「中核市に、おれはなる!」枚方市長が今の“特例市”より権限の多い“中核市”を目指すことを表明

20110226IMG_1897

枚方市旗(左右逆でスイマセン)

竹内脩枚方市長が「中核市」を目指すことを表明したそうです。

↓にニュース記事が。
20110226hira1

現在の枚方は「特例市」で、自治体として独自にできることの多さは「政令指定都市>中核市>特例市>ただの市」となります。大阪府で現在中核市なのは高槻市と東大阪市。

“中核市にできて、特例市にできないこと”は何かというと保健所の設置や県費負担教職員の研修などがあります。Wikipediaにわかりやすい表があったので詳しくはそちらを見てみてください。

ついでに中核市と大阪市や堺市などの政令指定都市の違いはというと、県費負担教職員の人事権、市街地開発事業の都市計画決定などがあります。→都道府県と政令指定都市の違い Wikipedia

↑のニュースによると市長は一昨年のインフルエンザの流行のときにもっと市民の健康に責任を持ちたいと思ったとのことです。

で、こんな発表があったぐらいだから枚方市議会議員の人たちがこのことについて何かホームページやブログで語ってるかなと思ったらほぼありませんでした(笑) まぁニュースが昨日なのでこれからアップされるのかもしれません。

今のところ唯一あったのが↓の市議会議員さんのサイト。

20110226hira2

これを読む限り、議会には全く事前の連絡がなかったそうです。「いつものことながら」とちょっとお怒りの様子。市長と議会って上手くいってないんですかね(笑)

ところで特定の議員さんのサイトにリンク張ってひらつーが誰かに肩入れしてると思われると嫌なので、今回現職の枚方市議会議員の方々の氏名で一人ひとり検索して全て調べたんですが、まともなHP持ってる人は一握り、ちゃんと更新されてるのは一ツマミといった感じでした。4月には選挙がありますが、ブログなどで普段から情報発信しといてくれたらどんな人なのか判断材料になっていいんですけどねー。たしか選挙期間は更新できなかったと思いますが。
※今回の情報は“松尾@プチクリ&プチプチ情報局”さんからもいただいていました!ありがとうございました!

投げ銭コーナー

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について