枚方の魅力を発信する最新アプリは「ひらかたパパーク」に「保育料金シミュレーション」!?ゼロからアプリを作るイベントに密着してみた【ひらつーレポ】

2016イベントレポート-5

イベントなどに実際に行ってご紹介する【ひらつーレポ


枚方市主催の“オープンデータ”を活用したアプリ制作イベント「ひらかたアプリを作ろう!」が、2月12日(日)・19日(日)の2日間にわけてひらばで開催されました!
(注:オープンデータとは、行政など特定の機関が持っている情報を、商用利用・二次利用可能で、かつ機械判読にも適したデータ形式で提供すること。詳細はこちら

チラシ
(*画像クリックでPDFページへ移動します)


スケジュール
2日間にわけて行われるこちらのイベントは、枚方市のオープンデータを活用し、短期間でアプリ制作の企画から完成までを体験できる内容となっています。

20170219アイディアソン-26
IT業界を中心に、2014年ごろから一気に全国各地へ広がり、現在も盛り上がりを見せるイベントなのだそうで、クロ@ひらつーが実際にどんなイベントなのかを取材させてもらいました!

今回のイベントで制作するアプリのテーマは
「子育て」「健康」「教育」等の魅力発信。

20170217アイディアソン・ハッカソン-99
「人が集まるまち・枚方」
を合言葉に、枚方で役立つアプリやWebサービスのためのデータやアイデアを、アイデアソン・ハッカソン形式で考えていきます!
アイデアソン・ハッカソンとは枚方市HPより)
アイデアソン…アイデアとマラソンを掛け合わせた造語。特定のテーマについて、アイデア創出やビジネスモデルの構築などを短期間で行うイベントのこと。

ハッカソン…プログラミングに取り組むことを意味する「ハック」とマラソンを掛け合わせた造語。IT技術者やアイデアを持つ方がチームを作り、特定のテーマに対し、技術やアイデアを持ち寄り、短期間(1日~数日)にアプリケーションなどを作り出し、成果を競うイベントのこと。 

それでは2日間にわたって開催されたイベントの様子をダイジェストでお届けしていきますー!

1日目 アプリアイデア考える!

20170217アイディアソン・ハッカソン-1
開場とともに続々と来られる参加者のみなさん。

20170217アイディアソン・ハッカソン-6
参加者の方の年齢層も幅広く、お仕事でプログラミングをされている方から現役大学生の方も。
必ずしも専門的な経験や知識が必要なイベントではないので、気軽に参加することができるのも魅力の1つです。

20170217アイディアソン・ハッカソン-11
参加者の方が揃い、いよいよイベントスタート。
はじめに司会進行を務められる国際航業の山本さんから開催主旨・ルールなどのご案内があり、

20170217アイディアソン・ハッカソン-15
枚方市役所の情報推進課の巽(たつみ)さんから開会の挨拶が。

講師-1
(左から:大阪大学産業科学研究所 准教授の古崎 晃司さん、一般社団法人リンクデータ代表理事の下山 紗代子さん)

会場にはイベント全体をサポートされる2名の講師の方も。

1日目でメインとなるのは、アプリ制作のための情報インプット企画作成
20170217アイディアソン・ハッカソン-30
具体的な企画を作っていく前に、子育て、教育、ITなど各分野で取り組まれている専門の方から、アイデアの材料となるお話がありました。

20170217
(左から:インフォラウンジ合同会社 小林巌生さん/枚方市子育て事業課 岡本京子さん/CoderDojo枚方 角田一平さん)
トピックには、「子育て支援アプリ」「枚方市の子育て事業」「子ども向けのプログラミング教室」と3つの話題を紹介。取り組みの中で工夫されていることや課題点などをお話されていました。

20170217アイディアソン・ハッカソン-39
ゲストの話題提供から枚方市でも活かせることや、アイデアのヒントとなる情報をどんどんメモしていきます。

20170217アイディアソン・ハッカソン-47
アイデアをまとめていく前に、ウォーミングアップを兼ねて参加者同士の自己紹介・ディスカッションタイム。

20170217アイディアソン・ハッカソン-65
最初は少し緊張している様子だった参加者の方も、自己紹介を通じて自然と笑顔に。

20170217アイディアソン・ハッカソン-69
自己紹介を終えた後は、テーブルごとに「人が集まるまち・枚方 を実現するために必要なことは?」をテーマにディスカッションしたところで午前の部は終了。

アプリアイデア選定キッズたちも登場!

20170217アイディアソン・ハッカソン-75
昼食をはさんで、ゲストのお話やディスカッションを通じて浮かび上がったアイデアを参加者同士で交換していきます。

20170217アイディアソン・ハッカソン-78
2人1組となってアイデアを順に伝え合い、それぞれ良いと思ったアイデアや新しく思いついたひらめきをメモ。

20170217アイディアソン・ハッカソン-84
参加者同士のアイデア交換を一通り終えると、次は思い浮かんでいるアイデアをそれぞれシートに記入していきます。

20170217アイディアソン・ハッカソン-89
記入したアイデアシートはテーブルに広げて見て回り、

20170217アイディアソン・ハッカソン-90
どのアイデアをアプリ制作の企画として実行していくかを、シートに直接チェックを入れて選出していきます。


大人たちがアイデアを選出している中、

20170217アイディアソン・ハッカソン-94
お隣のスペースでは、同時開催イベントとして子ども向け無料プログラミングワークショップ「CoderDojo枚方」が行われました!

