優れた新作落語の台本を決める「上方落語台本大賞」に枚方市民の作品が入選してる。6月5日に公演も

「上方落語台本大賞」に枚方市民の作品が入選しています。

「上方落語台本大賞」は優れた落語の新作台本を公募で選ぶもので、選考委員長は『新婚さんいらっしゃい!』でも有名な桂文枝さん。
自由作または課題作を応募することができ、今年の課題は「想い出」だったようです。

産経新聞の記事↓

上記記事に、枚方市の会社員、松本泰成さんの「ロボット引越しセンター」が佳作に選ばれたとの記載があります。

「上方落語台本大賞」に入選した作品は入選作発表落語会で聞くことができるそうなので、松本泰成さんの「ロボット引越しセンター」がどんな作品なのか今は分かりませんが、今後、落語のお話として何年も残るかもしれないと考えるとすごいですね!

入選作発表落語会は6月5日、天満天神繁昌亭(→公式サイト)で開催予定とのことです!


※「TH130」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■