12/14(日)は枚方宿くらわんか五六市。フード、雑貨、アクセなど262店舗出店。五六呑道では料理対決や参加費無料のグルメツアーも!

12月14日(日)は枚方宿くらわんか五六市の開催日です!

五六市(ごろくいち)とは、毎月第二日曜日に枚方市駅~枚方公園駅の京街道沿いで開催されていて、雑貨や食べ物など毎回200店舗ぐらいの出店がある手作り市。江戸時代にあった「枚方宿(→Wikipedia)」が東海道56番目の宿場だったことから「五六市」と名付けられています。

0914五六市-7-2
枚方市駅~枚方公園駅間なのでそこそこ距離がありますが、歴史街道をブラブラと歩きながら見て回るのが醍醐味です。

0914五六市-10-2
公式ブログで当日のイベントなどについて告知されています。

↓12/14の出店者一覧やイベント情報。(クリックで拡大)
1214map1

1214map2

数えてみたら、今月は262店舗ありました

12月は
こどもライブペインティング
というイベントがあります

ライブペインティング
パステル画家明日香さんによるライブペインティング企画 大きいキャンバスを広げ、みんなで来年の干支であるヒツジを描きます。 大きいキャンバスにお絵描きなんて、なかなか出来ないですよね この機会に是非どうぞ〜

参加者:15組
小学生を中心とした子どもたち。乳幼児は保護者同伴。
先着で受付けますのでお早めにお申し込み下さい!
開催場所:三矢会館1会(枚方市三矢町6-10 三矢公園の隣の建物)
時間:13時〜14時頃
参加費:1人500円(画材代として。当日お支払い下さい。)
持ち物:タオルや着替えなど
全身汚れるので、汚れても良い服装でお越し下さい。
お問合せ:mail@ironone.info(アトリエ色のね/明日香まで)
お申し込み申し込みフォームよりお願いします。
お申し込みの際は、【①保護者の方のお名前・②参加されるお子様のお名前・③年齢・④連絡先電話番号・⑤連絡先メールアドレス・⑥その他質問など】をご記入ください。

さて、毎月五六市に行っているくら@ひらつーが個人的におススメする「must see!」のコーナー
今月オススメしたいのは⑤本部前会場の「boca」さん。

boca-7
店主さんにオススメリュックを背負って頂きました・・・がサイドしか写ってない 後ろの白いリュックの色違いでございます。ちなみにおさや@ひらつーは黒色バージョンを愛用中

boca-8
カラフルでポップなバッグが沢山

boca-2
くら@ひらつーはこういうゆる〜いキャラクターが好きなのでいつも見に行ってしまいます

boca-10
「HEY!ウチの店に来れば、きっと元気が出るぜ〜 見に来てくれよなっ」・・・という事で是非チェックしてみて下さいね〜

そして同日、川原町商店街では「五六呑道(ゴロクノミチ)」(12時〜15時)が開催されます。 五六呑道とは、昼のみ・アート・音楽 をメインに色んな企画で街を盛り上げよう!というイベント。

五六呑道かぼちゃ-2-2
恒例イベントとなりつつある料理対決は12月も開催 12時スタート、15時まで。テーマは「熱々料理」との事。現在Facebookで発表されている料理はこちら。

*つみれ豆富
*ふろふき大根の揚げ出し
*ホットカクテルとサンドウィッチ
*カレーとウインナーのラップランド揚げ
*ゴロゴロお肉のミニミニビーフシチュー
*アヒージョ
*一口火鍋
*トマト蒸し餃子
*餡掛けチャーハン

そして今回から
五六呑道グルメツアー
が始まります。
 
五六呑
参加費無料で料理対決全10数店舗を試食で回ります 2時間ほど各店を周り試食、最後に美味しかった料理に投票する、というツアー。15時からは覇王樹(サボテン)さんでミニライブもあるそうですよ
先着10名様です。参加予約は黒毛和牛ひらかたまで〜(TEL:072-841-8929)

五六呑-2
五六呑道のFacebookページには、過去の写真も沢山載っているので要チェーック

また、ひらつーオフィスのある枚方鍵屋別館にもお店がたくさんあるのでぜひお立ち寄りください 別館ってどんなお店が入ってるんやろか という方の為に!別館のお店を紹介している記事があるので、是非こちらもご覧下さい。

0914五六市-2-2

◇関連リンク
・枚方宿くらわんか五六市 公式サイト
・五六呑道 Facebookページ


ライター:くら くら

この記事へのコメント

7. トオリスガリ   2014年12月14日 22:32
細かい指摘をするのは
団塊の世代だろうか。
いちいち許せないのだろうな。
楽しく見ればよいものを。
6. 山田   2014年12月14日 13:45
2のゆってぃさん、説明ありました。
http://www.gorokuichi.net/
ここの、来場者さんへ の中に名前の由来が書かれてます。

良く耳にするのは東海道五十三次。
その終点は京都で、宿場町は53番目が大津。
京都から延長された東海道は、

54次が伏見、55次が淀、56次が枚方、57次が守口。
大阪の終点は、京橋。
枚方は、東海道56番目の宿場町

だそうです。
延長されたけど、53のままということでしょうかねー。
5. 京街道の今日子   2014年12月14日 11:49
39市でお野菜買ってきました。
白菜1玉 ¥100!!
4. 斉藤歯科の松尾です   2014年12月13日 23:30
12/14は枚方市駅前ビルサンプラザ3号館で
サンプラザ「39市(サンキューいち)」も開催されます!
五六市、五六呑道といっしょに39市もよろしく
お願いします!
3. 通りすがり   2014年12月12日 23:13
江戸時代には東海道に京街道(大阪街道)の伏見、淀、枚方、守口を加えて考えていたこともあるからですね。
2. ゆってぃ   2014年12月12日 20:53
ふと思ったのですが東海道って五十三次だったような・・・なぜ五六市?
1. ぴらかたしみん   2014年12月12日 12:26
五六市の写真、直近のかと思ったら、
夏の写真ですね~。
今との温度差を感じます。