リフォームは若作りじゃない、若返りだ!見学もできる築39年のマンションの大リフォーム【ひらつー不動産】

こんにちは!最近私が布団を干すと雨が降ります。雨女のふろ@ひらつーです。

今回のひらつー不動産は、そんなふろ@ひらつーと対極の晴れ男たちがいるあの会社。
52338bce
(↑前回記事より)

㈱フォワードBHLより、

築39年マンションリフォームのご紹介です!
16029615
こちらのお部屋が・・・

こうなりましたーーー!!
F−BHL-37
面影・・・ない!

F−BHL-34
ない!!面影どこ行った〜〜?!

しかし!!使える箇所はきちんと残して、うまくコストカットしながらリフォームしてあるんですよ〜
詳しい内容は記事内でじっくりご紹介したいと思います!

施工は、枚方市桜丘にある㈱フォワードBHL
86161f89
これまで、ひらつーでは太陽光発電設置に関する記事で度々ご登場いただきました。

【これまでのフォワード関連記事】
フォワードBHLの記事
20
 ・その他フォワード住宅情報に関する記事はコチラ

そのフォワードがリフォームを手がけた、
京都市伏見区の向島ニュータウン C棟1001号室に早速行ってきました
F−BHL-153
青いフォワードの垂れ幕が目印のお部屋です。

オープンハウスのお知らせ
6月27日(土)・28日(日) オープンハウスを開催します!
詳しくはフォワードBHLにお問い合わせ下さい!
 電話:0120−075−901

F−BHL-85
迎えてくれたのは、フォワードの藤倉さん(左)と川岸さん(右)。

なんと、こちらのマンションリフォーム。
既存の収納デッドスペースの収納化など、限られたスペースを有効活用しているとのこと。

ひらつー内にも収納を求めて悩めるメンバーが。
すどん@ひらつーの場合〜
悩むすどん-1
すどん「こんな妖怪(カァズパーっていいます)に住みつかれてるんですが、いい寝床を作ってやれる部屋ありませんかね〜?」

川岸さん「ありますよ!そんなすどんにオススメはここ!」
F−BHL-95
川岸さんこちらの6.5帖の洋室には奥行きたっぷりの収納があります!マンションでこれだけ広い収納を6.5帖の部屋につけているのは贅沢でしょう!」

▶ちなみにカァズパーが活躍する記事はこちら

ばばっち@ひらつーの場合〜
収納求めるメンバー-2
ばばっち「お気に入りのお菓子、誰かがすぐ全部食べちゃうんです!
ちょっと隠して置けるとこほしーい!」

藤倉さん「そんなばばっちにオススメはここ!」
F−BHL-89

F−BHL-88
藤倉さん「廊下の収納には、天袋収納があります!ここにちょっと入れておけば、なかなかバレませんよ!」

カトゥー@ひらつーの場合〜
収納求めるメンバー-3
カトゥー「結婚しても、奥さんにはお茶目ないたずらしたいな〜そんな工夫とかあれば最高やな〜」
と、結婚生活を妄想中。

藤倉さん「そんなカトゥーの妄想にはここがオススメ!」
F−BHL-104
藤倉さん「キッチン横にある縦長の収納です!奥様がお料理している時、ここに隠れて脅かせば、ドッキドキ間違いなしです!!」

驚かせて怒らせないように、この中で妄想だけしても良さそうですね(笑)

さぁ
ひらつーメンバーの悩みを解決させた、これらの収納を持つフォワードBHLのリフォームマンション。
一体どのようなものなのでしょうか!?

それでは、順番に見て行きましょう!

まずは、リフォーム前の間取りから。
【Before】
madori-2
赤丸で囲った『DS』とは、『デッドスペース』のこと。

【After】
madori-3
マンションにデッドスペースは勿体無い!
赤丸してあるのは、収納を増やした箇所です。
デッドスペースを無くし、その分廊下側に収納を増やしたり、水まわりのスペースを広げたそう。

実際に中へ入ってみます
玄関内
【Before】
Before-22

Before-31
玄関から廊下の部分。

【After】
F−BHL-66
どうでしょうかー!!
見た目は激変
向こうに見えるあのドアを開けると、ハワイみたいなマリンブルーの海が広がっているんじゃないか、と勘違いしそうな空間

