市駅前に建設中の枚方T-SITEにレストラン&カフェ「MEAL TOGETHER(仮称) 」コスメ「@cosme store」が入るみたい。工事状況も

枚方市駅前に建設中の枚方T-SITEにテナントとしてレストラン&カフェ「MEAL TOGETHER(仮称) 」とコスメショップ「@cosme store」が入るようです。

枚方T-SITE-16021218
(建設中の枚方T-SITE)
今回は「MEAL TOGETHER(仮称)」がIR、@cosme storeは求人サイトより判明しました。

枚方T-SITE-16021219

「MEAL TOGETHER(仮称)」は京橋などにあるガーブや、枚方市内だと関西外大のアマーク・ド・パラディICCを運営する株式会社バルニバービの新ブランド。

IRからMEAL TOGETHER(仮称)について引用↓
このたび開業する「枚方T-SITE」は蔦屋書店創業の地である大阪府枚方市に誕生する関西初進出の「T-SITE」で、「枚方市駅前の日常のライフスタイルの提案」をコンセプトとした大規模な生活提案型複合施設です。
このような中、当社の幅広い層に支持されている地域密着型店舗における様々な実績が評価され、8階レストラン区画のキーテナントとして出店することが決定いたしました。
「MEAL TOGETHER(仮称)」は当社の新たな地域密着型店舗を象徴するシグネチャーブランドとして初展開の店舗となります。
枚方の街を一望する開放感あふれるテラスを併設した約160席の空間で、カジュアルシックなフレンチ・イタリアンを主軸に季節素材をふんだんに使用したメニューを提供するオールデイユースのレストラン&カフェとして、今後枚方の新たなランドマークを目指します。 

とのことで、8階レストラン区画に出店とのこと。景色よさそうですねー。
ちなみにシグネチャーブランドとはWikipedia的には「その分野で有名な人物の名前を冠して売られる商品」だそう。

枚方T-SITE-16021214

つづいて「@cosme store」は名前の通り、日本最大のコスメ・美容の総合サイト「@cosme」の実店舗。
公式サイトによると全国で7店舗あり、記事作成時点で西日本では大阪のTSUTAYA EBISUBASIのみしかない、レアなコスメショップ。

前述の求人サイトによると5月中旬にオープン予定で、枚方T-SITEでの店舗の営業時間は10:00~21:00とのことなので、T-SITE全体としてもそれに近い感じになるんでしょうか。

そしてここからは現在の工事状況を↓
枚方T-SITE-16021201
TSUTAYAの物販館と京阪百貨店の間から撮影。存在感高めです。

枚方T-SITE-16021207
アンスリー前交差点から。

枚方T-SITE-16021208
バス停からはエスカレーターが見えます。

枚方T-SITE-16021205
歩道橋との密着加減。

枚方T-SITE-16021206
ズーム。

枚方T-SITE-16021209
近寄ってみるとこんな感じ。完成したら通り抜けれそうです。

枚方T-SITE-16021211
歩道橋へと登っていく階段からも存在感。

枚方T-SITE-16021212
そしてその階段登った先から。

枚方T-SITE-16021216
最後に全景。

今春オープンの二大ショッピングモールといえばニトリモールと枚方T-SITEですが、続々と判明するニトリモールのテナントに対してまだまだ不明な点が多い枚方T-SITE。

ニトリモールが各分野のカテゴリーキラーといえる専門店を集めただけあって既知のテナントが多いことに対し、枚方T-SITEは新ブランドやトレンドのテナントが多い印象を受けます。

そんなそれぞれ違う個性をもったショッピングモールを、選択できるというか、2つとも楽しめるというのは個人的にワクワクというか、贅沢な気持ちです。

次は何が判明するのか、楽しみですね!

◆関連リンク
これまでの枚方T-SITE関連の記事
枚方の開店・閉店まとめ2016

※「まきの けいた」さん、「えぐっちー」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー