今日12日よりひらパーで開催の「チームラボ★アイランド 踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地」見に行ってきた

今日3月12日よりひらかたパークにて開催される「チームラボ★アイランド 踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地」のメディア向け内覧会に招待されたので行ってきました!

チームラボ-160311342
今回見に行ってきたのは、筆者すどん@ひらつーと、以前の職場「日本科学未来館」で今回のイベントをいろいろ案内した経験があり、このイベントを熟知しているほんちゃん@ひらつー。そもそもチームラボとは?というわけで公式サイト↓
_-
チームラボ

サイトの説明文を引用すると「プログラマ・エンジニア、数学者、建築家、デザイナー、アニメーター、絵師など、様々なスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団」だそうです。
何だかすごそう。

チームラボ-16031102
そんなわけで入口部分。
ひらパーの入口を入って右側のイベントホールにて実施されています。

チームラボ-16031104
館内はフラッシュは禁止ですが、撮影やSNSに投稿は可能です。

イベントはおおまかにいうと「踊る!美術館」と「学ぶ!未来の遊園地」の2つに分かれていて、まずは「踊る!美術館」からスタート。

チームラボ-16031135
まず最初にあるのは「花と人、コントロールできないけれども、共に生きる」のコーナー。

すどん「これはどういうコーナーなんですか?」
ほんちゃん「人が立っているところは時間の進み方が早くなって、何もない所には花が咲くし、花が咲いているところはすぐ散ってしまうねん。」

チームラボ-16031111

チームラボ-16031117
咲いてきた!

ほんちゃん「花の向きとか、地面の凹凸とかそういった全てがコンピューターで計算されてるねん。人の動きで変わっていくから、一度として同じ絵にならないんですよー。」

チームラボ-16031132
と、白衣姿で他メディアの方にも説明し出すほんちゃん@ひらつー。
僕は正直いって専属ガイドがずっとそばにいてくれている感じで、すごいありがたかったです(笑)

チームラボ-16031137
続いてやってきたのは「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」という伊藤若冲(→Wikipedia)インスパイアの作品。

チームラボ-16031138
このGIF動画でわかるかは微妙ですが、横切って行くほんちゃんに合わせて画面上の水色の物体が動くのかわかるでしょうか。

全体的に3Dで作ったCGを、日本画風に2Dへ落とし込んでいるというのも、見る時のポイントなんだとか。

チームラボ-16031152
他メディアの方も画面の前で手を振って確かめていました。

チームラボ-16031156
続いては「花と屍 剥落 十二幅対」

すどん「なんか剥がれていっていますが、これはどういう見方をすれば?」
ほんちゃん「こういった日本画って、いわゆるバースみたいな手前が大きくて奥が小さいという概念じゃなくて、手前も奥も全て同じ大きさで描かれているんよ。
そういった日本画の手法を、昔の日本人はそういう風に見えていたと仮定して、あえてCGで作って、それを剥がしていくことによってその特異性を表現しているというか。」
すどん「へぇー!日本画ってそんなことになってるんですね!」
ほんちゃん「小さい大きいとかがないから、日本画ってどこで切り取ってみても絵になるってのも見方の1つ。あとこれら全部は作品というより実験ってチームラボの人たちは言ってたよ。」

チームラボ-16031158
ブルーグレーの部分が剥がれていって3Dにおける線が見えているところ。
最終的に全て剥がれていきます。

チームラボ-16031164
次はこの写真では少しわかりづらいですが、大画面のディスプレイが7つ並んでいるところ。
名前は「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点」。
こちらも、コンピューター上で作成した三次元空間を平面化しているそう。

チームラボ-16031167

ほんちゃん「ちなみに光の動きは板野サーカス(→Wikipedia)を意識してるらしい。」
すどん「おお!ロボット好きならピンとくる板野サーカス!」
ほんちゃん「ここのオススメは、中心あたりで座って見ることです!」

そしてここで「踊る!美術館」ゾーンが一旦終了。

チームラボ-16031188
ここからは「学ぶ!未来の遊園地」ゾーン。

ほんちゃん「ちなみに踊る!美術館ってのは、さっき花を咲かせるために動いたりとか、手を伸ばしたりとか色々したやろ?その動きが踊るってこと。
ここからの未来の遊園地は、共に創ると書いて『共創(きょうそう)』、というのを意識して見ていこう!」
すどん「勉強になります!」

チームラボ-16031189
共創について。

チームラボ-16031192
(目がチカチカしたのでモノクロにしました)

まず未来の遊園地で最初に体験したのは上記の「まだかみさまがいたるところにいたころのものがたり」。

チームラボ-160311113

壁に流れている象形文字に触れると、その現象が起こって、それが他と連鎖していくというすごいやつ。
例えば上記では火を触っていますが、木に燃えうつってます。
これらが連鎖して物語になっていくんだとか。

