枚方の歴史文化遺産をあつめた「HIRATAKARA展」が開催されてる。~10/4まで。初公開の展示も

枚方の歴史文化遺産を集めた「HIRATAKARA展」が開催されています。

上記によると枚方市総合文化芸術センター1階 ひらしん美術ギャラリーにて歴史文化遺産を集めた「HIRATAKARA展」が開催されているようでした。

展示内容


1.埋蔵文化財「百済王氏の至宝」
枚方を代表する特別史跡百済寺跡の発掘調査の成果を展示し、古代枚方の姿に迫ります。
百済寺跡から出土した1200年以上前の飾り金具は、本展示会が初公開です。

2.民俗文化財「水辺のまち、水辺のくらし」
枚方には、昔の生活道具が多く残されており、それらにより昔の暮らしぶりや先人の知恵を知ることができます。
本展示会では、淀川沿いににぎわった宿場の様子や、そこから広がる農村部の暮らしに焦点を当て、旅に関わる民具や『河内名所図会』に描かれた漁労具を中心に展示します。
また、「京都名所之内 淀川(広重画)」の原画も初公開します。

3.「ひらかたPR大使 たけうち ちひろ 切り絵原画展」
枚方の文化財をモチーフにデザインした「HIRATAKARA」をはじめ、過去にたけうちさんが枚方をテーマに制作した切り絵の原画を展示します。

枚方市立総合文化芸術センター

展示以外でも文化財に関する映像文化財柄のエコバッグづくりもあるそうです。

文化財に関する映像には枚方市がふるさと創生事業の1億円でつくったアニメ「鋳物師はんべえ奮戦記」めっちゃブラタモリをオマージュしたブラタカシなどが流されるとのこと。

開催日は本日9月29日〜10月4日。 初公開のものもあるようですし、歴史に興味ある方はこの機会に是非〜。