「そらとぶぱん舎」の『ブーメラン』『パネコ』『めろんぱん』など【ひらつーグルメ】

ひらつーメンバーが自分で食べに行ったお店を紹介する【ひらつーグルメ】

今回は、枚方市役所の近くに今年2月にオープンした
そらとぶぱん舎(や)
におさやが行ってきました!
 *価格・メニュー内容は2017年4月29日時点のものです。

今回ご紹介するのはこちらの4つ!
空とぶパン舎-17
【左】ブーメラン(150円)内税
ブーメランの形が愛しいパン。食べてみると、ほんのり塩味で甘いバター風味が感じられます。
外(特に端っこ)はコリコリしていて、中はふわふわでありそうでなかった感じ。シンプルなんだけど個性的。小腹が好いた時のおやつにピッタリで、まとめ買いしていつでも手元に置いておきたい!

【右】パネコ(105円)内税
優しいスマイルが印象的眺めているだけで癒されます
食べてみると、生地が卵黄色だ!と分かるくらいにたまごが濃いことに驚きます!!
素朴で優しい味なので、お子さんのおやつにもぴったりだと思います。

店主さんに伺ったところ、上の2つはお店を始めたときからずっと販売されていて、そらとぶパン舎さんの代表パンとのこと。毎月第2日曜日に開催されている五六市にも長く出られているので、ご存知の方も多いかと思います!

続きまして、
空とぶパン舎-20
【左】たっぷりチーズのクッペ(250円)内税
ゴロゴロ大きめカットの香ばしいチーズがたーっぷり入っていて、ずっしり食べ応えがあるパン。最初の一口から最後までチーズを堪能できます。腹持ちもいいのでお昼ご飯にピッタリ。このパン以外にもハード系のパンが充実していますよ〜!

【右】めろんぱん(190円)内税
カタカナではなくひらがな表記なのがすごく納得できる、素朴で優しい『めろんぱん』。どこかなつかしく、手づくりの愛を感じました。ちょうどいいサイズ感で食べるとほっこり、心がほっとします。
個人的に行ったら毎回買ってしまいそうです!
▽店内の様子。
空とぶパン舎-9
パン屋さんには「自分で取る式」と「店員さんに取ってもらう式」の2種類がありますが、空とぶパン舎さんは『取ってもらう式』。

五六市のような対面販売で、「うわ〜どれにしようかな〜迷うなぁ」「今日はこれがおすすめですよ」とか、店主さんとお話を楽しみながらお買い物できるのがすてきだなぁと思いました

▽外観の様子 
空とぶパン舎-1
4/29祝日の開店すぐ(11時頃)にお店に行ったのですが、ひっきりなしにお客さんが来られてずっと行列ができていて、みるみるうちにパンも売れてしまって、、、ただただすごかったです。

気になる方は早めにお店に行くのがおすすめですよ。

開店記事にもありましたが、お店前の手作り感満載の看板がとても個性的(笑)
空とぶパン舎-2
店主さんも『なんとかしないといけないんですが…』とおっしゃっていましたので近いうちに表札看板が出来るのかも知れないですが、個人的には今のままでもとてもステキだと思います(笑)

ちなみに、店内には「そらとぶぱん舎」というステキなロゴ看板がありますよー。
空とぶパン舎-8
インテリアも素朴でかわいい。店主さんの大好きとこだわりがいっぱい詰まった、ステキなお店です。
ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

※営業日はお店のブログでご確認ください!
▽今日5/12以降の2017.5の営業日はこちらです。
5/12,5/14(五六市出店),16,18,20,23,26,27,30,31

◇そらとぶぱん舎(や)
住所 枚方市大垣内町2丁目17-2
定休日 不定休
営業時間 11:00~売切れ次第終了 
駐車場 なし
関連リンク 
※営業時間・価格などは2017年4月29日時点の情報です。

MAP


これまでのおさや@ひらつーのグルメ

ライター:おさや@ひらつー おさや@ひらつー