豊臣秀吉が屋敷を建てたのは枚方市内のどこ?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!!

今回のクイズはこちら↓

Q . 豊臣秀吉が屋敷を建てたのは枚方市内のどこでしょう?

a.  万年寺山
b.  御殿山
c.  田口山
d.  山之上

特に関係ない御殿山駅前…ですが、御殿山って答えのところと名前が似てるね!

さて、豊臣秀吉が屋敷を建てたのは枚方市内のどこなんでしょうか…!







正解は…

aの万年寺山です!

万年寺山2

枚方市駅と枚方公園駅のちょうど中間にある小高い丘が「万年寺山」です。

1595年、秀吉は京都と大阪の中間点にあたるこの地に「御茶屋御殿(おちゃやごてん)」を建て、家臣の枚方城主・本多政康の娘、乙御前(おとごぜん)を住まわせたのだそう。

1679年に焼失し、現在は展望広場として整備されています。

枚方八景の「万年寺山の緑陰」としても知られていて、頂上には意賀美神社(おかみじんじゃ←いがみじゃないです)も。

五六市など枚方市駅〜枚方公園駅に行く際に一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか!



(※この記事は過去にアップした「ひらかたクイズ」を加筆・修正して再アップした記事です)

■■■情報提供求む!■■■

投げ銭コーナー

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について