個性派ぞろいの店主各々のこだわりがぎゅぎゅっと詰まった「枚方鍵屋別館」〜1階編〜古道具・婦人用品・アジア雑貨・革製品・食品/調味料・パン【ひらつー広告】

ひらつーメンバーに再加入してから早くも4ヶ月が経とうとしているおさや@ひらつーです
もうすっかりひらつーオフィスが入っている"鍵屋別館の住人の一員"になってきました!さて、今日はその「枚方鍵屋別館」をご紹介していきます

kagiyabekkan-79
もう既に来たことがある人はわかると思いますが、結構変わったつくりの建物です。まだ入ったことがない人は、「この中には一体何があんねんやろ…」と感じるかもしれません。
おそるおそる足を踏み入れて…でも気づいたらぐんぐん奥に入って隅々まで探検してしまうような…
そんな魅力がいっぱい詰まってる商業施設なんです

↓地図ではここ。枚方公園駅から徒歩5分。駅からの行き方はこの記事の最後で改めてご紹介します。


kagiyabekkan-56

なんといっても、目印は正面の「鍵」のマーク。
インパクトのある外観ですよね。

kagiyabekkan-100
向かって2つ左となりに「市立枚方宿鍵屋資料館」があります。ご存知の方も多いと思いますが、鍵屋資料館主屋の「うだつ」の内側と茶色ののれんに、先ほどの鍵屋別館に書いてある「鍵」と同じ絵が使われています。
kagiya-61kagiya-60
詳しい歴史については、鍵屋資料館のホームページをご覧になったり見学してみてください!
鍵屋別館の建物はもともと「鍵屋」の料亭として使われていたそうです。そしてそののち、しばらく廃屋になっていたのが、2011年リノベーションされてきれいに生まれ変わって「枚方鍵屋別館」になりました!(※今は鍵屋資料館と鍵屋別館は全く別物です。)

奥行きがある細長い建物で、現在は3階まで(全5階)、全部で15店舗あります。今まで「開店・閉店記事」・「お店みせて」などでそれぞれのお店はご紹介してきましたが、まとめてご紹介するのは今回が初めて
ただ、15店舗を一つの記事でご紹介するとめちゃくちゃ長くなるので、ワンフロアずつ3回に分けてご紹介しまーす
「この建物はなんやろー?」と気になっていたけど、何となく今まで入る勇気がなくて・・・というあなたにきっと行ってみたくなるはず。 

「枚方鍵屋別館」店舗一覧(平成26年7月現在)→ホームページはコチラ
【1階】今回ご紹介!
*101号室:bitterお店みせて)雑貨・古道具
*102号室:Very開店記事)靴・かばんなどの婦人用品
*103号室:Punchi Lamaiお店みせて)フェアトレード商品
*104号室:きしな屋お店みせて)こだわり食品・調味料の小売り
*105号室:HUE'S DESIGNお店みせて)レザークラフト小物・セレクト文房具
*106号室:ひねもすぱん開店記事) 天然酵母のぱん

【2階】近日中にご紹介します!お楽しみに。
*201号室:tre cipressiお店みせて)オリーブオイル・バルサミコ酢専門店
*202号室:torito teお店みせて)ハンドメイド雑貨
*203号室:Backstube Kornfeldお店みせて)ドイツパン&ドイツ料理教室
*204号室:BLOOM BERRYお店みせて)フラワーアレンジメント
*205号室:枚方つーしん オフィス

【3階】近日中にご紹介します!お楽しみに。
*301号室:ICHICARAお店みせて)陶芸教室兼ショップ
*302号室:加藤珈琲店お店みせて)カフェ
*303号室:HA-nお店みせて)韓国コスメ
*304号室:CASANE開店記事)カフェ・家具・雑貨

それでは早速中に入っていきましょう〜!
kagiya-5

kagiya-14

kagiya-16kagiya-20
1階には自転車置き場、各階にお手洗いもあります。


【1階】
*101号室:bitterお店みせて
kagiyabekkan-74
ひとつひとつの商品をじっくり眺めたくなる、無骨で素朴な味わい深い雑貨が集まるお店。

kagiyabekkan-76
kagiyabekkan-77

kagiyabekkan-75kagiyabekkan-72

kagiyabekkan-71kagiyabekkan-73

bitter(ビター):雑貨&古道具
営業時間:12時〜17時
定休日:不定休(※ホームページでご確認ください。)
ホームページ・ネットショップ:http://bitter.theshop.jp/
店主さんより:渋めの雑貨や味のある古道具、男女問わず使えるミリタリーグッズなど甘さを押さえたテイストのお店です。


*102号室:Very開店記事
kagiyabekkan-66
大人の女性向けのオシャレで実用的なくつやカバンがずらっと並び、きっとお気に入りの一品が見つかるお店。

kagiyabekkan-68kagiyabekkan-69

kagiyabekkan-67kagiyabekkan-65

kagiyabekkan-133kagiyabekkan-132

Very(ベリー):婦人用品
営業時間:11時〜17時
営業日:毎週木、金、土曜日、第2日曜日
ホームページ:http://www1.ocn.ne.jp/~very/index.html
ブログ:http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=VeryVery
店主さんより:『大人の女性が寛いでお買い物できる隠れ家的なSHOP』オリジナル商品を中心にインポートまで幅広いセレクトの靴、バッグ、アクセサリーをロープライスで提供しております。


