御殿山にあった貴族の別荘「渚の院」の桜を見て短歌を詠んだ人は誰?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓

Q 御殿山にあった貴族の別荘「渚の院」の桜を見て、
「世の中に たえて 桜のなかりせば 春の心は のどけからまし」
と詠んだ人は誰でしょう?

A.在原業平
B.藤原俊成
C.坂上田村麻呂
D.杉井吉通

ひらつー内正答率 20%

渚の院

答えは、
A:在原業平
です!


のどかな春の日に爛漫と咲く渚の院の桜の華麗さと、それがやがて散ってしまうはかなさが物悲しく歌われています。

御殿山の桜-1

ちなみに、「古今和歌集」にも収録されています。
(懐かしい響きですね〜)

■参考資料
「郷土枚方の歴史」P66 第2章 古代の枚方

◆関連リンク
ひらかたクイズとは

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について