20170217アイディアソン・ハッカソン-125
7歳〜17歳を対象にしたワークショップとなっていて、子どもたちが創りたいこと・実現したいことを大人のエンジニアが一緒になって考えるイベントです。

20170217アイディアソン・ハッカソン-118
参加しているお子さんが主体となりアイデアを形にしていき、

20170217アイディアソン・ハッカソン-135
プログラムを作ったあとは発表タイム!

20170217アイディアソン・ハッカソン-132
発表ではどういうプログラムを作ったのか・工夫したポイントなどを紹介していき、大人も子どもも釘付けになっていました。


「ひらかたアプリを作ろう!」のイベント紹介に戻り、
20170217アイディアソン・ハッカソン-107
先ほどの選出時間でアイデアシートにチェックをもらった上位の方は、

20170217アイディアソン・ハッカソン-101
アプリ制作の企画として採用され、みんなの前でアイデアの詳細を発表していきます。

20170217アイディアソン・ハッカソン-104
発表後、制作したいと思った企画ごとに参加者は分かれていき、

20170217アイディアソン・ハッカソン-116
集まったメンバーはチームとなって、2日目の本格的なアプリ制作に向けて詳細を決めていきます。

20170217アイディアソン・ハッカソン-121
より具体的になった内容をチームごと発表したところで1日目は終了。

2日目アプリ作る

20170219アイディアソン-29
1週間後に行われた2日目は、いよいよアプリの制作に取り組んでいきます!

20170219アイディアソン-13
2日目は前回の振り返りからはじまり、イベントスタート。

20170219アイディアソン-23
この日までにチーム内で連絡を取り合い、準備を進められていた参加者の皆さん。

20170219アイディアソン-17
再会して早々に進捗を確認し合う様子は、短い期間で作られたチームとは思えない結束力を感じます。

20170219アイディアソン-34
夕方の発表時間に向けて、各チーム議論を重ねていきます。

20170219アイディアソン-7
会場には制作していく上で必要なアイデアスケッチ・ペンなどの備品や、お菓子やドリンクなど気分転換できるモノも豊富に用意されていました。

20170219アイディアソン-31
発表時間が迫るにつれて、作成したアプリの動作確認や

20170219アイディアソン-25
発表資料の確認など、各チーム発表に向けてラストスパートをかけます。

発表

20170219アイディアソン-27
参加者それぞれに投票用紙が配布され、1番良かったと思うチームにチェックし投票。


20170219アイディアソン-35
投票数や講師の方たちによる審査をもとに、上位2チームが最優秀賞・優秀賞として選ばれます。

20170219アイディアソン-37
発表の順番はくじで決められ、名前を読み上げられたチームから順に発表していきます。

20170219アイディアソン-46
発表内容には、公園の施設情報をまとめてお出かけ時に便利な育児支援向けのアプリや、

20170219アイディアソン-52
枚方の生活知識をクイズ形式で知ることができるアプリなども。

20170219アイディアソン-48
発表の形式は自由なので、パワーポイントで資料を作ったり、

20170219アイディアソン-57
スマホを使って、アプリを動かしながら紹介するチームもありました。

20170219アイディアソン-66
一通りの発表が終わると、実際にアプリに触れつつ意見交換タイム。

20170219アイディアソン-60
発表の中で気になったことを質問したり、意見を伝えあったりと皆さんとっても真剣です。

20170219アイディアソン-71
どのチームも様々な角度から枚方の魅力をとらえていて、皆さんどのチームに票を入れるかをすごく悩まれていました。

20170219アイディアソン-73
投票・審査も終わりいよいよ結果発表!!

気になる上位2チームの作品内容はこちら▼
20170219アイディアソン-78
最優秀賞は、「チームたけのこの里」の皆さん!

アプリ2
アプリ名:で、結局なんぼもらえて、なんぼ払うの?
「保育料っていくらかかるの?」「助成金っていくらもらえるの?」などの疑問を簡単に解消!質問に答えるだけで、子育て費用をシュミレーションできる便利アプリ。
 

20170219アイディアソン-75
優秀賞は、「公園育Day」チームの皆さん!
 
アプリ
アプリ名:ひらかたパパーク  
「遊具のある公園はどこ?」「あの公園にトイレはあるだろうか?」公園の検索、遊具・トイレの有無等の情報を知ることができるアプリ。パパがこのアプリを使うことでスマートな対応ができ、パパ株アップ間違いなし。
 

上位の2チームが見事選出されました。おめでとうございますー!

講師のお2人から講評がありました。
20170219アイディアソン-83
下山さん「今回このようなイベントに初めて参加された方が8割以上だったにもかかわらず、チーム内のチームワークが素晴らしかった」

20170219アイディアソン-80
古崎さん「各チームのアイデアが非常に優れていて、すべての作品を1つのアプリとして集約したら最強のモノができる」と各チームの作品を賞賛されていました。

20170219アイディアソン-87
2日間にわたって行われた「ひらかたアプリを作ろう!」は、参加者の皆さんの笑顔の写真撮影で幕を下ろしました。

20170219アイディアソン-41

取材を担当したクロ@ひらつーの感想
取材する前は専門知識がないと楽しめないのかと思っていたのですが、プログラミングに馴染みがない方でも気軽に楽しめるイベントで、参加者の方の半数以上がプログラミングが未経験であったことに驚きでした。

コワーキング全体2
(イベント会場となったひらば)
興味があったけど参加できなかったという方は、次回開催された際はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

以上、ひらつーレポでした! 

ライター:クロ@ひらつー クロ@ひらつー