八幡も舞台の小説「京都寺町三条のホームズ」の作者、望月麻衣のサイン会がくずはモールで開催されるみたい。限定100名で9月18日

石清水八幡宮や八幡の松花堂も舞台になっている小説「京都寺町三条のホームズ・8〜見習い鑑定士の奮闘〜」の作者、望月麻衣さんのサイン会が水嶋書房くずはモール店で開催されるようです。

20170719くずはモール-4
(くずはモール)
水嶋書房くずはモール店のTwitterに告知がありました↓

上記画像を見てもらうとわかりますが、表紙の画像自体も石清水八幡宮となっております。

京都寺町三条のホームズはWikipediaによると、骨董品鑑定と京都探訪、それにまつわる日常の謎解きと、主役2人の恋模様を中心にしたストーリーの小説だそう。

投稿コミュニティサイト『エブリスタ』にて連載していたところ、2015年に双葉文庫から書籍として刊行。(話はWEB版と書籍版で異なるそうです)
2016年には京都本大賞で受賞されています。(→望月さんの公式ブログ

また、八幡にある松花堂も舞台となっているようで、Twitterにその旨が載っていました↓


サイン会の予約は電話(072-857-2528)にて予約、もしくはお店で直接とのこと。
サイン会は京都寺町三条のホームズ8巻が対象書籍とのことですし、八幡、もしくは京都と縁がある方はこの機会に一度お読みになってみてはいかがでしょうか。

◇関連記事
これまでの本関連の記事

※「くまきち」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー