枚方市が上海から貰ったマスクの一部は妊婦さんに配られるみたい。郵送で1人10枚

中国上海市長寧区から届いたマスクの一部は枚方市内在住の妊婦さんに配られるそうです。

先日に枚方市の友好都市である中国上海市長寧区からマスク5万枚が届いたと記事にしましたが、それらは2月に枚方市から上海市長寧区へマスク2万1千枚を寄贈したお返しでした。

その時の記事↓

今回その上海からのマスク5万枚は、枚方市内在住の妊婦さんに郵送で1人10枚ずつ配布されるそう。

配布対象となる妊婦さんは、出産予定が5月1日以降で、4月29日までに妊娠や転入の届け出がある枚方市在住の妊婦さん約1800人。

既に4月24日に1回目の配送がされており、今後は5月15日に2回目、6月5日に3回目の配送を予定しているそうです。
【追記:記事発表当初マスクすべてといった書き方をしていましたが、あくまで一部だそう。3回に分けて合計約1800人へ10枚ずつ配布、ということだそうです】

国から妊婦さんへ配布予定だった布マスクは現在配布を一時中断していて↓

そんな中届いたこの長寧区からの「恩返しマスク」。

これで不安を抱える妊婦さんの気持ちが少しでも軽減されるといいですね。