市役所がスプレー缶の処理方法について改めて発信してる。枚方市の捨て方は『中身を使い切って缶に穴をあけずに排出日に捨てる』

枚方市役所がスプレー缶の処理方法について改めて発信しています。

1
スプレー缶の排出方法について
| 枚方市ホームページ

札幌でのスプレー缶爆発事故(→ニュース記事)をうけ、12月18日に枚方市役所は改めてスプレー缶の捨て方についてアナウンス。

上記リンク先より引用↓
当市では、スプレー缶の排出については、中身を使い切って、缶に穴をあけずに缶、びんの排出日にお出しください。

使い切れず中身が残っているスプレー缶については、中身を無理に取り出そうとせずそのまま当市が行っている中身入りスプレー缶の出張回収および拠点回収をご利用ください。
とあるとおり、中身を使い切って穴をあけずに捨てるのがポイント。

中身が残っているスプレー缶に関しても記載があるとおり、残っている場合は拠点回収出張回収も行われています。

ごみ減量フェア-27
(田口にある穂谷川清掃工場)

拠点回収とは名前のとおり常設の回収場所で、枚方市の場合は穂谷川清掃工場および東部清掃工場で持ち込み回収が行われています。平日の9時から17時受付。

出張回収は清掃工場から市役所へ出張して回収するかたちで、市役所のページによると直近は枚方市役所津田支所にて来年2月19日。

その次は3月19日の市役所本館にて。時間は10時30分~12時。

出張回収に関してはちょっと時間があきますし、大掃除の際に中身入りのスプレー缶等を処理したいと思った方は、各清掃工場へと直接持っていった方がよさげです。

なお清掃工場への粗大ごみなどの持ち込みは12月29日までですが、電話で確認したところスプレー缶等の持ち込みに関しては12月31日17時までとなっておりました。年始は共に1月4日スタートだそう。
年内にごみ処理したい方はお早めにどうぞ。


※「 TH130」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■
ライター:すどん すどん

カテゴリ : 話題