戦後すぐ津田〜香里園の京阪バスの路線ができたことが原因で起きた事件はなに?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓
Q.戦後すぐ津田〜香里園間の京阪バスの路線ができたことが原因で起きた事件はなんでしょう?


a.バスの乗務員が殴られる
b.地面陥没して、道が通れなくなる
c.ここの路線を走りたい乗務員同士で殴り合い
d.ものすごい渋滞ができた(車800台ほど)

ひらつー内正解率 0%

0181b2be

正解は…
a.バスの乗務員が殴られる
でした。

なぜ殴られたという経緯はこちら↓
1951年、1953年と京阪バスは増資を行い、従業員、保有車両も増えていきました。

その中でバスが走る路線も増加していきまして、1953年には新しく「津田〜香里園」間のバスの路線が開通。

これは延長8.2kmで、津田から倉治・茄子作、東香里を経て香里園駅までを結ぶものでした。

この路線、利用者には喜ばれたとのことですが…思わぬところから不満の声が出てきたんだそう。
それが香里商店街の人々からの不満だったんだとか。

当時、沿道の香里商店街では道路の舗装がされていなく、さらに道幅は6mくらいでかなりの急坂であったため、バスが泥や砂利をはね飛ばし、商品が泥で汚れたりガラスが割れるなどの被害がでたそうです。

そのうえ、商店街の客足が減り、売上も30~50%も減少。

そして、不満が溜まっていく中、バスが軽い事故を起こしたことをきっかけに商店街の人々がバスの乗務員を殴打する事件が発生したんだとか。
※枚方市史p210~211を参照
まあ、そんな時代もあったねと(中島みゆき風)って感じですね〜。

香里商店街がどこの商店街を指しているのか不明ですが、沿道ということですし、関西医大側ロータリーから坂道を上っていくあたりでしょうか。


ちなみに選択肢の「d.ものすごい渋滞ができた(車800台ほど)」はチャペルココナッツが開業した当初にできた車の凄い行列の台数です。




枚方つーしんではひらかたクイズのネタ投稿を募集しています!
記事に採用されるとなんとAmazonギフト券500円が必ずあたります!