ひらつープレゼント企画!枚方市市民会館10/15(日)プッチーニ作曲オペラ「蝶々夫人」にご招待!

こんにちは、くら@ひらつーです。
気がつけばエアコンをつけなくなり、蝉の声も聞こえなくなりましたね。着実に秋が近づいてきていますっ

c76d6e31
そして、秋に向けて早くも食欲旺盛な自分に驚きを隠せません



さて、今日は色々と動き出したくなる秋にピッタリ ひらつープレゼント企画のお知らせです

20171015_opera3-1
2017年10月15日(日)
枚方市 市民会館・大ホールで開催される

枚方シティオペラ 第3回公演
プッチーニ作曲 オペラ「蝶々夫人」

(全2幕/イタリア語上演/字幕付き)
13:30開場・14:00開演

3組6名様(A席)をご招待致します
※就学前児の入場はご遠慮ください。
20171015_opera3-2

枚方シティオペラ第3回公演は、明治時代の日本・長崎が舞台の人気オペラ「蝶々夫人」!!

アメリカ海軍士官のピンカートンと、彼を信じて結婚した蝶々さんの悲劇の物語。蝶々夫人に並河寿美、ピンカートンに藤田卓也、本場イタリアより指揮者ガブリエーレ・ペツォーネ、シャープレス役にマルチェロ・リッピを迎え、人気のオペラを上演します。

並河 寿美
藤田 卓也
▲蝶々夫人役の並河 寿美とピンカートン役の藤田 卓也

演出
奥村 啓吾
奥村 啓吾(枚方シティオペラ芸術監督)

指揮
マルチェロ・リッピ
ガブリエーレ・ペツォーネ

『蝶々夫人』を作曲したプッチーニは、世界のいろいろな都市を舞台としたオペラを書きました。

例えば、『ラ・ボエーム』はパリ、『トスカ』はローマ、『トゥーランドット』は北京です。

そんな中、日本を舞台にしたオペラが『蝶々夫人』。

枚方シティオペラ(第2回公演のようす)
▲枚方シティオペラ第2回公演のようす
このオペラの音楽には、プッチーニがオペラの中に日本の旋律(例えば「さくらさくら」や「君が代」など)を随所に取り込んでいるそう。

日本の旋律が取り込まれているので、日本人が聞くとどこか懐かしいような、親近感のわくような音楽に感じるのではないでしょうか。

是非、日本が舞台のオペラをお楽しみ下さい

【概要】
枚方シティオペラ 第3回公演
プッチーニ作曲 オペラ「蝶々夫人」(全2幕/イタリア語上演/字幕付き)

日時2017年10月15日(日)
開演13:30開場・14:00開演
会場枚方市 市民会館・大ホール
アクセス京阪「枚方市」駅下車、徒歩3分
チケット全席指定
一般:S席5,500円 / A席4,500円 / B席3,000円
※当日は各500円増。
※就学前児の入場はご遠慮ください。
※チケットは枚方市市民会館、ひらかた観光ステーション、マイライフ新聞社、ローソンチケット(Lコード:53594)、チケットぴあ(Pコード:331-859)、大東楽器MuseDuoで販売中です。

お問合わせ(公財)枚方市文化国際財団(TEL:843-1123)(FAX:845-1896)
助成(一財)地域創造
協力イタリア文化会館-大阪、きものつたや
応募締切10月1日(日)
応募方法専用フォームよりお願いいたします

蝶々夫人
※当選者にはメールでお知らせいたします。
※就学前児の入場はご遠慮ください。


◆関連リンク◆

ライター:くら くら