牧野駅前に京阪電車の安売切符の自動販売機ができてる

牧野駅前に京阪電車の安売切符の自動販売機ができています。

↓こちら
安売切符-1410081

安売切符-1410083
↓地図ではこの位置


安売切符-1410082
大阪王将牧野店の隣にあります。

安売切符-14100810
斜め前にはライフが。

安売切符-14100811
反対方向には牧野駅がすぐそこにあります。

安売切符-1410088
ロッカーみたいなのが隣についていまして、これは回収BOXとのこと。

安売切符2-1410081
藤岡税理士事務所というところが設置した模様。なんで税理士さんなのか気になるところです。
そして空箱との記載があるので、切符はもしかしたら箱に入った状態で出てくるのかもしれません。
 
安売切符-1410084

安売切符-1410085
赤色の切符は土日祝日のみ使える切符で、青色が平日のピーク時(始発~10時、16時~終電)以外と土日祝日に使える切符、白色はいつでも使える切符のよう。

安売切符-1410086
「※切符の有効期限は、概ね2~3ヶ月程度先まで有効です。当販売機の切符は通常の切符と同じように、どの駅からも乗車でき、乗り越し精算も可能です。」との記載。

一体どういう仕組で安売り切符を販売できるのか気になったので調べてみると、この自販機もそうだとは限りませんが、回数券を分割して販売することにより格安切符の販売を実現しているようです。
京阪電車の回数券の場合、「普通回数券」「時差回数券」「土・休日割引回数券」というものがあり、それぞれ10回分の料金で11回・12回・14回分だけ電車に乗れるという制度があります。(詳しくは京阪電車の切符のページへ)

仮に牧野から京阪に乗って、一番降りる人が多そうな京橋や淀屋橋、祇園四条などの定価350円区間で切符を使う場合、土日祝日なら300円で50円得、平日のピーク時以外だと320円で30円得、平日のピーク時なら330円20円得といったところ。
ちなみに一体業者さんはどれ位儲かるのか上の区間で計算してみると、赤色の切符の場合1枚あたり250円になるので300円だと50円、青色だと28円、白色だと11円の利益になるようです。
 
京阪電車の立場では何ともいえない感じかもしれませんが、自販機設置者と利用者としてはWIN-WINな感じなので、牧野駅から電車を利用する際に覚えておくと選択肢の1つとして良いかもしれませんね。


※「makinojou」さん、情報ありがとうございました!
■■■情報提供求む!■■■

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

この記事へのコメント

5. 株価八千円割れ   2014年10月13日 16:43
1回だけ使う方なら自販機がお得かもしれませんが、
もし3ヶ月以内で往復5回以上使う方や、
ご家族連れで数回利用されるなら、
普通に回数券かった方が安いですよ。
4. 儲かるのか??   2014年10月13日 06:30
ためしに買わんとw
3. ぬかよろこび   2014年10月12日 00:20
樟葉にもほしいなあ。でも京阪敷地内は無理だから、駅から離れますよね…。
あ~それでもいいから、ほしい(~_~;)
2. forza   2014年10月12日 00:01
このテの自販機は正規運賃との価格差がより大きいJR沿線の駅付近ではだいぶ前から有りましたよ。

箱に入っているのは、タバコ自販機を転用しているから、商品を入れるスペースがそのサイズなのでしょうね。
1. mtd   2014年10月11日 20:09
数字にめっちゃ弱い私には
難しくてよく理解できてませんが、
とにかく「お得」って事ですね?www