FCティアモ、全社関西予選2回戦の奈良クラブソシアス戦は4-0で快勝。初の全国大会への切符を掴んだ一戦

枚方からJリーグを目指すサッカークラブ「FCティアモ枚方」。
前回に引き続き第53回全国社会人サッカー選手権関西大会の7月30日に橿原陸上競技場で行われた2回戦の試合結果をお届けします。

まずは動画から↓


全国社会人サッカー選手権関西大会とは?
全国社会人サッカー選手権に出場するための予選大会。
関西大会を勝ち抜き、全国社会人サッカー選手権に出場し、さらに上位3チームになると全国地域サッカーチャンピオンズリーグに出場する権利が与えられます。全国地域サッカーチャンピオンズリーグの上位2チームはJFLへと昇格することが可能。つまりはJFL昇格へのルートの1つです。

1
©Jun HATA

対戦相手の奈良クラブソシアスは、強豪サッカークラブ「奈良クラブ」における、Jリーグを目指さないチームです。
第53回全国社会人サッカー選手権関西予選2回戦
7月30日(日) 11:00キックオフ
FC TIAMO枚方 vs 奈良クラブソシオス(奈良県)
@橿原陸上競技場

【スコア】合計 4-0
~前半 1-0~
20分 1-0 No.8浦
~後半 3-0~
55分 2-0 No.11木田
68分 3-0 No.11木田(No.24岡田)
87分 4-0 No.4金泉(No.10加藤)
※( )内はアシスト選手

1
©Jun HATA

この試合に勝てば第53回全国社会人サッカー選手権への出場が決まるという大事な一戦。
相手は、奈良県1部リーグに所属する奈良クラブソシオスでした。

スターティングイレブン↓
スターティングイレブンは
GK No. 31石田
DF 右からNo.8浦、No.4金泉、No. 3藤代、No. 5新地
MF 右からNo.6小川、No.10加藤、No. 14吉村、No. 24岡田
FW No. 11木田、No. 17山浦

サブメンバー
No. 21白川、16柳、No. 2吉田、No. 28川崎、、No. 18豊田、No. 19上村、No. 23原田

交代 55分 No. 17山浦 → No. 2吉田
65分 No.6小川 → No. 23原田
77分 No. 24岡田 → No. 28川崎

ハイライト↓ 
1
©Jun HATA

序盤からサイドを起点に攻め込み再三シュートを放ちますが、なかなか得点を奪うことができません。相手のロングボールを多用する攻撃に対しては、チャンスを作られる場面もありましたが、ディフェンスラインを中心に得点を許しませんでした。

1
©Jun HATA

均衡した時間続くと、前半20分、左サイドを突破したNo.23岡田のクロスをNo.17山浦がヘディングシュート、ゴールポストに弾かれたところをNo.8浦が押し込んで先制。1-0。
追加点がほしいところですが、厳しい暑さから運動量が上がらず、追加点を奪えないまま前半が終了します。

1
©Jun HATA

後半に入っても立ち上がりからサイドを起点に攻め続けると、後半15分、相手のミスから中央にいたNo.11木田のもとにボールが渡ると冷静にゴールへ流し込み2-0。

1
©Jun HATA

待望の追加点を挙げるとチームの勢いも増し、後半28分にはNo.24岡田からのパスを受けたNo.11木田がこの日2点目を挙げ3-0。

1
©Jun HATA

ロスタイムにはNo.10加藤のコーナーキックからNo.4金泉がヘディングで叩き込み4-0で試合終了。
初の全国社会人サッカー選手権への出場を掴み取りました。全国の強豪チームとの試合を楽しみにしながらも、良い結果を残せるようしっかりと準備をしていきたいと思います。

1
©Jun HATA

本日も暑い中、スポンサーの皆様およびサポーターの皆様を始め、多くの方々に会場へ足を運んでいただきましたことを感謝申し上げます。
少しの中断期間を挟んで再びリーグ戦が始まりますが、優勝を目指して頑張りますので、引き続きご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

※ハイライト部分の文章はFCティアモによるものです。

<第53回全国社会人サッカー選手権大会予定>
2017/10/13(金)~2017/10/18(水)
場所 福井県坂井市
対戦相手は8月19日に行われる抽選で決定(全32チームが参加)
 
山本監督コメント

1
©Jun HATA

まずは今日の奈良クラブソシオスさんの選手1人1人の粘り強さや直向きな姿勢には、本当に学ぶべき事がたくさんあり、勉強させられました。
何度もゴールできると思う場面でも必ず、ゴールカバーに入りクリアされ、あの暑さのコンディションの中でも最後までその姿勢を崩さずファイトしている姿は、人の心も動かしていました。
結果的に勝利することができましたが、その姿勢には我々も学ぶべき姿勢だと感じました。
今回の試合も反省し、また次に向かいたいと思います。
2017年シーズンも半分以上が過ぎ、本当の勝負はこれからです。
再度日々のトレーニングからしっかりと今の自分達と向き合い、この8月を有意義に活動していきたいと思います。
いつもFCTIAMO枚方を応援して頂きありがとうございます。
またピッチの上で躍動する姿をお見せ出来る様にトレーニングに励みます。
引き続きご支援ご声援の程よろしくお願い致します。

選手コメント

1
©Jun HATA

No.11 FW 木田 直樹 選手
スポンサーの皆様、ファンの皆様、暑い中応援ありがとうございました。
皆様のおかげで、全国社会人サッカー選手権本大会出場を決めることが出来ました。
試合の内容は、不甲斐ない内容で申し訳なかったです。何本もチャンスがありながら、ゴールを奪えず、先週の試合(VS.関学クラブ)のような内容になりそうでしたが、チーム全体で焦らずプレーを出来た事が4得点に繋がり、DF陣も最後まで守り切り無失点で終えたのは良かったと思います。リーグ戦再開まで少し期間が空くので、課題をしっかり克服し、もう一段階レベルアップをめざし『JFL昇格』に向けて頑張っていきたいと思いますので応援宜しくお願いいたします。

1
©Jun HATA

No.8 MF 浦 紘史 選手(キャプテン)
今日は遠いところ応援ありがとうございました!
無事全国への切符を手にすることができました。しかし、あくまでもここは通過点であり本当の戦いはこれからだと思っています。
もっと上を目指して日々の練習から意識をもって、とり組んでいきたいと思っています。
スポンサーの皆様、サポーターの皆様、FCティアモ枚方に関わってくれている皆様、これからも引き続き応援よろしくお願いします。

以上、FCティアモ枚方の全国社会人サッカー選手権関西大会2回戦の結果でした! 全国大会出場、おめでとうございます!

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : スポーツ