から楽しみですねー!

◇関連記事
これまでの枚方市駅周辺の記事
ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー