津田サイエンスヒルズに保育所つくってる。ヒルズ内の企業や近隣住民が対象。来年4月開所予定

津田サイエンスヒルズに保育所を作っています。

↓こちら
20171010津田サイエンスヒルズ-6
見に行った時には工事中。この場所には以前、のり面(→Wikipedia)がありました。
地図ではここ↓

住所は津田山手2丁目1-1です。

20171010津田サイエンスヒルズ-8
すぐ近くにはひらかた眺望でも紹介した「空見の丘公園」があります。

20171010津田サイエンスヒルズ-3
こっちに行くと前述した空見の丘公園などがあり、道なりに進むと第二京阪やスパバレイ枚方南がある方へ。

20171010津田サイエンスヒルズ-1
反対方向に行くと丁字路があり、そこを左に曲がると北大阪高等職業技術専門校森下仁丹などが。

津田サイエンスヒルズの案内図↓
20171010津田サイエンスヒルズ-9
写真中央あたりにある、赤色の津田サイエンスコア部分に保育所ができます。

20171010津田サイエンスヒルズ-2
記事作成時点では建物の様子はわからず。

概要標識↓
20171010津田サイエンスヒルズ-5
予定建築物等の用途欄に保育所との記載が。
工事期間が平成29年2月28日〜6月30日までとありますが、期間が変更になったのかもしれません。

20171010津田サイエンスヒルズ-7

保育所については津田サイエンスヒルズの公式サイトにも情報があり、完成イメージなども掲載されていました。

そちらによると吉泉産業の企業内保育所を開放し、津田ヒルズ地区の21社と北大阪高等職業技術専門校の職員、近隣の自治会住民を対象にした施設になるとのことで、保育定員は19名で開所予定。

吉泉産業といえば、津田サイエンスヒルズにある食べ物などをスライスする業務用機械のメーカーで有名な企業。ひらつーでも少し紹介したことや、社内食堂の吉泉食堂が一般に開放されたときにも記事にしています。

個人的に「食堂につづいて、保育所も開放するんや!」ってビックリしました。笑

景色のいい場所にできますし、子どもたちがのびのび過ごせそうな保育所となりそうですね。

◇関連記事
これまでの津田サイエンスヒルズ関連の記事
枚方の開店・閉店まとめ2017


ライター:クロ@ひらつー クロ@ひらつー