5/14(土)15(日)は大商談会&毎月第3土日はマンションリフォーム完成見学会!夫婦2人のセカンドライフはこうなりました【ひらつー広告】

JR星田駅のスグ近くにあるマンションの、

全面リフォームが完了しました!

ホテルのような照明のリビングに、開放感のあるキッチン。
そして小上がりで落ち着いた雰囲気の和室。

株式会社さくらさんの手により、すごくオシャレでキレイにリフォームされたこちらのお部屋。

毎月第3土曜、日曜(今月は5/21(土)、5/22(日))に完成見学会が開催されます!

星田駅近マンション全面リフォーム完成見学会

日時:毎月第3土曜、日曜 10:00〜15:00
今月は5/21(土)、5/22(日)

※完全予約制。下記より予約をお願いします。

0120-390-155

気になる方はぜひぜひお申し込みくださいね!

さらに5/14(土)、5/15(日)には、

画像クリックで拡大

青山店3周年を記念して
リフォーム大商談会を開催します!

高級和牛肉フルーツ詰め合わせギフトなどが当たる抽選会もあるので、ぜひぜひ遊びに来てくださいねー♪


そして今回の記事でご紹介するのは、冒頭でご紹介したマンションリフォームの裏にあったとある夫婦のお家困った!のお話です…!

築35年の日本家屋を…

フルリノベーション!

お家のことで悩んだら…

お家困った!さくらに電話!!

あれっ?でもさくらさんって水道トラブルとかちょっとしたリフォームとかだけじゃないの??

いいえ、この看板のとおり、

お家のことならなんでも相談できるんです!!

交野市の妙見桜並木通りにある、

株式会社 さくら さんは、

新築、リフォーム、リノベーション、外壁、水道トラブルから、家電製品やちょっとしたお家の悩み事 まで、お家のことならなーんでもOKな頼もしい工務店さん。

0120-390-155

なんと創業47年なんだとか!

そして、2022年中には枚方市内に

リノベーション専門の新しいお店がオープン予定です!

お家のことならなんでも対応してもらえるさくらさんが手掛けるお家のリノベーション

一体どんなお家に仕上がるんでしょうか?

ということで今回は実際にさくらさんでリノベーションされたお家にお邪魔して色々とお話を伺ってきました!

◇ 最初は世間話だけ2時間 気軽に相談できる業者さん

やってきたのは、

枚方市内にあるコチラのNさま邸。

どんな風にリノベーションしたのか色々とお話を伺っていきたいと思います!

シュン@ひらつー(左)と株式会社さくらの坂東さん(右)
シュン

それではさっそくお話をお伺いしていきたいのですが、さくらさんで今回のリノベーションをお願いした経緯はどんなものだったのですか?

お話を伺ったNさまご夫妻
ご主人

もともとは星田にあるマンションに住んでたんですよ。19年ぐらいかな。

それでこの家はぼくの実家だったんですよ。

ずっと両親が住んでたんですけど、昨年父が亡くなり、母は施設にいるので、この家を空き家状態にしておくのは忍びないのでこっちに帰ってきたんです。

奥さま

でも私はマンションのままでいいかなと思ってたんです。

シュン

えっ、そうだったのですか?

家を建てた当時の図面。
奥さま

もう2人だけなので、こんな大きい家に住んでもな…と思ってて。

ご主人

住み慣れたマンションのほうがいいってのもありましたし、家内としてはご近所付き合いも変わるっていうのも大きかったみたいですね。

シュン

ではやっぱり引っ越そうと思われた決め手みたいなものはなんだったのですか?

もともと和室だった場所は広いLDKに。
奥さま

それは主人が、好きなようにキレイにリノベーションしていいよって言ってくれたので(笑)

キッチンは最新のモデル。通路もゆったり広々。
ご主人

建物自体も築35年経ってたので、玄関上がってすぐの床なんかはもうベコベコやったんです。もう落ちちゃうんじゃないかってほどで。

なのでそんな状態で無理にここで一緒に住むっていうのは言えなくて。

やっぱり住むとなるとそれなりにキレイな状態にしたいなと。

シュン

なるほど、それで今回リノベーションしようということになったんですね。

玄関は床板が新しく張り替えられ、もうベコベコすることはありません。
外観は日本家屋なのでお家の中へ入った時のギャップに驚きます。
ご主人

そうなんです。でもやはりぼく自身お家関係はド素人なので、リノベーションにいくらかかるのか、潰して新築ならいくらなのかとか全然わからなかったんです。

シュン

確かに素人だと全くわからないですね…

ご主人

知り合いに詳しい人がいたら、だいたい〇〇〇万円ぐらいちゃう?ってアドバイスも受けられたと思うんですけど、そんな人もいないし。

なので何からすればいいのか全くわからない状態でした。

ご主人

それで家どうしよ、家内もマンションがいいっていうし…別居か!?って(笑)

奥さま

現実的に家を2つ持ち続けるのは厳しかったですし…

どっちかが折れるしかなかったんです。

ご主人

それでどうしようか迷ってたときに、『お家困った』の看板ですよ!

