パナソニックのバスケ部「トライアンズ」の休部が決定。元三洋電機のバドミントン部も

先日パナソニックのバスケ部「トライアンズ」が活動休止を検討中という記事をアップしましたが、正式に休部が決定したそうです。

↓プレスリリース
121031パナソニック01
バスケットボール部、バドミントン部を休部 パナソニック

トライアンズだけでなくパナソニック バドミントンチームも休部が決定。バドミントンチームは元三洋電機で、オグシオなども三洋電機の所属でした。拠点はトライアンズが枚方のパナソニックアリーナ、バドミントンチームは大東市の大東スポーツセンターです。

110919パナソニックアリーナ01
パナソニックアリーナ

休部になる理由は、すでに大きなニュースになってるので知ってる人も多いとおもいますがパナソニック自体の経営不振にあります。2011年度決算では7721億円の赤字で、2012年度決算では500億円の黒字になると予想していたのが、今回の休部決定と同じ10月31日の別のプレスリリース(→PDF)で2012年度も7650億円の赤字になるという予想に修正されました。すんごい額ですねぇ。

バスケ、バドミントンが休部となることによって、パナソニックのスポーツ活動は野球部、バレーボール部、ラグビー部の3つに絞って運営されるとのことです。

関連リンク
パナソニック トライアンズ 公式サイト
パナソニック バドミントンチーム 公式サイト
ライター:カズマ カズマ

この記事へのコメント

2. 星ヶ丘民   2012年11月02日 20:15
まあ7000億円も赤字を出したら休部もやむなしですかね。
早く黒字化して復活してほしいものです。
1. トライアンズ活動継続を求める会世話人   2012年11月02日 13:18
パナソニックトラインズ休部を取り上げていただき、感謝申し上げます。休部後にもチームが地元に残ることを熱望していきます。今後もよろしきお願い致します。