明日12日公開の映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督は枚方出身。魔女の宅急便の演出補佐など担当

明日11月12日公開予定の劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」の監督である片渕須直(かたふちすなお)さんは枚方出身だそうです。

上記リンク先には枚方に関しては載っていませんが、こちらのインタビューに枚方出身と記載がありました。
ご本人のTwitterにも枚方に関する発言が↓


と、呟いてる日時的にも「にっぽん縦断こころ旅」で枚方が特集された時だと思われまして、生まれ故郷とコメント。枚方市出身であることは間違いなさそうです。

片渕須直さんは1960年生まれの56歳で、魔女の宅急便の演出補佐や名犬ラッシーの監督、2009年に発表されロングヒットした映画「マイマイ新子と千年の魔法」で監督と脚本をつとめたアニメーション監督。(→Wikipedia

そして明日公開の「この世界の片隅に」はクラウドファンディングで国内映画の過去最高額を記録し、NHKでも特集が組まれるなど話題の映画。能年玲奈ことのんさんが声優をつとめたり、最近ではテルマエ・ロマエでお馴染みの漫画家、ヤマザキマリさんが「この世界の片隅に」について書いたブログも話題になっています。

そんな枚方市出身の片渕須直監督による「この世界の片隅に」、気になってきたという方は映画館へ見に行ってみてはいかがでしょうか!(残念ながら記事作成時点では枚方市内の映画館では上映されておらず、近隣だとエキスポシティや茨木、京都桂川や梅田などになります

◇関連記事
これまでの枚方出身関連の記事


※「ウカスカじじい」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■