豊臣秀吉が屋敷を建てたのは枚方市内のどこ?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!!

今回のクイズはこちら!
Q . 豊臣秀吉が屋敷を建てたのは枚方市内のどこでしょう?

a.  万年寺山
b.  御殿山
c.  田口山
d.  山之上


ひらつー内正答率 100%

答え:a. 万年寺山

でした!
万年寺山2

枚方市駅と枚方公園駅のちょうど中間にある小高い丘が「万年寺山」です。

1595年、秀吉は京都と大阪の中間点にあたるこの地に「御茶屋御殿」(おちゃやごてん)を建て、家臣の枚方城主・本多政康の娘、乙御前(おとごぜん)を住まわせたのだそうです。

1679年に焼失し、現在は展望広場として整備されています。

枚方八景の「万年寺山の緑陰」としても知られていて、頂上には意賀美神社(おかみじんじゃ←いがみじゃないです)もあります。

五六市に来られた際に一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか!




ライター:シュン@ひらつー シュン@ひらつー