*103号室:Punchi Lamai
お店みせて
kagiyabekkan-37
作る人も使う人も幸せになれる、ひとつひとつ手作りであたたかいフェアトレード雑貨がたくさん集まるお店。

kagiyabekkan-36kagiyabekkan-38

kagiyabekkan-35kagiyabekkan-34

kagiyabekkan-136kagiyabekkan-134

Punchi Lamai(プンチラマイ):フェアトレード商品
営業時間:11時30分〜17時30分
定休日:月曜日
ホームページ:http://www.punchi.jp/
店主さんより:手つむぎ、手織り、手染め。天然素材&手仕事の服や雑貨にオーガニックスキンケアなど。作る人も使う人も幸せになれるフェアトレード。心地良い暮らしを見つけに来てください。 


*104号室:きしな屋お店みせて
kagiyabekkan-13
いつ行っても新しい発見がある!店主さんが日本中を探しまわって見つけてきた本物のこだわり食品・調味料のお店。

kagiyabekkan-15kagiyabekkan-14

kagiyabekkan-12kagiyabekkan-11

kagiyabekkan-112kagiyabekkan-111

きしな屋:こだわり食品の小売
営業時間:10時30分〜17時30分
定休日:月曜日(※月曜日が祝日の場合は営業、翌日火曜日が振替休日)
ホームページ・ネットショップ:http://kishinaya.shop-pro.jp/
店主さんより:自ら全国各地の生産者様へ直接出向くため、食品小売りでは当店でしか買えない商品も多数取り揃えております。


*105号室:HUE'S DESIGNお店みせて
kagiyabekkan-30
ここでしか買えない!丁寧で繊細な手づくりの革小物やかばん、セレクト文房具など様々な個性的な雑貨がいっぱい集まるお店。

kagiyabekkan-27kagiyabekkan-26

kagiyabekkan-29kagiyabekkan-31

kagiyabekkan-24kagiyabekkan-25

HUE'S DESIGN(ヒューズデザイン):レザークラフト小物・セレクト文房具
営業時間:11時〜15時
定休日:月曜日(※イベント等により変更あり)
Facebookページ:https://www.facebook.com/kagiya105
店主さんより:オリジナルのレザー、ファブリック、紙製品を作りデザインから製作にいたるまで全て一人で行っています。手作りにこだわり当店でしか買えないものを販売しております。


*106号室:ひねもすぱん開店記事) 
kagiyabekkan-157
五六市や56unでもおなじみ、天然酵母・国産小麦使用の毎日通いたくなる身体に優しいまちのぱん屋さん。

kagiyabekkan-155kagiyabekkan-156

kagiyabekkan-154kagiyabekkan-150

kagiyabekkan-151kagiyabekkan-153

ひねもすぱん:天然酵母のぱん
営業時間:11時〜17時半
定休日:月曜日、第1土曜日、日曜日
ホームページ:http://xn--88jwbnb5fye.com/
ブログ:http://hinemospan.seesaa.net/
店主さんより:ぶどう種の天然酵母と国産小麦を使って『毎日食べても飽きないシンプルな食事ぱん』を作っています。商品すべてについて、 卵・乳製品・動物性食品は一切使わず『噛む』ことを大事に考えたぱんとおやつです。


以上、鍵屋別館の1階店舗のご紹介でした!
予想以上に様々なジャンルと個性的なお店が集まっているでしょう!?
もうこの時点で両手が買い物袋でいっぱいになってしまいそう(笑)

鍵屋別館の醍醐味その①:店主とのおしゃべり

個性派の店主さんとのおしゃべりは、ここでのお買い物の醍醐味の一つ!

店主さんに「これはなんですか」と一声かけてみれば、よくぞ聞いてくれました!と言わんばかりに、「この商品はね〜」と楽しい会話が始まりますヨ。きっと新しい発見や知らなかったことを知れる機会になると思います。

私事ですが、以前は友人や家族などへのプレゼントは大阪や京都の大型雑貨店などで買うことが多かったんですが、最近は鍵屋別館や五六市のお店の方が「ここにしかない!」って思えるとっておきのプレゼントが見つかるので、ここらで買うようになりました。もちろん、店主さんと色々お話しながら〜

あなたにとっての「とっておき」を見つけに、是非「枚方鍵屋別館」に遊びに来てくださいね

それでは、次回の記事では2階へ進んでいきま〜す!お楽しみに
kagiyabekkan-59

下は枚方公園駅から枚方鍵屋別館までのアクセス方法です

京阪枚方公園駅。
鍵屋別館-1
ひらかたパーク方面とは逆の出口から出ます。

鍵屋別館-2
この商店街に入ります。青少年センターやたこ焼きたくちゃんなどがあります。ここを突き進んで…

鍵屋別館-3
「西見附」についての解説板のある交差点で右折します。写真の右の自転車がとまっているところが「mani cafe」と「Note Gallery」です。

鍵屋別館-5
まっすぐ進んでいくと左手に見えてきます。こちらが枚方鍵屋別館。

◇関連リンク
枚方鍵屋別館 公式サイト

kagiyabekkan-57
淀川の河川敷から見た鍵屋別館。



ライター:ひらつースタッフ ひらつースタッフ