広報ひらかたに枚方のワクチン接種について載ってる。3月下旬から接種券を郵送

広報ひらかた3月号に枚方市の新型コロナウイルスワクチンについての取り組みが載っています。

スクリーンショット 2021-02-24 11.44.20
広報ひらかた令和3年3月号
|枚方市公式サイト

名称未設定202102261
(広報ひらかた3月号)

広報ひらかた3月号の最初のページに枚方市の新型コロナウイルスワクチンについての取り組みが載っています。

それによると枚方市のワクチン接種までの流れは、

接種時期よりも前に市から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届く
「枚方市新型コロナワクチン予約・相談コールセンター」に電話、または「市のコロナワクチン予約システム」でワクチン接種ができる医療機関や場所を予約
接種券本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)を必ず持参して予約したところまで行く

といった感じのようです。

なお、ワクチンは2回の接種が必要で、希望する人は全員無料とのこと。
「接種券」については3月下旬以降に高齢者から順次郵送が始まるそうで、予定では4月中からワクチンの接種開始予定になっていました。

名称未設定202102262

接種が受けられる場所については今後市の公式サイトなどで案内があるそうですが、原則住民票がある市町村の医療機関や接種会場だそうです。

広報ひらかた3月号にはその他気になることなども載っていますので、疑問等がある方はぜひチェックしてみては!

さらに枚方市では現在自宅療養をしている方に「パルスオキシメーター」を貸し出しているそうです。

「パルスオキシメーター」は機械に指を挟むだけで血液中の酸素量を測定できるもの。

対象者は原則40歳以上の自宅療養者、または40歳未満で症状から必要と判断した方。

その他にも枚方市では新型コロナウイルスに関する独自の支援などもありますので、対象となる方はチェックしてみてはー!