市の労働組合と議員の1会派が公開でケンカしてる。話が誤植から組合の政治活動に発展

120119DSC02448

自治労枚方市職員関係労働組合」と枚方市議会議員の会派「未来に責任・みんなの会」(岡沢龍一議員、清水薫議員、岩本優祐議員、木村亮太議員)が公開質問状という形でケンカしてます。(もう終わってるかもしれないですけど。)

詳しくは下に示すリンク先で見ていただくとして、とりあえず簡単に説明します。

「未来に責任・みんなの会」が発行した冊子で「ごみ収集職員」と記述すべきところを「ごみ職員」と誤植してしまう

そこに組合が目をつけて「差別表現だ」と公開質問状を4議員の自宅に送付。(「まさか誤植じゃないだろう」という言い回しで追求しているこの公開質問状にも誤植あり)

「未来に責任・みんなの会」が「誤植でした。ところであなた方、選挙活動してない?」と逆公開質問。(先の公開質問状と同じ論法で誤植を指摘するというカウンター攻撃を織り交ぜる←ここ必見)

組合が回答「投票依頼とは考えてません」

公開質問状ということで一応冷静に見える文章ではありますが、議員さんたちが相当怒っていることがわかります。たぶん自宅に送られてきたことも怒りの原因としてあるんじゃないですかね。

それぞれの公開質問状は各議員さんの公式サイトで見れます。

岡沢龍一議員 公式サイト
清水薫議員 公式サイト
岩本優祐議員 公式サイト
木村亮太議員 公式サイト

そして今回の騒動の当事者ではありませんが、高橋しんすけ議員が公式サイトで「解説者」的役割を果たしております。

4.11桜満開そして勃発! 高橋しんすけ議員報告

4月11日の日記から読んでいくとよくわかりますよ。市役所内での反応なども書いてあってむしろこっちのほうが理解が深まります。

この件は誤植のほうよりも、むしろそれがきっかけで話題に出てきた組合による政治活動のほうに話が移って大きくなってます。

どういうことかと言いますと、組合が選挙期間中に配ってたというチラシを見ると明らかに特定の候補をプッシュをする内容にしか見えませんが、組合が使っている事務所は無償で提供されており、つまり税金を使って特定の候補を支持する政治活動をしてるんでないのという点を指摘しています。

「どっかで聞いた話やな」と思った方もいると思いますが、大阪市の橋下市長が当選した選挙のときにも大阪市の組合による政治活動が問題となりました。

↓そのへんの橋下市長のTwitterまとめ

ひとつだけツイートを引用すると、

というわけであります。

掘り下げるとキリがありませんので、詳しくは各リンク先からいろいろ見てみてください。


ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : 話題 政治