町でよく見かけるさくらさんの『お家困った』の看板。
坂東さん

おっ、来ましたか!(笑)

ご主人

もうぼく、お家で困ってましたから。

それで考えてるウチに、家内の方からも『お家困った』に相談してみたら?って言ってきたんです。

シュン

あ、奥さまは奥さまでさくらさんに相談しようと思っておられたんですね。

看板のとおり、いろんなお家のトラブルに対応してもらえます。
奥さま

看板のインパクトが強くて。

HPを調べたら星田で近かったし、地元でずっとされてるなら信用できるかなって。

それで主人に一回行ってみたら?って言ったんです。

ご主人

だけど誰かの紹介でも無いし、いきなりヤル気満々で行くのもアレかなと思ったので、ちょっと通りがかりで来ましたってフリで行ったんです。

シュン

通りがかりのフリですか!(笑)

ご主人

青山店の前を2回通り過ぎました(笑)

「ちょっと通りがかったんやけど、家で困ったことがあって話聞いてもらえへんかなと思って」って行ったんです。

でも忙しかったら大丈夫なんでって言って帰ったんですね。

そしたらさっそくその日の内に坂東さんからお電話があったんです。

ご主人が2回通り過ぎた青山店。
ご主人

それで経緯をお話しして、家の改修にいくらぐらいかかるのか、できるのかできないのかもわからない、申し訳ないけど世間話的な感覚で色々聞かせてもらってもいいですか?ってお願いしたんです。

それで坂東さんスゴイと思ったのが、忙しいのにぼくのために2時間世間話に付き合ってくれたんです。

シュン

世間話だけで2時間ですか!?

ご主人

そうなんです(笑)

それで少しずつわかってきたので、家内とも相談して、一度別の業者さんにも相談してみたんです。

奥さま

そのことは坂東さんにもお伝えしました。

ご主人

それで別の業者さんに見積もりを作ってもらったんです。

だけどこういう風にしてほしいっていうこっちの要望をあまり聞いてもらえなかったんですよ。

見積もりを3つほど作ってもらったんですが、要望が全部は入っていなくて。

シュン

全部反映されてなかったんですね。

ご要望のひとつ、物干しスペース。
さくらさんの施工では、縁側に隣接するカタチでしっかり反映されています。
ご主人

それでも思ってたよりもかなり高かったんです。

これはちょっと…ウチとは合わないかなと。

2、3回会ってその営業の方ともお話させてもらったんですけど、今後もし家内が一人になったときに、気軽に家の修繕の話ができないかなって思ったんです。

シュン

あ、将来のことを考えた時に気軽には相談しづらそうだったんですね。

ご主人

そういう雰囲気じゃなかったですね。

でもウチが求めていたのは、これからずっと色んなことで相談できるような業者さんやったんです。

奥さま

坂東さんは「リフォームして終わりじゃなくて、そこからお付き合いが始まります」って仰ってくれてて。

まさにウチが望んでたような業者さんなんです。

◇ お家のことなら何でもOK!要望が全部叶ったお家

シュン

それでもう坂東さんのところにお願いしようと。

ご主人

そうですね。

一番最初に坂東さんと世間話してから3〜4ヶ月経ってたかな。

奥さま

でもその間に坂東さんから営業の電話は一切無かったです。

最初からぼくは電話しませんと言ってくれてたんです。

坂東さん

いえ、だいぶぼくが変わってまして…(汗)

世間話と聞いたんで、大きさも測らなければメモも取らないですねって言ってお話を聞いたんです。

シュン

ほんとに世間話やったんですね!(驚)

坂東さん

世間話でメモ取ってたらオカシイでしょ?(笑)

でもぼくはあの世間話があったからこそ、今があると思うんです。

リフォームでいうと、一軒一軒では中々できない、担当者によってもできるできないがあるので、だから相談会とかを開いてお話を聞くんです。

でもやっぱり複数人いる中だと本音って出ないんですよね。

ご主人

そうそう。

他の人待ってると思ったらゆっくりできひんし。

それでコチラから正式にお願いしたいですと電話したんです。

今度は世間話じゃなく来てくださいって言いました(笑)

お庭に面した縁側。こちらはほぼ手つかずで元のお家のまま。
坂東さん

一番最初から半年ぐらい経ってましたかね。

そこから初めてどういうお部屋にしましょうか?ってお話をしましたね。

奥さま

そこで初めてメモを取られました(笑)

坂東さん

お話を伺ってると、必ず直してあげたいなと思ったのが、床下の寒さですね。

それで現場調査で職人さんが床下に入るんですが、ぼくは自分で見ないと気が済まないんですよ。

シュン

えっ?坂東さんが床下に入られたんですか?

