市駅東改札口前で堂島ロールのモンシェール元シェフによる枚方に関連する素材を使ったロールケーキ売ってる。5月2日までで1日30本限定

枚方市駅東改札口前にある「ひらかた観光ステーション」で枚方に関連する素材を使用したロールケーキ『七降るロール』が販売されています。

七降るロール-1804281
(ひらかた観光ステーション)

お話を伺ったところ、「七降るロール」はモンシェールのエグゼクティブシェフだった方が枚方に関連する素材を使用したロールケーキ。企画された方が枚方出身ということもあり実現されたそうで、枚方・交野銘菓になれば、とのこと。

立て看板↓
七降るロール-1804282
今回のロールケーキはめっちゃこだわっている生クリームに加え、長尾にある多田製茶の抹茶と、これまた長尾にある北條製餡所のホイップできる白あんを使用しているという、枚方成分の高いロールケーキとなっているそうです。

七降るロール-1804284
なお、七降るロールはまだ試験販売ということもあり、4月26日から5月2日までの限定販売で、1日あたり30本限定だそう。販売時間は13時からです。

七降るロール-1804286
実際にいただいてみたところ、クリームのふんわり感たっぷりの、部位ごとに抹茶・白あんが楽しめる高級感あるロールケーキでした。時期的に帰省の手土産なんかにも良さそうです。

観光ステーションで売っているということもあり、文化観光協会所属のくらわんこもキッチリ食べていました↓

限定ということもあり、くらわんこが大量に食べる宣言もしているので、手に入れるのは難しいかもしれませんが、5月2日までの間に枚方市駅に用事がある方はぜひ。

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー