松下幸之助が茶に目覚めた場所で近畿車輌創業者・田中太介の邸宅、枚方「萬里荘」の写真がヤフオクに

枚方の古い邸宅の写真がYahoo!オークションに出品されています。20101207萬里荘1a
LO21★大阪★枚方 『萬里荘』 三枚組・袋付 – Yahoo!オークション

「萬里荘(ばんりそう)」という名の邸宅で、オークションの商品説明には名前以外の情報は一切載ってないです。

萬里荘なんて聞いたことないなーと思って検索してみても直接の情報はほぼ出てこなかったんですが、一つおもしろいもんが引っかかりました。

Googleブックスという書籍の中身を全文検索できるサービスで、ヒットしたのは「同行二人 松下幸之助と歩む旅 (著者:北康利)」という書籍の中の一文です。

↓の本の二人で喋ってる写真の下ぐらい。

たぶん携帯でこの記事を見てる人は↑のは見れないと思うので該当部分を抜粋します。

お茶との出会いは昭和十二年(一九三七年)ごろ、枚方にあった田中車輌社長の田中太介邸「萬里荘」においてであった。田中の紹介でいろんな茶人と交わるようになり、中でも裏千家十四代家元淡々斎(たんたんさい)とは深い友誼を結んだ。
Googleブックスでみる

「萬里荘」は田中太介という人の邸宅だったとありますね。
田中車輌というのは現在も東証1部に上場してる近畿車輛のことです。近畿車輛は近鉄グループの鉄道車両を作ってる会社で、京阪電車の車両を作ってたこともあります。(→近畿車輛 Wikipedia
その創業者が田中太介氏。関西経済界の重鎮で、大阪市中央区上町交差点にある「大村益次郎の碑」にも東条英機(首相)、松岡洋右(外相)、鳥井信治郎(サントリー社長)、大林義雄(大林組社長)らと名前を連ねています。(→画像
そんなすごい人の邸宅が枚方にあったんですね。
そしてそこでパナソニック創業者の松下幸之助が茶に目覚めたと。なんてこったい!

残念ながら「萬里荘」の場所までは僕にはわからなかったんですが、どのへんなんでしょうねー。今もあるんでしょうか。