1935年に豪雨で牧野らへんの線路などが水没したときの写真がヤフオクに出品されてる

枚方の古い写真がYahoo!オークションに出品されてます。

↓こちら

大阪毎日新聞(今の毎日新聞)による『写真特報』(たぶん掲示板とかに張るやつ)で、今から77年前の1935年(昭和10年)に枚方の京阪国道や京阪電車の線路などが水没してる写真が載ってます。

↓写真特報の文章
水禍惨たる 大阪府下 枚方町付近
再び京阪地方を襲った豪雨は十日夜に入り更に猛威を振ひ各河川氾濫濁流の海と化し六月末の水禍以上の惨状を現出した(上・濁水に没した京阪国道、下・流失した防垣内橋と中央に横たはる京阪電車線路) 

1枚が京阪国道(たぶん今の府道13号京都守口線(旧1号線))で、もう1枚が京阪電車線路だそうです。『再び』『六月末の水禍以上』とありますが、枚方市史を見てみたところ確かに昭和10年6月29日に京阪神で豪雨があったと書いてありました。

1枚目は道路だけなのでどこだかわかりませんが、2枚目はけっこう引いた写真なのでどこだか気になります。

説明に『流失した防垣内橋』とありますが、今も穂谷川の牧野幼稚園のところにある橋がそんな名前なので2枚目は牧野付近の写真のようです。そういえば牧野駅から南側の線路は高架化される前は現在よりも東(穂谷川より)にあったらしい(→牧野駅 Wikipedia)ので、防垣内橋と近かったはずです。

写真をよく見ると「く」の字を鋭くしたような型の道があるように見えなくもないですが、もしかして現在もある川沿いと住宅街のほうに分かれていく道でしょうか。

↓ここ

大きな地図で見る

どうだかわかりませんけれども。ぜひリンク先で写真を見てみてください。

出品は1000円で、記事作成時点で入札はありません。

ライター:カズマ カズマ

この記事へのコメント

3. 左京   2013年11月23日 08:43
昔は大阪方の高架になる辺りから北側の穂谷川の堤防下辺りを走ってました。
路面跡は元京阪タクシーの車庫と住宅になってます。
2. カズマ@ひらつー   2012年11月24日 19:43
Wikipediaに「駅・西南側の線路を移設して高架化」とあるのは、もしかしたら駅舎自体も移設したということじゃないですかね?そこまで考えてませんでした^^;
1. 牧野っ娘   2012年11月24日 18:07
変電所は元線路の上に建てられたそう
なので位置的には、ほぼピッタリです。

ただ昔、牧野駅のウィキを読んで
疑問に思ったのが元線路の位置から
牧野駅のホームへは急カーブに
なります。カーブ是正目的だったらしいですが、そもそも走れないぐらい急。

昔は車両が短くてホームも
もっと京都寄りで端が終わってたの
かもしれないですが・・・