2020年度バレー男子日本代表チームに中宮中出身の大塚選手が選ばれてる。パナソニックパンサーズの選手も多数

バレーボール2020年度男子日本代表選手に中宮中学校出身の大塚達宣選手が選出されています。

スクリーンショット-2020-03-02-10.11.01
2020年度男子日本代表チーム
|公益財団法人 日本バレーボール協会公式サイト

大塚選手は、現在早稲田大学に所属する枚方出身のバレーボール選手。

大塚選手といえばまだ中宮中学校に在学中にバレーのジュニアオリンピックでオリンピック有望選手に選ばれていたり↓


洛南高校に進学した際にも、『スーパー2年生エース』として洛南高校のこれまでの春高バレーでの記録を更新させたり↓

U-19日本代表に選ばれたりと、なんだかすごい選手。

バレーボール日本代表は男女ともに通称「龍神NIPPON」と呼ばれ、男子は去年行われたワールドカップで28年ぶりの4位に輝き、人気に拍車がかかっています。オリンピック出場にも期待ですね!

また、今回の日本代表メンバーには、枚方を拠点とする男子バレーボールチームのパナソニックパンサーズの選手も多数↓
・清水邦広選手
・山内晶大選手
・久原翼選手
・深津英臣選手
・大竹壱青選手
・福澤達哉選手(パリバレー)
と、パナソニックパンサーズから6名も選出されています。すごい数!

そんなパナソニックパンサーズは、2019-2020 V.LEAGUE DIVISION1 ファイナルステージ準優勝!

パナソニックパンサーズ公式サイト↓

惜しくも3連覇を逃しましたが、今後も天皇杯・皇后杯や2020アジアクラブ男子選手権大会などなど活躍に注目ですね!



※「みぃ」さん、「みぃこ」さん情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■
ライター:モモ@ひらつー モモ@ひらつー