Facebookグループ「枚方が好きやん」がポイントカード『YANCA』をリリース。加盟店の売上1%を花火大会等の枚方を盛り上げるイベントに寄付

一般社団法人「枚方が好きやん」が、使う毎に枚方の振興イベント用に寄付されるポイントカード『YANCA(やんか)』をリリースしたようです。

上記リンク先のこちらのページにYANCAのコンセプト等が掲載されています。簡単にいうと100円で1ポイントたまり、1ポイントは1円で使用できるサービスなんだそう。

一般社団法人「枚方が好きやん」は、Facebookグループ「枚方が好きやん」を運営する団体で、Facebookグループは記事作成時点で9200人を越える巨大グループ。市民目線での枚方の情報が掲載されていて、情報だけでなく「大人の部活動」などのコミュニティとしても活用されています。

YANCAはポイントカードを利用した際の加盟店の売上の1%を、一般社団法人枚方が好きやんに寄付することになっていて、そうして集まったお金を枚方の花火大会や賞金のあるイカダレース、ギネスに挑戦するなどの枚方を盛り上げるような楽しいコトやモノを提供するために使用されるそう。

一般社団法人枚方が好きやんの代表の余田慎太郎さんといえば、枚方で花火大会を復活させようとしてるグループ「Light up OSAKA」の渉外室長の方ですし、そういったかたちで花火大会に繋がる感じでしょうか。

インタビュー-15071502
(枚方で花火大会を本気で復活させようとしてるグループの代表にインタビューしてきたより、右の方が余田さん)

なお、YANCAは8月1日から発行が開始されていて、プレスリリースには2017年7月現在で加盟店は20店舗との記載が。加盟店は1年で100店舗を目指しているとのことです。

入手方法は加盟店にて配布予定。加盟店に関してはこちらのページをどうぞ。

このカードによって、より枚方が盛り上がっていくとステキですね!

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : 話題