かつて香里園にあった深谷池について枚方市民と寝屋川市民がよくモメていたのはなんで?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓

Q.かつて香里園にあった深谷池について枚方市民と寝屋川市民がよくモメていたのはなんででしょう?

a.管理と使用がそれぞれの市に分かれていたから
b.読み方が「ふかたに」「ふかや」で論争になってたから
c.池の水ぜんぶ抜いた時に金貨がいっぱい出てきて、それが市境にあったから
d.けんかをやめて〜ふた市をとめて〜わたしのために争わないで〜って池が歌ったから

ひらつー内正解率 50%

深谷池
(深谷池付近)

深谷池はノートルダムセンティア跡地ちかく、枚方市香里園町にあった池です。

市民同士がモメる……ということは何かあったのは間違いなさそうですね。
さて、答えはいったい…!?







正解は
a管理と使用がそれぞれの市に分かれていたからでした!

どういうことかと言いますと、枚方市史によると深谷池について寝屋川市が用水権をもち、枚方市が管理権を持っていたため、たびたび紛争が起こっていたそうです。

枚方市が水を絞ったり開放したりして、寝屋川市がその水を使ったりするってイメージでしょうか。

寝屋川市側の農民が流水を堰き止めたために枚方市側の民家が浸水して、紛争が激化したこともあったり。

そんな深谷池ですが、堰き止めなくてもよく氾濫が起こっていたそうで、1962年には中振・香里園付近で民家など500戸が浸水。

このあたりについては以前にも記事にしています↓

その後は「目で見る寝屋川市の100年」P97によると、1965年ごろに深谷池を埋め立てて住宅地を作ったものの、行き場を失った雨水が香里園駅西側の平地部にたまり浸水被害が多々発生。

対策として寝屋川市と枚方市は共同で排水管を敷設して、その後は浸水することもなくなったんだとか。

なお深谷の名前は、出口にて深谷ポンプ場として残っていたりします。


枚方つーしんではひらかたクイズのネタ投稿を募集しています!
記事に採用されるとなんとAmazonギフト券500円が必ずあたります!

◆関連記事