眺めていると向こうのドアが開いて・・・
F−BHL-63
海ではなく、マリンブルーの藤倉さんが出てきました

右手見える姿見とその横の取っ手は新しく作られた収納。
F−BHL-58
開くとこんな収納。

F−BHL-90
そして、左手にはもともとの収納。
その上には、先ほどばばっちがお土産を隠した天袋収納もあります。

F−BHL-87
取っ手はこんなデザイン性のあるものに替えています。
ちょっとした工夫でオシャレに見せる技が光ります

お次は
洋室1(6.5帖)
【Before】
Before-24

【After】
F−BHL-51
ドア側から。

F−BHL-56
窓側から見るとこんな感じ。
何度も言いますが、とても築39年とは思えない!

F−BHL-54
そしてこちらの収納は、冒頭で妖怪カァズパーを住まわせるのにオススメされた収納。
確かに広い!

BASE CAMP-193 (1)
よかったね、カァズパー(笑)

洗面所・お風呂
【Before】
Before-39
洗面所・お風呂場の入り口

【After】
F−BHL-81

【Before】

Before-21
幅60cmだった洗面台が・・・

【After】
F−BHL-91
幅90cmのワイドな3面鏡の洗面ドレッサーに

F−BHL-76

【Before】そして、お風呂はこちら↓
Before-18

【After】
F−BHL-73
お風呂はパナソニックのシステムバスを採用

F−BHL-79
洗面所とお風呂場の床には段差もありません
水まわりのリフォームは、フォワードBHLの得意とするところ

トイレ
【Before】
Before-14

【After】
F−BHL-70
トイレはINAX アメージュV
そして、一部デザインクロスを貼ることで、デザイン性もアップ

洋室2(6.0帖)
【Before】
Before-7

Before-6
向こう隣にある和室と繋がっている引き戸がありました。
ここから出入りするため、タンスや棚を置けませんでした。

【After】
F−BHL-45
引き戸を無くし、完全な壁に!

F−BHL-47
先ほどの洋室とは違った、濃い目のブラウンのフローリングとクローゼット。
実は、フローリング、クローゼット共にリフォームしていません
(※クリーニング等はもちろん行っています!)

その訳は、前に入居されていた方が引っ越しの前にリフォームされていたそうで、状態が非常にいいものなので、そのままにしたそうです。
使えるもの、新しくするものを見極めて、うまくリフォームすることで、コストカットにつながったり、浮いた分を他のところへ回せたりするんですね

フォワードのみなさん-1
藤倉さん綺麗なものまでリフォームする必要はないんです。
このフローリングのように残しておけるものをそのまま利用したり、既存の収納を塗り替えるだけ、取っ手を替えるだけでも大きな効果があります。

その分、キッチンやトイレ、洗面、そしてお風呂などの機能が上がって便利になる部分にお金をかけました。

それでは、いよいよLDKへ行ってみましょう
LDK(約20帖)

L時型の大LDK〜!
F−BHL-34
(ベランダ側から)

F−BHL-48
手前はもともと和室でした。

つまり、和室を完全に無くしてリビングにつなげるという大改装

【Before】
〈リビング〉
Before-5

リビングはこんな感じでした。

Before-4

〈キッチン〉
Before-8

〈和室〉
Before-1

Before-3
左側がもとリビングに繋がる引き戸。
正面が洋室2に繋がっていた引き戸です。

もう一度、どう変わったのか見てみましょう!
〈リビング〉
F−BHL-30

F−BHL-16

〈元和室部分〉
F−BHL-18

正面の壁は、デザインクロスが貼ってあります
F−BHL-124

フォワードのみなさん-2
川岸さん
「こちらのリビングは南側に面しているにも関わらず、和室の壁があったので、暗〜い印象でした。
家が明るくなると、本当に雰囲気がガラッと変わります!

住まいの明るさが、そのまま家庭内に持ち込まれる。それは決して雰囲気だけじゃなく、家族の明るさにつながります!それがリフォームの醍醐味です!