坂東さん

カッパ着てほふく前進で進みました。

でも湿気もなくすごく状態が良かったんです。

そうするとどこを直したら良いかが見えてくるんですね。

逆を言うと見なかったらある程度の概算の見積もりになっちゃうんですよ。

シュン

あ、正確な見積もりが出せないんですね。

坂東さん

天井裏も上がりましたよ。暑かったです(笑)

ご主人

坂東さんの乗ってる自動車スゴイですよ。

脚立からメジャーからネジからなんでも入ってますから。ドラえもんのポケットみたいな(笑)

なんでも出てくる坂東さんの車。
シュン

すごい…なんでも対応してもらえるんですね…!

ご主人

ぼく自身年齢も重ねて、けっこう用心深いほうなんです。

あんまりスグに信用しないというか。

でも坂東さんなら安心して任せられるわって感じたんですよ。

だからほんとに坂東さん、さくらさんにお願いしてよかったなと。

シュン

安心してお任せできるんですね。

ご主人

どんなことでも相談に乗ってもらえるんですよ。

ウチの庭に古い井戸があるんですけど、ずっと使ってないし、蓋もしてない状態やったんで枯れ葉とかも溜まって。

もう見て見ぬフリするような場所やったんです。

でもこのまま放っとくわけにもいかないので、それも坂東さんに相談したんですよ。

ご主人が若いころからある庭の井戸。
ご主人

まず蓋をきっちり拵えて、中もどうなってるか見ましょうって言って、キレイに掃除してくださったんですよ。

シュン

えぇー!井戸の掃除もしてくださったんですか!?

坂東さん

こういうのも業者さんにお願いしたらお金かかるじゃないですか?

でもただ中を見たいだけやしと思って。

ホームセンターでポンプ買ってきて水抜いて掃除しました。

踏んでも落ちないような丈夫な蓋を坂東さんが作ってくれました。
ご主人

ゴミとか側面の草とかも取ってくださって。

おかげさまで今日も水をくんで植木に水をやりましたよ。

シュン

すごい…そんなことまで。

逆にさくらさんの管轄外がどこなのか気になりますね(笑)

ご主人

もう『お家困った』の看板に偽り無しですね!

本当に感謝してます。

奥さま

このリフォームにしても、ウチがこういう風にして欲しいって言ったことを全部叶えてくださいました

シュン

具体的にはどうして欲しいっていう要望だったのですか?

ご主人

まずね、この天井の梁ですね。

昔は天井裏に隠れてて、2階の物置部分だけ梁が見えてたんですよ。

できるなら吹き抜けにして立派な梁を見せたいなと。

奥さま

亡くなった主人の父から、「これは吉野から取り寄せて〜」って自慢のようにずっと話を聞かされてました(笑)

坂東さん

現場調査で梁を見せてもらった時に「これは見せたいな」と。

で、床が取れるかを調べて。

2階の物置部分から見える梁。
シュン

この吹き抜けはすごく開放感がありますよね。

間取りも結構変わったのですか?

坂東さん

トイレとお風呂の位置を変えて、天井は吹き抜けでLDKにしてあります。

このあたりは設計の廣實(ひろざね)というものが頑張ってくれました。

ココはこうしたほうが!って言ってよくケンカもしましたね(汗)

ご主人

またね、そのやり取りも端から見てると面白いんですよ(笑)

坂東さん

それでいざ吹き抜けにしてみたらもう一本大きな梁が出てきたんですよ。

LDKから見上げると存在感のある梁がドンと渡っています。
シュン

あ、下の方の梁は存在すら知らなかったのですね。

ご主人

完全に隠れてたんで知らなかったですね。

シュン

それでこのLDKを広くしたいっていうのは奥さまのご要望だったのですか?

