ビオルネの破産手続き開始が決定

20111004DSC05884

株式会社ビオルネの破産手続き開始が決定しました。

官報(国が発行してる広報みたいなの)に載ってます。該当部分を抜粋↓

破産手続開始
次の破産事件について、以下のとおり破産手続を開始した。破産財団に属する財産の所持者及び破産者に対して債務を負担する者は、破産者にその財産を交付し、又は弁済をしてはならない。
-------
平成23年(フ)第6380号
大阪府枚方市岡本町7番1-505号
債務者 株式会社ビオルネ
代表者代表取締役 藤田 二郎
1 決定年月日時 平成23年9月20日午前10時
2 主文 債務者について破産手続を開始する。
3 破産管財人 弁護士 辰野 久夫
4 財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告
の期日 平成23年12月21日午後3時
大阪地方裁判所第6民事部
インターネット版官報(平成23年10月3日付(本紙 第5651号))より)

無印良品の閉店の仕方とか何だかおかしかったので、「あぁ、やっぱり」という気はします。ビオルネは去年の9月に民事再生法の適用を受けていました。


破産とか民事再生とか用語がややこしいですが、分類は↓のようになります。
20111004vi1

要は去年の段階では「借金をまけてもらったり整理して会社の再建を目指す」という状態でしたが、今回はもう力尽きて「会社を清算する=株式会社ビオルネが消滅する」ということになります。

細かいことはわかりませんがこれからビオルネの資産を債権者に分配する話し合いなどが行なわれるんだと思います。

破産っていうと急にドアに弁護士の名前が書かれた張り紙がされて誰もいなくなるというイメージがあるんですが、ビオルネ自体は一旦閉めるんですかね。それともどこかがまるごと買いとって外見上の営業はそのまま続いてるような感じにしたりもできるんでしょうか。

この記事作成時点ではビオルネ・イオン枚方店ともに公式サイトでは何も告知されていません。
ビオルネ公式サイト
イオン枚方店 公式サイト

---------------
情報提供求む!
どんな些細なこと、不確かなことでも大丈夫です!
※ここに名前が載るのは上のフォームから情報提供いただいた場合のみになります(載せていいかわからないため)

ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : 開店・閉店 

この記事へのコメント

8. 野次馬A   2012年06月14日 15:02
土地が商店街のものではないでしょう。地権者それぞれのものではないのですか?
とにかく、この倒産はうさん臭さがプンプンします。
地権者や不動産会社やデベロッパーが入り乱れて魑魅魍魎ですなwww
6. 中宮   2011年10月13日 17:09
ビオルネの土地は岡本町商店街の方々のものだったんですね。負債を返済するには、建物を売却するしかないと思います。どこかの投資会社か不動産管理会社が建物全体を購入し、第三者に賃貸する形になると、テナントも様変わりするのではないでしょうか。
5. 淀屋橋アキ   2011年10月11日 11:58
先日、ビオルネ地下の某店の店主にビオルネの今後について聞いてきました。
店主によると、ビオルネの土地はもともと岡本町商店街に所有権があり、ビオルネ消滅後は岡本町商店街が運営するとのことです。
従ってこれまでのテナントが撤退することはないとのことです。
しかし、方針の不一致などで撤退する店舗はあるかも知れませんね。
4. ぺんぎん飼育員   2011年10月04日 20:01
やっぱり駅降りて“見えない”のがネックですかねぇ
でもそれ言うと近鉄どうなんだって話になりますか・・・
3. ぶたにく   2011年10月04日 19:48
あそこの無印はとってもセンスのよい物が置いてあって(特に洋服)他の店と同じものでも手に取りやすかった!!

それにしても わかりやすい分類の図!!

これ、わかりやすい♪
知恵が増えました!ありがとー☆
2. うずらまん   2011年10月04日 16:34
▼駅改札(2階)から直通の通路、もっと早くできてれば、そしてもっと通りやすい設計だったら、状況は変わったかもしれないですね。あと、他のサティがそうだったように1階が食品だったらもっと人が来たように思います。駅から少し離れていて、なおかつスーパーには地下におりないといけないというアクセスの階層の深さは客足を遠のかせる原因になりますよね。オープン当初の土日なんて駐車場は満杯で入れなかったのを知っている者にとってはとても寂しい限りです。でも見た限り魅力的なテナントが少なくなる中でもそこそこお客さんは入っているんだけどなぁ…。
1. えびちゃん   2011年10月04日 12:27
ビオルネの破産といい近鉄百貨店の閉店といい
枚方市駅周辺は最近暗い話題が続いていますね。
かつては京阪沿線随一の商業地でしたが
今は見る影もありません。
対岸の高槻と比較しても衰退がよくわかります。