〈キッチン〉
F−BHL-39

F−BHL-27
システムキッチンはLIXIL/シエラ
▶LIXIL/シエラ公式サイトはこちら

F−BHL-100
キッチンの隣には、冷蔵庫がおける窪んだスペースがあって・・・

F−BHL-102
そのサイドには、先ほどカトゥー@ひらつーが妄想の結婚生活で奥様を驚かせるときの隠れ場所にオススメだと言っていた収納があります

F−BHL-104
奥に見えているのはマンションの配管。
配管の出入口はどのマンションも出入り出来るようになっているのですが、実はデッドスペースになりがちなところ。

F−BHL-43
こんなに広い!
デッドスペースにするには勿体無い

どうせ扉をつけるなら、収納スペースも作ろう!というアイデアから生まれた箇所です。
ゴルフバックなんかも入りそうですね

最後はこちら
配管
実は、今回のリフォームでは、配管工事も行っています。
F−BHL-143

587acfa7

フォワードBHLブログより
実は、水道やガス配管も、既存配管への継ぎ足しではなく、新しく、大元のパイプスペースから引き直しているので、見た目だけでなく、機能でも、新築のマンションとなんら遜色はありません。

なんと!
若作りじゃなく、若返りのリフォーム! 
 
若返りが可能とは・・・う、羨ましい〜(笑)

全工事内容と工事費用

それでは、このマンションで行われたリフォーム全容を詳しくみてみます!
【工事内容】
・システムキッチン取り替え
・システムバス取り替え
・洗面化粧台取り替え
・便器(ウォシュレット付き)取り替え
・給湯器取り替え
・壁・天井クロス張替え
・床フローリング張り替え(洋間6帖間一室以外)
・廊下、玄関、洗面所、トイレ照明器具取り替え(LED照明)
・和室を撤去し、20帖弱のリビング・ダイニングへの変更
・無駄なデッドスペースを無くして、収納スペースを増設
・コンセント増設
・テレビ配線増設
以上、

これらのリフォームの総工事費は・・・

390万円(税別)

更にこちらの部屋は、モデルルームとなっていて、見学ができるほか、物件販売も同時開始!
その物件販売価格は・・・
1,290万円(非課税)

フォワードの号外『フフフ!ニュース』にも記載されています↓
表

裏
(クリックで拡大できます)

いかがでしたか?
フォワードBHLのマンションリフォーム

マンションという限られた空間の中に見つかったデッドスペース。
それが僅かであっても、有効活用できるようにと工夫された今回のリフォーム。

F−BHL-141
ご紹介してくれた川岸さん(右)と藤倉さん(左)
【 川岸さん藤倉さんからのコメント】
「今回は『少ない費用で大きな効果』がテーマでしたが、それは外見だけのリフォームというわけではありません!見えないところもピカピカです

これだけの費用で、ここまで出来るということを知っていただきたいです!
そして、ローンを組むにしても毎月の支払い額は新築一戸建てに比べてウンと負担が少ないので、若い方にも選択肢の一つにして欲しいですね。

こちらのモデルハウスの見学はご希望があれば、随時ご案内いたします
6月27日(土)・28日(日)にはオープンハウスを行いますので、お気軽にお越しください!」

築39年ということをすっかり忘れてしまう、素敵なお部屋でした

マンションリフォームが気になった方、京都でお部屋を探している方、デットスペースをどうにかしたいと思っている方、若返りマンションに是非お問い合わせ下さい

【おまけ】
メンバーの収納の悩みを解決しているマンションがあると聞きつけ、ふろ@ひらつーもコソコソとやってきました。
収納求めるメンバー-4
ふろ「ばばっちが買ってきたお菓子を全部食べたのがバレちゃって・・・!私が隠れられる収納場所ありますか?」

藤倉さん「ふろ@ひらつーは、ばばっちに正直に謝りなさい。」

ちゃんちゃん

ここまで読んでいただいた方にフォワードBHLより、お得な情報

5~7月Tポイントキャンペーン
・太陽光発電・リフォーム工事の見積依頼をいただいた方に、Tポイント 1,000ポイントをお付けします!(他社で御見積中の方も大歓迎)

・さらにご成約の場合、御契約金額100円に1ポイント、Tポイントをお付けします!(150万円→15,000ポイント)

詳しくはこちらまでお問い合わせ下さい
logo_marklogo_typo-(1)

a53605e4
お見積もり・お問い合わせは
TEL : 0120-075-901
(無料ダイヤル)

営業時間:9:00 ~ 18:00 (定休日:日曜・祝日)
「ひらつーのリフォーム記事を見た」とお伝えいただくと話が早いと思います!

■フォワードBHL 公式サイト


ライター:ふろ@ひらつー ふろ@ひらつー