奥さま

それは2人一緒でしたね。

ご主人の希望で広く作られたバスルーム。
ご主人

キッチンも古かったので最新のものにしてもらいました。

あとお風呂も広くしてほしかったんです。

洗面スペースも広々。
天井には電動で降りてくる物干し竿も備えられています。
坂東さん

もとの場所から位置を変えて広くなりました。

やっぱりお風呂は男のロマンですよ。

ゆったりお風呂に浸かるっていうね。

ご主人

それとね、家内がこだわったのは、クローゼットです。

もともとは和室で、横の和室と合わせて広間になってたとこなんです。

奥さまの要望が反映されたクローゼット。
奥さま

もう和室2つもいらないなって。

それで季節ごとの衣替えも面倒なのでクローゼットにしてもらったんです。

坂東さん

クローゼットは玄関からも廊下からも縁側からも入れるようになってます。

クローゼットは玄関側からも、縁側からも入れるようになっていて動線もバッチリ。
シュン

これはめっちゃ便利ですね!

坂東さん

はじめ奥さまがまだ引っ越すか迷っておられた時にご主人から、「家内を口説いてくれ」というミッションを受けてたんです(笑)

キッチンカウンターとキッチンボードはラベンダー系統の色で統一されています。
トイレは爽やかなブルーで落ち着いた雰囲気。
壁紙をよ〜く見ると…ムーミンが隠れています!
ご主人

家内は家に弱いんですよ(笑)

なにか惹きつけられるものさえあればと思って。

1階奥にある寝室。元はここも和室だったそうです。
坂東さん

なのでクローゼットだったり、キッチン周りだったりは奥さま主体で色々お話しして進めさせてもらいました。

そして、1階が奥さまということは…2階は…??

シュン

あっ!2階は旦那さんの?

ご主人

そうです。

今まで持てなかった自分のプライベート空間を作ってもらうことができました。

なのでほぼほぼ家を全面的に触ってもらってます。

2階に完成したご主人のプレイベート空間。
壁には備え付けの棚が。
ちなみに飾ってある鉄砲は、おそらくお祖父さんが田んぼの鳥を追い払うために使っていたであろうものなのだとか。(ちゃんと許可申請済だそうです)
2階には和室も2部屋。こちらは畳と襖表を変えただけでほぼそのままなのだとか。
廊下側から見るとまるでどこかの旅館のような佇まいです。
奥さま

和室も畳を替えてもらって。

でもほかはそのままで。
1階の和室は間にあった欄間も残してもらってるんです。

1階にある和室。
コチラも畳を替えたぐらいなのだそう。
ご主人

前は隣も和室でしたけど、今はクローゼットになって間は壁になってるんです。

でもそこもちゃんと欄間が映えるように裏側に空間を作ってくれたんですよ。

隣のクローゼットとの間には緑色の壁。
まったく違和感がありません。
坂東さん

その収まりに関しても廣實とケンカしましたね(笑)

このほうがキレイやと思う!って(笑)

欄間はそのまま残し、すぐ後ろを壁にするのではなく、空間をつくり奥行きが出るように設計されています。

◇ お家の売却にローンのこともぜーんぶ任せてOK!

シュン

いろいろ紆余曲折があったんですね…!

あと気になっていたんですが、もともとはマンションに住んでおられて、そこを売ってご実家に戻ってこられたんですか?

ご主人

そうなんです。

それも売ろうと思ったら一般的には仲介業者さんにお願いすることが多いじゃないですか。

売られたマンションは全面リノベーション中。
2月に完成見学会が開かれます。
シュン

そうですね、不動産会社さんとかにお願いすることが多いですかね。

ご主人

でもそれも面倒なことが多いですし、希望額で売れるのであればできるだけ手間のかからない売り方をしたいなと思って。

それならもうさくらさんに不動産部門があるからお願いしようかなと

それで出してもらえた金額も納得のものでした。

坂東さん

仲介とかいろいろあると思うんですけど、やっぱりいつ売れるのかわからないんですよね。

ずっと売れなければ2軒分の費用がかかってきますし。

シュン

あ、そうですよね。

スグに売れる保証は無いですもんね。

坂東さん

やっぱり家を売ろうと思ったら、その家を見せないといけないじゃないですか。

でも早く売りたければ、住んでる状態でお客さんに見てもらわないといけないんです。

でも正直やっぱり住んでる状態やと売りにくいんです。

なぜなら細かいところを見れないんですよね。

シュン

あぁ、たしかに。

じっくり見れないですね。

工事中見学会のようす。床や天井が剥がされてしまっています。
坂東さん

それだとなかなか買い手がつきにくいんですよ。

解体前、解体途中のマンションのようす。
シュン

こちらのマンションはもうローンなどは残っていなかったんですか?

ご主人

いえ、まだ残ってましたよ。

そのあたりのやりとりも、不動産担当の津嶋さんに銀行まで一緒に行って頂いて

シュン

え!?銀行まで一緒に来てくれたんですか!?

