市駅ちかくにつくってる100m超えの関西医大タワーの高さが関西医大病院と並んでる

旧1号線沿いの関西医科大学附属病院のそばに作っている「(仮称)関西医科大学タワー」の高さが関西医大附属病院と同じくらいになっています。

↓こちら
医大タワー-2102041-2
写真右が関西医科大学タワー。
ほぼ同じ高さに。

以前までは隣のキャンパスと同じくらいの高さでした↓
医科大-2012161

医大タワー-2102041-3
今では結構な差が出ています。
多分カップルの理想的な身長差くらいなのでは。

地図ではここ↓

住所は大阪府枚方市新町2-300-1らへん。

医大タワー-2102047
今高さ的には30mくらいでしょうか?
大きさ的には奈良の大仏が立ち上がった時くらい。(わかりにくい)

医大タワー-2102046
何度か記事にしたことがある「(仮称)関西医科大学タワー」。

用途としては…

タワー棟は遠方から入院患者さんのお見舞いにこられた家族のための宿泊施設機能や、大学の国際交流センター機能、留学生が快適な研究・勉強生活を送るための ラウンジスペース・共同キッチンを持った宿舎を備え、 2021年9月の竣工に向けて工事を進めます。(関西医科大学の広報からの引用

になるんだとか。

昼のタワー棟完成予想図 ↓
タワー棟パース(昼)
完成予想図をみると、4段階で細くなっていくようでした。

医大タワー-21020411
次は枚方ビオルネの高さを超えた時、記事にしてみようかと思います笑。

完成は今年の9月ですし、あっという間にこの周辺で一番高い建物になりそうですね。


以前にも紹介したこちらの超高層ビル・都市再開発などを扱っている個人ブログも更新されていましたのでよかったらどうぞ〜。