作家で環境保護活動家で探検家のC.W.ニコル氏が基調講演する「みどりのシンポジウム」が5/2(土)に開催。アンケート回答で無料で花苗もらえる

作家で環境保護活動家で探検家のC.W.ニコル氏が基調講演する「みどりのシンポジウム」が5/2(土)13:00〜 枚方市民会館大ホールで開催されます。
 
みどりのシンポジウム-5
(※クリックで拡大)

〜開催概要〜

開催日時:2015年5月2日(土)午後1時〜5時(開場12時30分)
場所:枚方市民会館大ホール
講演テーマ:「人と自然の共生〜森が育むもの〜」
定員:1,200名
入場:無料(※事前申し込み制)
市民会館大ホール

枚方市HPによると、昭和50年より毎年開催している「枚方市緑化フェスティバル」が、今年で40周年を迎えるそう。記念事業として、「人と自然の共生」や「みどりと人の健康」をテーマとした講演をはじめ、私たちの住むまちのみどりの将来像を考えるパネルディスカッションなどを行う「みどりのシンポジウム」を開催します、とのこと。

こちらが、今回第1部で基調講演をするC.W.ニコル氏。
みどりのシンポジウム-7

名前は聞いたことがあるけど、実際どのような人なのか少し調べてみました

C.W.ニコル氏公式サイトによると、1940年7月17日英国ウェールズ生まれ。作家、環境保護活動家、探検家。多数の小説や随筆を出版。世界中の森を旅し、環境を保護する活動をしている。

17歳でカナダに渡り、世界各地で調査研究や環境保護活動を行う。1962年に空手の修行のため初来日。1980年長野県に居を定め執筆活動を続けるとともに、1986年より森の再生活動を実践するため、荒れ果てた里山を購入し『アファンの森』と名付け、その後「一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団」を設立し理事長となる。1995年7月日本国籍を取得。

つい先日4月18・19日には東京の代々木公園で開催された「アースデイ東京2015」にて、ニコル氏監修のフォレストキッチンで自らキッチンに立ち、シカ肉料理などをふるまったようです。過去の写真も見れました。 
 
調べていくと止めどなかったのですが、C.W.ニコル氏は環境分野の世界ではかなりすごい人で、「みどり」というテーマを語るにはピッタリの人物だと言うことがわかりました。特に自然が好きな人はきっと興味深く、楽しめるのではないかと思います。

みどりのシンポジウム-3

第2部では千葉大学大学校園芸学研究科准教授の岩崎寛氏の講演、第3部ではパネルディスカッションが開催されます。パネリストには、先ほどのお2人と枚方市長の竹内脩氏、野田奏栄氏も加わります。コーディネーターとして増田昇氏が壇上に上がるようです。

事前申込制のようですので、気になる人は忘れないように、ご注意くださいね

▶︎参加申し込み方法(先着1,200名まで)
住所・氏名(参加者全員の名前)・電話番号を明記の上、メールかファックスかはがきで申込み。
メールアドレス:sp@kiku-fm779.com
ファックス:072-843-8686
ハガキ:〒573-0032 枚方市岡東町12-1-201FMひらかた宛
ちなみに、アンケート回答者には花苗がもらえるそうです



上でご紹介した「みどりのシンポジウム」以外では、下のようなスケジュールで様々なみどりに関するイベントが開催されています。

みどりのシンポジウム-8
 
みどりのシンポジウム-9

また、緑化フェスティバルの様子は取材に行って後日【ひらつーレポ】でご紹介する予定です。市職員さんの手づくり花苗とリサイクルチップの堆肥が先着200名に無料でもらえるとのことなのでゲットしたいと思います

「どこに行っても人でいっぱいやしなぁ〜」とまだ予定を空けたままの人は、C.W.ニコル氏の自然についてのお話を聞いて感化されて、残りのGWをアウトドアで楽しく過ごす!というのはいかがでしょうか

私も年2回くらいキャンプに行きたいくらいにはアウトドア好きなので、興味あります。これからの季節、キャンプや釣り、登山、ハイキングなどアウトドアに繰り出したい!ところですね。

みどりのシンポジウム-1みどりのシンポジウム-2
 (※クリックで拡大)

□関連リンク
枚方市HP
C.W.NICOL Official Web Site
Wikipedia 
イベントカレンダー  
ライター:おさや@ひらつー おさや@ひらつー