妊婦検診の公費負担額、枚方市は全国平均の約半分。大阪府内でも25位

妊婦検診は出産するまでに定期的に受けなければ周産期死亡率が16倍になるのだそうです。各市町村が妊婦検診のための費用を補助しているのですが、枚方市は全国平均の半分以下でした。
LINK:妊婦健診の公費負担 大阪府内平均 全国最低レベル 育児ネット

リンク先に大阪府の各市町村の公費負担額がランキング形式で掲載されています。

妊婦検診には10万円ぐらいの費用がかかり、その半分ぐらいは国が補助することになってますが、あとの半分ぐらいは市町村の判断に任されているそうです。

大阪府で全国平均(85,759円)を超えているのは能勢町のみ。あとは全て平均以下になるのですが、枚方市は40,000円で25位。しかも去年より7,500円アップしてのこの順位です。

ただこういう市町村ランキングを見るとき、やたらと田舎の順位が高くて「もしかしたら人口の多い市町村は何らかの理由で不利なんだろうか?」と思うときがありますので枚方よりも人口の多い他の市も見てみましょう。

人口1位の大阪市 55,250円 7位
人口2位の堺市 68,440円 3位
人口3位の東大阪市 55,000円 8位
人口4位の枚方市 40,000円 25位

20100216omen
「他は順位高いでねがー!!」

ちょっといけてないですね。

ただ、枚方市は妊婦歯科検診を無料にしています。(取扱医療機関一覧
それでも全国平均には及びませんけどね。

言い方は悪いかもしれませんが妊娠って事故みたいなもんでどうしてもお金がないタイミングってのもあると思います。急な出費が負担できず妊婦検診に行かないことで飛び込み出産が増えるという悪い流れになるので、もうちょっと補助してあげてもいいんじゃないですかね?


ついでに。

志村けんの妊婦コント。中身はさほど面白くないですが、懐かしい面々w



ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : 経済 社会