チームラボ-16031101
対応する文字の表。

広いスペースですので、違うグループのお子さんとかが触った文字によって自分が触って出てきた出来事が影響されたりするそうなので、「共創」という理念が伝わってきます。

チームラボ-160311117

続いて体験してきたのは「小人が住まうテーブル」。
テーブルの上にものをおくと、それにそった行動を小人達がとってくれます。

ほんちゃん「ちなみにこれはマイクロソフトのゲームでもお馴染みのキネクト(→Wikipedia)を使ってます!」
すどん「Xboxのためだけに使われてると思ってました!こういったことに応用もできるんですね!」

チームラボ-160311164
次に体験したのは「つくる!僕の天才ケンケンパ」のコーナー。

チームラボ-160311173
名前のとおり、ケンケンパをするためのマークを配置し…

チームラボ-160311178
実際にその通りのマークが体験コーナーに出るという仕組み!

ほんちゃん「未来館の時には、僕みたいに普通のケンケンパじゃなくって、丸だけとか緑色しか足をつけないとか、自由な発想で楽しんでいる子どももいましたよ。」
すどん「子供の発想力を伸ばしたりできそうですねー。」

チームラボ-160311215
次に体験したのは……

チームラボ-160311205
手書き風の乗り物が溢れる街「お絵かきタウン」。たまに恐竜が出てきて街を焼いたりしていました。

チームラボ-160311200
2つ前の写真の宇宙船はすどん@ひらつー作成のひらつー号。緑のナルトがチャームポイント。
なんでも、書いた絵から裏側や下側などをコンピューターが予測して3D化してくれるんだとか。

チームラボ-160311217
車もUFOも建物も、書いたものに触ると全部反応します。
ひらつー号は緑のナルトを吐き出す模様。

続いては「つながる!積み木列車」↓
チームラボ-16031101
積み木を置くと、同じ色の積み木と繋がるように道路ができたり線路ができたり川ができたりする場所です。
どうやら色で認識しているっぽい感じ。

チームラボ-160311261
次に来たのは「お絵かき水族館」。さきほどの「お絵かきタウン」の水中バージョン。
ちなみに僕らが訪れる少し前にロザンの2人が来ていたそうなので、おそらくロザン直筆の亀です。

チームラボ-160311263
ほんちゃんはすどんフグを、

チームラボ-160311264
すどんはぼしひこザメを落書き。

チームラボ-160311266
書いた絵をスタッフさんに渡してスキャンしてもらうと、モニターにすどんフグが!
ちなみに書いた絵は貰えます。

チームラボ-160311282
遂にぼしひこもロザンと共演!?……ロン。

そして未来の遊園地ゾーンで最後に伺った「光のボールでオーケストラ」がこちら↓
チームラボ-160311291
(目がチカチカ対策にゆっくりにしています)

このボール、触ると色が変わるという興味深い代物。

チームラボ-160311314
子供が楽しそうに爆走する絵が浮かびます。
床は転んでも痛くないように柔らかい素材になっていました。

そして未来の遊園地ゾーンを抜けると、「踊る!美術館」最後の1つ「クリスタルユニバース」が↓
チームラボ-160311324
LEDの付いた無数のヒモ(?)がぶら下がっている空間で、3Dを3Dで味わえるというか、なかなか説明の難しい空間です。

全天周↓

実験 – Spherical Image – RICOH THETA


ほんちゃんが持ってきた360°全てを写真に収めることのできるカメラで撮影した画像。

無数の点(LED)がぶら下がっているので、いわばディスプレイモニターに囲まれているような状態。
立体的に光が見えます。

このクリスタルユニバースは出口にあるQRコードからスマホを使って色々と操作できるそうなんですが、今回はリリース前のためか繋がらなかったので、できれば自分自身でどうできるのかお確かめいただければと思います!

ではでは、以上、「チームラボ★アイランド 踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地」の内覧会の様子でした!

そして最後に、元々解説をしていたほんちゃんよりまとめです↓

この展覧会は、デジタルを縁遠いものとしてではなく、体いっぱいに楽しむことができる場所です。
大人も子どもも遠くから見るだけでなく、ぜひ体中の感覚をフルに使って楽しんでくださいねー!

僕としては、子供もいいけど大人もめっちゃ楽しめると思うので、デートなどにも持って来いの素敵スポットだと思いました!

 イベント概要 

開催期間 3/12~6/6
開催時間 ひらかたパークに準ずる。閉園30分前に受付終了
料金 ひらパーの入場料込でおとな2200円 こども1600円(前売りは2000円・1400円)
公式サイト 

◆関連リンク
これまでのひらパー関連の記事


※「まめごろう」さん、「すたあ」さん、「よしよっしー」さん、「こそたろ」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■