ご主人

そこで手続きも全部手配してもらって。

素人にしたらそういう手続きって難しいじゃないですか。

もう本当さくらさん様様です。

シュン

それは嬉しいですね!

いやほんとに頼りになるというか…お家のことなら何でもさくらさんにお願いできるんですね…!

奥さま

家ってやっぱり作っていく中で、絶対100%満足にはならないなって。

「ココこうしたほうがよかったな」っていうのは出ると思ってたんです。

ところがほぼ無いんですよ。

ご主人

住んでもう3ヶ月経つんですけど、理想どおりの家になりました

奥さま

不満があったとしても小さなことというか、「ここにブラインド欲しいな」って言ったら坂東さんがスグに付けてくれました。

坂東さんが追加してくれたブラインドとドレッサーの照明。
シュン

へぇー、すごい!

ご主人

でもそこに至るまでには色々と無理も言いましたし、設計の廣實さんがすごく色々考えてくださってました。

奥さま

私もけっこうコダワリが強いんですけど、それを全部汲み取ってくれましたね。

できないことはこの理由でできないっていうのをしっかり説明してくれて、その上で私の望むことをちゃんと考えてくださいました。

ご主人

住んでみて思うのは、「あのマンションに19年いたん?もうここにずっと住んでるみたいやな」ってことです。

坂東さん

わぁー!そう言ってもらえたら嬉しいですね。

シュン

すごいですね!そうやって思えるのって本当に良いことですよね。

ご主人

ほんとに満足してます。

はじめ坂東さんにウチのやりたいことを伝えて、6つぐらい案を持ってきてくれたんです。

それで説明を聞いて、「ウチのしたいことってこのぐらいの金額でできるんや」って思ったんです。

ご主人

ある程度の予算はあったんですけど、そこに少し足すだけで十分思ってたようなものができるやんって。

そこではじめてウチのリフォーム計画は夢じゃないなって思ったんです。

シュン

そこで現実味を帯びたんですね。

奥さま

最初の業者さんと比べても納得の価格でしたし、理想どおりでしたね。

坂東さん

できるだけ思いをカタチにっていうのがぼくたちの仕事なんですね。

カタチにする方法はいくらでもあるんですけど、だからこそ最初の世間話とかでお話を伺っておかないと、本当に何がしたいのかわからないんですよ。

やっぱり生まれ育った生家だからこそ、ここで住まわれるのが一番良い方向なのかなと。

だから奥さまをどうやって口説こうかなと考えましたし(笑)

ご主人

今ほんとにここに住んで生活してるのが楽しいです。

家内もそう思ってくれてるなっていうのが、言葉でも言ってくれますし、見ててもわかりますね。

奥さま

毎日ほんとに楽しいです。


●最後に読者さんへ向けてメッセージ●

ご主人

やっぱりもうお家困ったらさくらに電話ですよ!

奥さま

もうほんとその通り。

ご主人

お家困ったらさくらに電話の文句に偽りは無し!

ぼくはそれを言いたいですね。

今後もいろいろ頼ったりすると思うんですけど、そういうことをお願いできるお店と知り合いになれたということが大きいことですね。

Nさまご夫妻、ご協力ありがとうございました!


いかがでしたか?

さくらさんにお願いすればお家に関することなら何でもOK!

本当に『お家困った さくらに電話』の看板のとおり、リノベから水道から床から壁から井戸まで!何でもお願いできますよ!

記事の中でも登場したマンションの完成見学会はこちら ↓

星田駅近マンション全面リフォーム完成見学会

日時:毎月第3土曜、日曜 10:00〜15:00
今月は5/21(土)、5/22(日)

※完全予約制。下記より予約をお願いします。

0120-390-155

さらに5/14(土)、5/15(日)には、

画像クリックで拡大

青山店3周年を記念して
リフォーム大商談会を開催します!

高級和牛肉フルーツ詰め合わせギフトなどが当たる抽選会もあるので、ぜひぜひ遊びに来てくださいねー♪

2022年には枚方市内にも新たにリノベーション専門のお店ができますし、お家のお困りごとが出てきたときにはぜひ、さくらさんに相談してみてくださいねー!

株式会社 さくら

0120-390-155

■所在地
本店:大阪府交野市星田2丁目25-1(→地図
青山店:大阪府交野市青山3-2-19(→地図
■営業時間
10:00〜17:00
■定休日
水曜日・第2火曜日・第4日曜日
■関連リンク
公式ホームページ

Sponsored by 株式会社さくら

※ひらつー広告のお問い合わせはコチラから

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について

投げ銭コーナー

 
 

いいお店、見つかるかも?